インフルエンザB型の症状と何回もかかるの?検査のタイミングは?

インフルエンザ B型 症状 何回 検査 タイミング

インフルエンザA型の猛威が
ひと段落したころに流行りだすのが

インフルエンザB型。

風邪の症状に似ているため
インフルエンザと気づかずに

重症化しやすかったり
なかなか治りにくかったりと
何かとやっかいなインフルエンザB型。

そこで今日は

・インフルエンザB型の症状
・インフルエンザは何回もかかる?
・インフルエンザB型の検査のタイミング

について書いてみたいと思います。

熱もそんなに出てないし
ふつうの風邪じゃないの?

インフルエンザB型なのかな?

と悩んでいるあなたの
お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

インフルエンザB型の症状

インフルエンザには
A型、B 型、C型の3種類あります。

インフルエンザA型は毎年
12月~3月にかけて流行し

インフルエンザB型は
インフルエンザA型のピークが過ぎた
2月~3月に2年に1度程度の割合で
流行していましたが

ここ最近は毎年流行し
流行時期も年々早くなる傾向にあります。

そしてもう一つ
インフルエンザC型。

インフルエンザC型って
あまり聞き慣れませんよね。

実はC型は一年中
感染しているんです。

6歳までにほとんどの人が感染し
体内に抗体ができています。

A型やB型のように変異して
新種の出現がほとんどないため
感染しても軽い症状ですんでしまい

風邪と勘違いされたまま
治ってしまうことがほとんどで

インフルエンザとして
話題になることはあまりありません。

だからインフルエンザとして
問題にされるのはA型とB型なんですね。

インフルエンザの症状として
知られているのは
インフルエンザA型の症状です。

・38℃以上の発熱
・頭痛
・めまい
・くしゃみ
・鼻水
・鼻づまり
・のどの痛み
・咳
・痰
・寒気
・全身のだるさ
・関節痛
・筋肉痛
・食欲不振

などが主な症状です。

インフルエンザB型は

インフルエンザA型の症状に加え

・下痢
・嘔吐
・腹痛
・胃炎

などの消化器系の症状が
でやすい傾向にあります。

また高熱にならなかったり

関節痛や筋肉痛などの症状が
ひどく出なかったりと

インフルエンザに感染している
と気づかない人も多くいるために

早期治療ができない
無理して体を動かし過ぎる

などでなかなか治りにくく
なってしまうことも多いようです。

場合によっては合併症など
重症化してしまうこともあります。

脱水症状などによる
命にかかわる症状も要注意です。

インフルエンザは何回もかかる?

症状はインフルエンザB型ぽいけど
先月一度インフルエンザかかったし

何度もインフルエンザってかかるものなの?

って思うことも…

インフルエンザには
何回もかかるのかについて
みていきたいと思います。

まずはインフルエンザの感染経路。

インフルエンザの感染経路は2つあります。

飛沫感染接触感染です。

飛沫感染は

感染患者の咳やくしゃみで
飛び散ったインフルエンザウィルスを
鼻や口から吸い込むことによる感染

接触感染は

インフルエンザウィルスが付着した
ドアノブなどに触れた手で
鼻や口に触ることによる感染

インフルエンザウィルスは
この二つの感染経路で感染します。

感染後 潜伏期間1日~3日後に発症します。

インフルエンザB型は
インフルエンザA型ほど
感染力はないと言われていますが

症状が風邪の症状に似ているため

感染後、発症後も

学校や会社など
普段通りの生活をしてしまい

どんどん感染させて
しまうことになります。

この前インフルエンザA型に
かかったばかりなのに
またインフルエンザ?

免疫ができてるから
もうかからないんじゃないの?

って思っちゃいますよね。

でもインフルエンザは
何度でもかかってしまうんです。

通常一度インフルエンザにかかると
体内に抗体ができるので

二度目に感染した時は
その抗体がインフルエンザの
ウィルスを撃退してくれるので
かからないのですが

インフルエンザには
A型とB型

A型やB型の中にも違う種類の型の
ウィルスがあったり

変異して全く別の性質をもった
ウィルスが生まれたりと

一度かかった
インフルエンザウィルスと
別のウィルスに感染した場合

一度目にできた抗体では対応できず
感染発症してしまうんです。

一度インフルエンザにかかったから
もう安心なんて言うことはないんですね。

インフルエンザかなと思ったら

自己判断せずに
病院できちんと検査してもらってくださいね。

スポンサーリンク

インフルエンザB型の検査はいつ受けたらいい?

気になったら
病院で検査してもらう
のはわかったけど

どのタイミングで
インフルエンザの検査をしてもらいに
行ったらいいのでしょうか?

インフルエンザに感染して
症状があらわれてすぐは

インフルエンザウィルスが
十分に繁殖していないので
検査をしても反応が出ないことがあります。

検査キットに反応する
インフルエンザウィルスの量
に繁殖するまでには

発熱などの症状が出てから
12時間かかると言われています。

インフルエンザの症状が出てから
12時間以上たってから
検査を受けるようにしましょう。

ただし症状が出て48時間以上
過ぎてしまうと
ウィルスの増殖量が激しくなり

抗インフルエンザ薬でも
増殖をおさえきれなくなり

薬の効果が得られなくなります。

そのために症状が出てから
48時間以内に検査を受ける
必要があります。

つまり症状が出てから
12時間~48時間の間

病院を受診するのが
ベストタイミングだと
いうことになります。

ただし12時間なっていなくても
重い症状が出ている場合は
速やかに病院で受診するように
してくださいね。

インフルエンザB型の症状と何回もかかるの?検査のタイミングは? まとめ

最後まで記事を読んでいただき
ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

・インフルエンザB型の症状
・インフルエンザは何回もかかる?
・インフルエンザB型の検査のタイミング

について書いてみましたが
お役に立つことはできましたか?

風邪の症状と見分けがつきにくい
インフルエンザB型。

インフルエンザは
1度かかったから2度目はかからない
という病気ではありません。

気になる症状がでたら

症状が出てから
12時間~48時間の間に
一度お医者さんに診てもらってくださいね。

あなたの健康をお祈りしています。

スポンサーリンク