花粉症の妊婦 赤ちゃんへの影響と何科を受診?くしゃみの対処法は?

花粉症 妊婦 あかちゃん 影響 何科 くしゃみ

妊娠中の花粉…

ホルモンバランスの変化
自律神経の乱れなどによって免疫力が下がり

花粉症になりやすくなっていたり
症状がひどくなったりする妊婦さんも。

そこで今日は

・花粉症の妊婦 赤ちゃんへの影響は?
・花粉症の妊婦 何科にかかればいいの?
・花粉症の妊婦 くしゃみへの対処方は?

について書いてみたいと思います。

花粉症に悩む妊婦さんに
この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

花粉症の妊婦 赤ちゃんへの影響は?

花粉症が赤ちゃんに
直接影響することはありませんが

花粉症によるくしゃみや
薬での影響は考えられます。

くしゃみについては
後の章で書いてみたいと思います。

薬の影響では

とくに妊娠4週目から15週は
赤ちゃんの脳や体が形成される
大切な時期です。

薬を服用することで
奇形などのリスクがないとは言えません。

また4週目以前では
受精卵が着床しなかったり
流産してしまったりの危険性が

15週目以降には
胎児の発育や機能に障害をもたらす
胎児毒性の問題があります。

目薬や点鼻薬などは
微量で局部的に使用されるので
比較的安全性は高いとされていますが

成分によっては妊婦にさんには
使用できない成分もあるので
十分に注意は必要です。

内服薬の場合には
妊婦さんでにも
安全性の高い薬はありまが

それでも赤ちゃんへの影響は
ないとは言い切れません。

できるだけ飲み薬の服用は
避けたい所ですね。

それでも症状がひどく
日常生活にさしさわりがでたり
ストレスになったりするような場合は

きちんとお医者さんに相談して
薬を処方してもらう必要があります。

目薬や点鼻薬も
病院で処方されたものを
使用するようにしましょう。

自己判断で市販薬などを
使用するのはお勧めできません。

花粉症 妊婦 あかちゃん 影響 何科 くしゃみ

また薬を服用する時は
お医者さんや薬剤師さんに
指導された容量・用法を
きちんと守りましょう。

花粉症のアレルギー体質は
赤ちゃんへの遺伝も
可能性としてはありますが

産まれてからの育つ環境や
食生活が大きく影響するので

必ずしも遺伝すること言えないので
神経質になる必要はありません。

花粉症の妊婦 何科にかかればいいの?

それでは
妊婦さんの花粉症は何科を
受診すればよいのでしょうか?

まずはかかり付けの
産婦人科の先生の相談することをお勧めします。

産婦人科で
花粉症の薬の処方を
してもらうこともできますが

信頼できる専門医を
紹介してもらうこともできます。

一つの症状がひどい場合

例えば

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなら耳鼻科

喉の痛み、違和感なら耳鼻咽喉科

目のかゆみ、違和感なら眼科

湿疹、皮膚のかゆみなら皮膚科

などやアレルギー科などの
専門の科に直接いくこともできます。

その場合は
妊婦が飲めない薬を
処方されると困るので

事前に妊婦であることを
しっかり伝える必要があります。

スポンサーリンク

花粉症の妊婦 くしゃみへの対処方は?

激しいくしゃみをすると
お腹に力が入ってしまいます。

流産や早産になるかも?

なんて心配になりますよね。

でもくしゃみや咳をしても
腹圧がかかるだけで
子宮が収縮しているわけではないので

直接流産や早産の原因に
なることはありません。

ただくしゃみをすると
お腹が張ったり痛みを感じたり

切迫流産や切迫早産で
安静中などの場合は
お医者さんに診てもらうと安心ですね。

また妊娠中は子宮が
膀胱を圧迫しているために

くしゃみをするときに
尿漏れを起こしやすくなっています。

こちらにも注意が必要です。

尿もれパットや
尿漏れ専用ナプキンなどを
使用すると安心ですね。

くしゃみをしそうになったら

・手近なものをつかむ
・前かがみになりお腹を抱える
・鼻をつまむ
・歯をかみしめる
・鼻の下を押さえる
・息を止める

とお腹への衝撃が緩和されます。

腹圧がかからないように
できるだけ控えめな
くしゃみをするようにしましょう。

花粉症 妊婦 あかちゃん 影響 何科 くしゃみ

マスクをするなど
できるだけ花粉に
接触しないように心がけ

鼻うがいなどをして

くしゃみが出ないように
予防することも大切です。

花粉症の妊婦 赤ちゃんへの影響と何科を受診?くしゃみの対処法は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

・花粉症の妊婦 赤ちゃんへの影響は?
・花粉症の妊婦 何科にかかればいいの?
・花粉症の妊婦 くしゃみへの対処方は?

について書いてきましたが
お役に立てたでしょうか?

お医者さんや薬に頼るのも
必要な事ですが

自分でも花粉症対策で
できることはあります。

例えば

外出時

・マスクやメガネを付ける
・ツルツルした素材の上着を着る
・マフラーや帽子を着用する

花粉を部屋に持ち込まない

・上着や帽子を外ではらって家に入る
・手や顔を洗う
・うがいをする
・シャワーを浴びる

室内環境

・窓を開けっぱなしにしない
・湿度を50%~60%に保つ
・しっかり床掃除をする

生活習慣

・睡眠を十分にとる
・体をしっかり休める
・バランスの取れた食事をする
・ストレスが溜まらないようにする

などの花粉症対策をすることも大切です。

できる限りのことをして
つらい花粉の時期をのりこえましょう。

スポンサーリンク