初詣 おみくじの効力はいつまで?何回ひいてもいいの?結んで帰る?

初詣 おみくじ いつまで 何回 結ぶ

初詣といえば…

今年一年の運勢は?
とドキドキしながら

必ずというほど
「おみくじ」をひきますよね。

このおみくじの効力っていつまで?

大凶ひいちゃった!
もう一回ひいてもいいの?

ひいたおみくじって
神社の枝に結んで帰るのが当たり前?

などなど

けっこうわからないことが多いですよね。

そこで今日は

・初詣で引いたおみくじの効力はいつまで?
・初詣でひくおみくじは何回まで引いていいの?
・初詣で引いたおみくじは神社の小枝に結んだほうがいいの?

について書いていきたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

初詣で引いたおみくじの効力はいつまで?

新しい年の一年間
健康と幸せやいろんな決意
を神様に伝えるためにいく初詣。

一年の運勢を占う「おみくじ」
にはついつい力が入りますよね。

ひいたおみくじの効果があるの期間は

・願い事が叶うまで
・次のおみくじを引くまで
・おみくじをひいてから一年間

などと言われています。

願い事をしたら願いが叶うまで
特に願い事をしていない場合は一年間

と考えるのが一般的のようですね。

おみくじを引く場合

まずは神様に
感謝と決意を伝える参拝をします。

そのあとで雑念を捨て
決意の結果どうなっていたいか?
の願望と神様に聞きたいこと
をしっかり思いながら
おみくじを引きます。

そしておみくじに書かれた
神様からのメッセージに耳を傾けます。

初詣 おみくじ いつまで 何回 結ぶ

おみくじにも何種類かあるようですが

大吉・中吉・小吉・
吉・半吉・末吉・末小吉・
凶・小凶・半凶・末凶・大凶

などの種類があります。

単に
「吉」だから今年は運がいい
「凶」だから今年は運が悪い

なんていうことに
一喜一憂することなく

「吉」が出れば

これまで通り心して過ごせば
近いうちに願いが叶う

「凶」が出れば

心してなすべきことを
しっかりとこなしていけば
きっと願いが叶う

など

神様からの

これから何をどのように
過ごせばいいかの言葉が
伝えられています。

きちんと理解して
日々の生活に活かしていくことが
大切になります。

初詣でひくおみくじは何回まで引いていいの?

初詣 生理中 お詣りダメな理由 本当

初詣のおみくじ

張り切って引いたのに
結果は「大凶」!

「まじか?もう一回ひきなおそう!」

ってなっちゃいそうですよね。

おみくじは何回ひきなおしても
大丈夫なのでしょうか?

結果から言うと
何回ひいても大丈夫です。

というか

何回もひいてはダメですという
決まりはありません。

「おみくじ」は
決意の結果どうなりたいか?
の願い事に対する

神様からの言葉なので
何回もひいて
「大吉」が出たら満足とかいう
話じゃないんですよね。

「吉」が出たからよくて
「凶」が出たら悪い

わけじゃなくて

その決意のためには
これから何をどう過ごしたら
願いが叶うのか?

という生活の指針を
神様が教えてくれるもの。

そのメッセージを読み取って
日々の生活に活かすことが大切なんです。

つまり何度もひく必要がないんです。

ただ他の神社に祀られている
他の神様の意見を聞くのは
いいと思います。

他の神社で改めて
おみくじをひくのはアリですね。

また一年の初めに決意したことが
壁にぶち当たったり
決意自体が変わったりした時も

おみくじを引き直してもいいと思います。

その都度
神様は的確なメッセージを
与えてくれると思います。

一度ひいたおみくじを
そのメッセージに沿って
暮らしてみて

しばらくして読み返すと
新たな気づきが
生まれることもよくあることです。

ひいたおみくじは
時々読み返すことをお勧めします。

スポンサーリンク

初詣で引いたおみくじは神社の小枝に結んだほうがいいの?

ひいたおみくじを
神社の木の小枝や
所定の場所に結んで
帰る姿をよく見かけます。

ほんとうに
ひいたおみくじは
神社に結んで帰ったほうが
よいのでしょうか?

実はこれにも
特定の決まりが
あるわけではありません。

吉のおみくじは持ち帰り

凶のおみくじは

神社と縁を結ぶために
神社に結んで帰る

聞き手と逆の手で結ぶと
凶が転じて吉になるからと
神社に結んで帰る

という人も多いようです。

神社に結んで帰る場合

木の枝に結ぶと
木の発育に影響があると
専用の縄などを用意している
神社もあります。

その場合は
神社の指示に従ってくださいね。

初詣 おみくじ いつまで 何回 結ぶ

先に書いたように

おみくじは
神様からのメッセージなので

持ち帰って
毎日使う財布のなどに入れておいて

折読み返して
日々の生活の指針にする
ことをおすすめします。

願いが叶ったり
新たなおみくじを引いた時

古くなったおみくじは
神社の「納札所」に納めてください。

それができない場合は
塩で清めて袋に入れて
ゴミに捨てる方法もあります。

初詣 おみくじの効力はいつまで?何回ひいてもいいの?結んで帰る? まとめ

いかがでしたでしょうか?

おみくじといえば
どうしても吉凶が
気になりませんでしたか?

神様からの
メッセージカードだと思えば
内容をしっかり読んで

生活の指針とすることが
大切なんですね。

初詣でなくても
おみくじを引くときは

しっかり願い事を思いながら
ひいてみてください。

たとえ大凶だとしても
メッセージの中に
神様の温かい想いが感じられます。

そう考えると
おみくじを引くのが
楽しみになりませんか?

一年の始まりにひく「おみくじ」
ぜひ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする