節分に恵方巻を食べる方角の意味は?誰が決めるの?今年の方角は?

節分 恵方巻 方角 意味 誰が決める 今年の方角

節分といえば豆まき!ですね。

でも最近ではその豆まきより普及している恵方巻

恵方を向いて
願い事を思いながら
無言で
一気に食べてしまうと

願いが叶うと言われる恵方巻。

ところで、この「恵方」って何なんでしょうね?
疑問に思ったことはありませんか?

そこで今日は

・節分の恵方巻を食べる方角恵方の意味は?
・節分の恵方巻を食べる方角は誰が決めるの?
・節分の恵方巻を食べる今年の方角は?

について書いてみたいと思ます。

スポンサーリンク

節分の恵方巻を食べる方角恵方の意味は?

節分の日に
恵方巻を食べるときに向くと
縁起がいいとされる「恵方」

実はその年に
歳徳神(としとくじん)いると
言われる方角です。

歳徳神は

年徳
年神様
正月様

などとも呼ばれ

その年の福徳(金運や幸せ)
担当する神様です。

この歳徳神は
毎年いる方向が変わり
その年にいる方角が
恵方と呼ばれています。

恵方巻を食べるときだけでなく

初詣に行く神社も
恵方にある神社にお詣り行ったり

初めてのことをするときは
その方角を用いてすると
縁起がいいと言われています。

節分の恵方巻を食べる方角は誰が決めるの?

それではこの恵方
誰が決めているのでしょうか?

歳徳神が勝手気ままに移り変わっている!
のではなく

基本的に決まっている4つの方角

甲(きのえ)の方向
:東北東よりやや東(75度)

庚(かのえ)の方向
:西南西よりやや西(255度)

丙(ひのえ)の方向
:南南東よりやや南(165度)

壬(みずのえ)の方向
:北北西よりやや北(345度)

この4つの方向
とその年の十干(じっかん)
組み合わせでその年の恵方が決まります。

十干とは
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
(こう おつ へい てい ぼ き こう しん じん き)

のことです。

中国から日本に伝えられ
暦の表示などに使われています。

あまりなじみがないので
ピンときませんが…

西暦の一桁では

甲(こう):4
乙(おつ):5
丙(へい):6
丁(てい):7
戊(ぼ) :8
己(き) :9
庚(こう):0
辛(しん):1
壬(じん):2
癸(き) :3

の数字を表します。

また方位に
「やや」がついているのは
中国の24方位を
西洋の16方位に
当てはめているため
若干のずれが生じているためです。

スポンサーリンク

節分の恵方巻を食べる今年の方角は?

「今年の恵方はどっちなの?」
って毎年悩みますよね。

コンビニなど
恵方巻が売っているところには
「今年の恵方はこっち!」
とすぐにわかるポップが
あったりするのでわかりますが…

実は簡単にわかるんです。

西暦の下一桁で
その年の恵方がわかるんです。

西暦の一桁が

甲「4」己「9」:甲(東北東よりやや東)
乙「5」庚「0」:庚(西南西よりやや西)
丙「6」辛「1」:丙(南南東よりやや南)
丁「7」壬「2」:壬(北北西よりやや北)
戊「8」癸「3」:丙(南南東よりやや南)

となっています。

例えば2018年なら
一桁の数字が「8」なので
丙の方角 つまり南南東よりやや南

2019年なら
一桁の数字が「9」なので
甲の方角 つまり東北東よりやや東

ということになります。

節分に恵方巻を食べる方角の意味は?誰が決めるの?今年の方角は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

恵方巻を食べるときに向く方角
恵方について理解していただけましたか?

歳徳神は

東北東よりやや東(75度)
西南西よりやや西(255度)
南南東よりやや南(165度)
北北西よりやや北(345度)

の方角を5年で周期で
移動して行くんですね。

今は恵方を簡単に
調べることができるアプリ
なども多くあるようです。

節分の日
恵方を向いて恵方巻にかぶりつき!

願いを思い浮かべながら
無言で口を離さないで
一本食べきっちゃいましょう。

あなたの願いが叶いますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする