インフルエンザB型の治療といつまで休む?対処の仕方はどうする?

インフルエンザB型 治療 いつまで休む 対処

風邪の症状だけど
この時期だともしかしたら

インフルエンザB型かも…

インフルエンザB型は
インフルエンザA型ほど
ひどい症状が出ないために

インフルエンザにかかっているという
自覚をしにくいために
初期治療が遅れて

重症化したり
なかなか治りにくかったり

となることも多いんです。

少しでも疑わしいなと思ったら
早めに病院で診てもらうようにしてくださいね。

そこで今日は

・インフルエンザB型の治療
・インフルエンザB型 いつまで休む?
・インフルエンザB型の対処の仕方

について書いたみたいと思います。

この記事が少しでも
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

インフルエンザB型の治療

インフルエンザB型は
インフルエンザA型のように

高熱が出ないこともあり

インフルエンザにかかったと
自覚症状しにくいことも多いようです。

発熱など風邪の症状のほか
倦怠感や関節痛・筋肉痛

下痢や嘔吐のなど消化器系の
症状が出るようでしたら
インフルエンザB型かもしれません。

症状が出てから12時間後以降

イングルエンザの検査をして
反応が出るくらいウィルスが増殖
したころに病院を受診するようにしましょう。

ただし症状が出て48時間以降では
ウィルスの増殖が激しくなるため

抗インフルエンザ薬でも
ウィルスの増加を抑えきれなくなり
効果が期待できなくなるので

症状が出てから12時間~48時間
間に病院を受診することが大切です。

病院の検査は
「迅速診断法」という方法で

鼻から検体をとって10分くらいで
インフルエンザA型かB型がわかります。

インフルエンザと診断されると
抗インフルエンザ薬での
治療をすることになります。

飲み薬:タミフル
吸入薬:リレンザイナビル

飲み薬や吸引薬がむつかしい
高齢者や喘息のある人などは
ラピアクタという点滴薬もあります。

どの薬を使用するかは
医師の判断になります。

その他にも
咳や鼻水、下痢、吐き気などにも
症状に合わせた薬が処方されます。

イナビルは一回の吸入で
効果が期待できますが

タミフルやリレンザはなどは
5日間飲み続ける必要があります。

症状が軽くなっても
インフルエンザウィルスが
全滅したわけではありません。

途中で薬を飲むことをやめると
治りきらずに長期化することも。

また周りに感染させる原因
にもなりかねないので

処方された抗インフルエンザ薬は
最後までしっかり飲むようにしましょう。

インフルエンザB型 いつまで休む?

インフルエンザB型は
1日~3日の潜伏期間後に発症します。

インフルエンザウィルスが増えるのは
発症後48時間~72時間
発症後3日ぐらいがピークになります。

48時間以内に抗インフルエンザ薬を
摂取できれば1週間ほどで完治します。

しかしインフルエンザB型は高熱に
ならないことも多く

風邪と思って治療が遅れたり

無理することも多く
長引くことも多いようです。

インフルエンザB型は
個人差はありますが

発症前日から発症後5日間
くらいまではウィルスを
排出すると言われています。

学校健康法でも

・発症した翌日から5日経っている
・解熱後2日経過している

と登校可能だということになったています。

周りにウィルスを
まき散らさないためにも

解熱後2日以上で
発症した日から5日以上は
会社など休んでゆっくり体を
休めるほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

インフルエンザB型の対処の仕方

それではインフルエンザB型に
感染したらどのように
過ごしたらいいのでしょうか?

ひとつひとつみていきましょう。

・安静に過ごす

とにかく安静にして休養を十分にとります。

特に睡眠をしっかりとるようにしましょう。

・水分をしっかり摂る

発熱による発汗作用や
嘔吐下痢などによって水分が失われ

脱水症状を起こしやすくなります。

脱水症状になると
発汗作用が働きにくくなり
熱が下がりにくくなってしまいます。

スポーツ飲料や経口補水液で
こまめに水分補給しましょう。

経口補水液は自分で簡単に作ることができます。

自宅で簡単にできる経口補水液

・水500cc
・塩1.5g
・砂糖20g

を混ぜるだけです。

レモン、オレンジ、グレープフルーツ果汁を
混ぜるとより効果的になります。

・栄養をしっかり摂る

食欲がない時は
無理に食事をする必要はありません。

消化するためにに
エネルギーを使うため
治癒が遅れることも。

治癒のための
エネルギーが必要になり
食欲が出てきてら
消化にいい食べ物

うどんや雑炊などから
食べるようにします。

タンパク質、ビタミンCを
意識してとるようにしましょう。

・マスクをする

家の中でもマスクをしましょう。

家族や周りの人に
感染することを防ぎ

鼻や喉の乾燥を防いで
粘膜機能を保護することができます。

・部屋を加湿する

インフルエンザウィルスは
乾燥した空気を好みます。

また空気の乾燥によって
喉や鼻の粘膜が乾燥し

のどの痛みや
鼻水鼻づまりに
つながりやすくなります。

加湿器で部屋の湿度を
50%~60%に保つようにしましょう。

・入浴は熱が下がってからにする

発熱している時は
体力を消耗しているので
入浴は控えましょう。

入浴すると
よけい体力を消耗し
インフルエンザの治りを
遅らせてしまう恐れがあります。

発熱が治まってから
入浴するようにしましょう。

インフルエンザB型の治療といつまで休む?対処の仕方はどうする? まとめ

この記事を最後まで
読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

・インフルエンザB型の治療
・インフルエンザB型 いつまで休む?
・インフルエンザB型の対処の仕方

について書いた見ましたが
お役に立てたでしょうか?

寒い季節の風邪の症状
インフルエンザB型の可能性が高いんです。

気になる症状が出たら早めに
(といっても症状が出てから12時間以降ですが)

お医者さんに診てもらってくださいね。

自分も早く治るし
周りの人にも迷惑かけないですみます。

くれぐれもお体お大事にしてくださいね。

スポンサーリンク