寒暖差アレルギーとは?花粉症や風邪との症状の違いと対策は?

寒暖差アレルギー 花粉症 風邪 症状 違い 対策

「寒暖差アレルギー」って
聞いたことありませんか?

春先や秋の終わり
朝晩と昼間の温度差があるとき

真夏や真冬のエアコンによる
室内と外気温の差があるときなど

くしゃみや
鼻水など

花粉症や風邪に似た症状が
出たことありませんか?

それはもしかしたら
「寒暖差アレルギー」かもしれません。

今日は

・寒暖差アレルギーとは?
・寒暖差アレルギーの症状と花粉症・風邪の違い
・寒暖差アレルギーの対策は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
「風邪?」
「花粉症になった?」
と悩むあなたにとって
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーとは?

「寒暖差アレルギー」を調べてみると

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
寒暖差アレルギー
かんだんさあれるぎー

温度差による刺激によって鼻の粘膜の血管が広がり、むくんで鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こすもの。血管運動性鼻炎vasomotor rhinitisともよばれる。寒いと体温を保持し、暑いと体温を発散させる自律神経が、摂氏7度を超えるような温度差に対応できなくなったものである。花粉症の時期でもないのに、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出て、不眠、いらいらする、疲れやすいといった症状のほか、じんま疹(しん)のような皮膚症状が加わることもある。風邪気味なのに熱はなく、目の炎症や充血もなく、無色透明の鼻水が出ることなどが特徴である。暑さ・寒さの温度差が大きい日々のなかで、考えられるアレルギーの原因物質(アレルゲン)を検査してもみつからない場合には、寒暖差アレルギーである可能性が高い。
男性よりは女性に多い。とくに運動不足の成人女性は筋肉量が少なく、冷え性・自律神経失調症になりやすく、服装などの問題もあり発症しやすい。近年の日本の秋、梅雨期、夏などの気象は変化が激しく、温度差が年々拡大しており、患者は増えている。治療法はアレルギー性鼻炎と同様、抗ヒスタミン剤とステロイド点鼻薬が中心であるが、冷え性・自律神経失調症対策として漢方薬や鍼灸(しんきゅう)も有効なことがある。[田辺 功]

出典 コトバンク

とあります。

秋口や梅雨の時期の
朝晩や日中の温度差が激しい時期や

夏や冬の外気と室内の
温度差があるときなど

自律神経のバランスが乱れ
くしゃみや鼻水などの
風邪や花粉症に似た症状
が出ることがあります。

この症状を
「寒暖差アレルギー」と言います。

アレルギーと名前が付いていますが

花粉症のようなアレルギー物質や
風邪のウィルスなどが原因ではなく

自律神経の乱れが原因で起こるものです。

寒暖差アレルギー症状 花粉症・風邪との違い

寒暖差アレルギー 花粉症 風邪 症状 違い 対策

「寒暖差アレルギー」の主な症状は

・くしゃみ
・鼻がムズムズする
・鼻水
・鼻づまり
・頭痛
・じんましんがでる
・食欲不振
・胃の調子が悪い
・睡眠障害
・イライラ
・疲れやすい

などがあげられます。

ふつう私たちの身体は

温かいところでは血管は拡張し
寒いところでは血管は収縮します。

しかし

温かいところから寒いところ
寒いところから温かいところ

など7℃いじょうの温度差が
あるところを急に移動すると

血管の拡張・収縮の反応が
ついていけず
誤作動を起こしてしまい
様々な症状となって現れます。

・温かい部屋から寒い外に急に移動した
・暑い外出先からエアコンの効いた部屋に入った
・カレーやラーメンなどの熱くて刺激のあるものを食べた

などの時に
くしゃみが出たり
水のような鼻水が出たり
しますよね。

それが「温度差アレルギー」の症状です。

花粉症などのアレルギー性鼻炎や
風邪と同じような

くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ますが

アレルギー検査でも
アレルギーの原因となる物質
「アレルゲン」は発見できません。

花粉症のような
目の炎症、充血、かゆみはなく

風邪のように発熱を伴うこともありません。

体がだるくイライラするのも
寒暖差アレルギーの特徴です。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーの対策は?

それでは
「寒暖差アレルギー」に対して
どんな対策があるのでしょうか?

・マスクをする

マスクをして
冷たい空気を一気に
吸わないようにしましょう。

これだけでも
「寒暖差アレルギー」による
鼻水やくしゃみをかなり抑えることができます。

鼻呼吸する意識することで
冷たい空気が体の中に
入らないようにすることも大切です。

・体感気温差を小さくする

衣服やマフラー、ショール
ひざ掛けなどを利用して
こまめな体温調整するようにして
体感気温差を小さくしましょう。

・筋力をつける

寒暖差アレルギーは
筋力が少ない高齢者や女性に
多いと言われています。

ウォーキングや水泳などの
適度な運動を心がけて
筋肉をつけ
基礎代謝をあげることにより
体内の熱を保ち
急な温度差に対応できるようにしましょう。

・バランスの良い食生活を心がける

エネルギー源になるタンパク質や
ビタミン・ミネラルをバランスよく
摂るようにしましょう。

ショウガやニンニクなど
体を温める食べ物

温かい食べ物を積極的に
食べるようにするといいですね。

冷たいのも物など
体を冷やすものを摂り過ぎて
体を冷やし過ぎないように
することも大切です。

・ストレスのない生活を心がける

自律神経の乱れにはストレスも
大きく関与しています。

規則正しい生活を心がけて
ストレスのない生活を送るようにしましょう。

シャワーだけですまさないで
お風呂にゆっくり入って
リラックスタイムを楽しむのもいいですね。

・漢方で体の冷えをとる

体を温め、血流をよくする漢方薬も
寒暖差アレルギー改善には効果的です。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)


・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

がおすすめです。

これらに

・五苓散(ごれいさん)
を併用するとより効果的になるということです。

寒暖差アレルギーとは?花粉症や風邪との症状の違いと対策は? まとめ

この記事を最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

・寒暖差アレルギーとは?
・寒暖差アレルギーの症状と花粉症・風邪の違い
・寒暖差アレルギーの対策は?

について書いてみました。

寒暖差アレルギーは
自律神経の乱れが原因で起こりますが

薬などで完治するものではありません。

体を冷やさないように
体を温めること心がける生活で
予防することができます。

無理のない
ストレスのない
規則ただしい生活を心がけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする