RSウィルスは赤ちゃんだけでなく高齢者も危険!症状と予防法は?

RSウィルス 赤ちゃん 高齢者 症状 予防法

RSウィルスは
秋から冬にかけて流行る
喉や器官などの
呼吸器官に感染するウィルスです。

幼児に感染すると
重症化するので注意が必要だ!

というイメージがあると思いますが

実は高齢者にとっても
注意しなくてはいけないウィルスなんです。

毎年のように
老人介護施設などでの
集団感染が話題になるようにもなりました。

高齢者が感染した場合
重症化して入院や
最悪の場合には
死亡の原因になる事例もあります。

今日は

・RSウィルスは赤ちゃんだけでなく高齢者も危険!
・RSウィルス 高齢者の症状は?
・RSウィルス 高齢者の予防法は?

について書いてみたいと思います。

この記事が少しでも
あなたのお役にたてたら幸いです。

スポンサーリンク

RSウィルスは赤ちゃんだけでなく高齢者も危険!

RSウィルスは
2歳までに100%感染すると言われ

出産後間もない赤ちゃんや
小さく生まれた赤ちゃん
心臓や肺にに疾患がある赤ちゃん
免疫力が低下している赤ちゃんは
重症化のリスクがあることは
知っている人が多いともいます。

実は高齢者にとっても
とても重症化して
死に至ることもある
気を付けなければいけない
病気なんです。

RSウィルスは
抗体に完全な抵抗力がないため
生涯何度でも繰り返し感染します。

それでも大人になると
ほとんどは軽い鼻風邪程度の
軽い症状で治るようになります。

しかし体力も身体能力も弱る
高齢者になると
インフルエンザと同じくらいの
死に至る確率があるんです。

アメリカの疾病対策センター(CDC)
によると
RSウィルスが原因で
死んでしまう確率は
1歳未満の子供に比べ
65歳以上の高齢者は
5倍以上にもなるということです。

原因としては

・呼吸器などに病気がある
・喘息
・心臓に病気を持っている
・たばこの吸い過ぎでなどで肺気腫になっている
・免疫力が弱っている

など高齢者になれば
持病を持っていることが多くなる。

ほか一般的に高齢者は
肺や心臓・肝臓の機能が
低下している

などがあげられると思います。

RSウィルス 高齢者の症状は?

RSウィルス 赤ちゃん 高齢者 症状 予防法

高齢者がRSウィルスに感染した場合
潜伏期間は2~8日
おもに4-6日をへて

・発熱
・咳
・鼻水、鼻づまり
・痰(たん)がからむ
・ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸
・呼吸困難

などの症状が出ます。

RSウィルスに対しては
有効なワクチンや
特効薬はありません。

そのため治療法としては
症状を緩和する対処療法しかなく
安静にして治癒を待つことになります。

しかし高齢者が感染すると
肺炎になって重症化したり

もともと持っていた病気が
悪化したりします。

入院が長期化することで
身体機能が低下したなど
感染前の状態に戻りにくく
なってしまうこともあるんです。

気になる症状があるときは
すみやかにお医者さんに
診てもらい重症化させないように
することが大切になります。

スポンサーリンク

RSウィルス 高齢者の予防法は?

高麗者がRSウィルスに
感染すると重症化の
リスクが大きくなってしまうのは
理解していただけましたか?

ワクチンも特効薬もないので
感染しないように
予防することが大切になります。

RSウィルスが感染するのは

咳やくしゃみから感染する
飛沫感染

物を介して感染する
接触感染

の2通りで感染します。

・マスクを着用する
・石けんで頻繁に手を洗う
・加湿する
・換気をこまめにする

ことで飛沫感染を

・手すりやドアノブ、トイレ
などを消毒液で消毒する

ことで接触感染を予防しましょう。

RSウィルス 赤ちゃん 高齢者 症状 予防法

成人がRSウィルスに感染しても
発熱・鼻水・咳などの
風邪の症状で自然に治癒
する場合も多く

風邪かと思っても
RSウィルスを疑う必要があります。

感染から21日くらいは
菌を排出するため

気づかずに
RSウィルスの感染源になる
ことも多くあります。

介護などで高齢者に接する場合は
感染させないように
十分に注意することが必要です。

RSウィルスは赤ちゃんだけでなく高齢者も危険!症状と予防法は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

高齢者がRSウィルスに
感染するると重症化のリスクがあがります。

インフルエンザなどと
同じように注意が必要になります。

RSウィルスに感染しないように
しっかり予防する。

RSウィルスの症状に気づいたら
重症化しないように
早めに病院を受診する。

高齢者に接する時は
自分がRSウィルスの
感染源になっていないか
十分注意する。

などを徹底することで
高齢者のRSウィルスへの
感染を防げるように努めれればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする