バレンタインデーとは?チョコレートの意味と由来は?

バレンタインデー チョコレート 意味 由来

お正月が過ぎてひと段落する頃に

デパートやスーパー
コンビニなどでも

バレンタインのチョコレートが並びだします。

バレンタインデーにチョコレート。
何か意味があるのでしょうか?

疑問に思ったことはありませんか?

最近では「義理チョコ」の外にも
「友チョコ」「マイチョコ」
「ファミチョコ」「逆チョコ」…

いろんな名目で
チョコレートがプレゼントされたり
お互いの交換し合ったり。

そこで今日は

・バレンタインデーとは?
・バレンタインデーのチョコレートの由来は?
・バレンターンデーのチョコレートの意味は?

とバレンタインデーのチョコレートの
なぞに迫りたいと思います。

バレンタインデーのプレゼント
迷ったらこちらを参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
CHECK! >>>【楽天】バレンタインおすすめプレゼント

スポンサーリンク

バレンタインデーとは?

バレンタインデーってどんな日なんでしょうか?

2月14日は

正確には
「St.Valentine’s Day」

日本語で言えば
「聖バレンタインデー」
ということになります。

世界各地のキリスト教圏では
愛し合う男女が
愛を誓いあう日とされています。

なぜこの日が
愛し合う男女が
愛を誓いあう日になったのでしょう

ローマ帝国時代
兵士の士気が下がるのを理由に
兵士たちの婚姻が禁止された時

キリスト教の司祭
バレンタインは
兵士たちのために
内密に結婚式を行いつづけ

ローマ皇帝の命令に
従わなかったため
家庭と結婚の神である
ユーノーの祝日2月14日に
処刑されました。

この2月14日に
バレンタインを聖人としてまつり
恋人達の愛の誓い日となりました。

後に欧米などで
愛し合う男女がプレゼント
を交換し合う習慣ができました。

今ではカップルだけだなく
家族や友達お世話になった人
性別に関係なく
感謝の意味を込めて
カードや花束やお菓子などを
贈り合う習慣となっています。

バレンタインデーのチョコレートの由来は?

バレンタインデー チョコレート 意味 由来

愛し合うカップルが
プレゼントを交換し合う
バレンタインデーなのに

なぜ日本では
女性が男性にチョコレートを渡し
愛を告白する日になったのでしょうか?

1936年神戸の洋菓子店モゾロフが
「バレンタインデーには
愛しい人にチョコレートを贈りましょう」
という広告を出したのが
始まりと言われています。

1958年には
「メリーチョコレートカンパニー」が
新宿の伊勢丹の店舗で
「バレンタインセール」という
キャンペーンを行い
女性が男性にチョコレートを
贈る習慣をすすめ始めたんですね。

森永製菓やソニープラザも
チョコレート販売に力を入れ始め

当初はなかなか定着せず
1970年代頃から徐々に広まりだします。

もともとは夫婦で
チョコレートに
メッセージを添えて贈る日
だったバレンタインデーは

1970年代後半には
小学校高学年から高校生の間で
人気がでだし
バレンタインにチョコレートを渡し
気になる男の子に愛を伝える習慣
として定着し始めます。

女性から愛を告白するのは
はしたないことだという
風潮がまだ残る日本で
唯一女性から告白できる日
として公認されていきます。

1980年代に入るころには
「義理チョコ」
「ホワイトデー」
などが登場して
みんなが楽しめるイベント
として要素が強まりだします。

1980年代後半には
夫や父親、義父にプレゼントする
家庭の主婦などにも広がりを見せます。

今では賛否両論あるものの
みんなで楽しめるイベント
として定着しています。

意味合いも
女性が男性に愛を伝える日
だけではなく

家族や友達、お世話になった人に
感謝の気持ちを伝え合える日と
諸外国と同じような風潮になってきました。

スポンサーリンク

バレンターンデーのチョコレートの意味は?

女性がチョコで
愛を告白する習慣が

いつの間にか
家族や友達、お世話になった人に
感謝の気持ちや好意の気持ちを
伝える習慣になったバレンタインデー。

いろんな名目で
チョコが送り合われています。

どんなチョコレートがあるのでしょうか?

本命チョコ

バレンタインチョコの
もともとの意味は
この本命チョコのこと。

これから彼氏になってもらいたい
意中の男性に想いを伝えるため
のチョコレートを
本命チョコと言います。

すでに付き合っている彼氏や
結婚している女性はご主人に
渡すチョコレートも
本命チョコレートと言われます。

義理チョコ

日頃お世話になっている
上司や同僚、

仲のいい男の友人など

特別な愛情は感じてなくても
感謝の気持ちを込めて贈る
チョコレートを
義理チョコと言います。

最近はもらっても
お返しが大変だからとか

甘いものが好きではないのに…

などの理由で
義理チョコは敬遠されることも
あるようですが

まだまだ義理チョコでも
もらって嬉しいという男性は多いですね。

友チョコ

仲のいい女性の友達同士で
日頃のお付き合いに感謝して
交換し合うチョコレートを
友チョコと言います。

自分ではなかなか
買わないような
可愛いチョコレートなどを
贈り合うことが多いようです。

最近では
男性に贈るチョコレートよりも
「友チョコ」を贈る
女性が増えてきているそうです。

ファミチョコ

バレンタインデー チョコレート 意味 由来

普段なかなか
感謝の気持ちを
伝えれない家族に

バランタインデーに
チョコレートをプレゼントして
感謝の気持ちを伝えましょう
というチョコレートがファミチョコです。

お父さんに贈るチョコレート
などはファミチョコですね。

最近ではお母さんや
兄弟・姉妹にも
贈るようです。

お母さんが家族に贈るのも
ファミチョコです。

マイチョコ(自分チョコ・自己チョコ)

自分チョコ・自己チョコ
ともいわれるマイチョコ

バレンタインシーズンになると
チョコレート売り場には
めずらしいチョコや
ふだんおいていない高級チョコが並びます。

人にあげるためだけではなく
頑張ってる自分のご褒美に買う
ちょっとリッチなチョコなどを
マイチョコといます。

ふだんは買えないような
チョコレートも
バレンタインだと
ふんぱつできていまいますね。

逆チョコ

男性から女性に贈るチョコ
逆チョコと言います。

何とかバレンタインデーで
売り上げをあげたいお菓子メーカーの
努力で広められつつあります。

外国ではバレンタインデーに
男性が女性にプレゼントを
贈る行為は普通の行為です。

本来は二人の愛を確認し合う
バレンタインデーなので
男性から送っても
問題はないのですが…

強敵(とも)チョコ

男性が男友達に送り合ったりする
チョコレートを強敵(とも)チョコ
と言います。

もともとはスポーツのライバルや
勉強でライバル関係にある
男子がお互いを認め合う気持を
伝えるために始まったとされています。

男性が男性にチョコレートを
プレゼントすることは
珍しいことではなくなってきています。

バレンタインデー チョコレート 意味 由来

江崎グリコの調査によると
男性4人に1人はチョコを贈るそうです。

ちなみにバレンタインに
チョコを贈る男子を
「チョコ男」と呼びます。

「逆チョコ」「強敵(とも)チョコ」
が定着しつつあるようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バレンタインデーの意味

なぜに女性が男性に
チョコレートを贈るようになったのか?

いろんなチョコレートの呼び名の
意味も理解していただけましたか?

様々な業者の思惑や
マーケッティングによって
定着したイベント

バレンタインデー

最近はお互いに
チョコレートを贈り合う傾向にあります。

感謝ん気持など
ふだん言えない気持ちを
お互いに伝えあい

関係性を深めるイベントとして
盛り上がっていけたらいいですね。

あなたは誰にチョコレートあげますか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする