夜行バスの安全とメリット・デメリットは?つらいってほんと?

夜行バス 安全 メリット デメリット つらい
私はよく仕事で夜行バスを利用します。

長崎から大阪
福岡から大阪
福岡から東京

スケジュールが合えば積極的に利用しています。

友達からよく
「夜行バスって安全なの?」
「きつくないの?}
って聞かれますが
トラブルも疲れも経験したことはないんですよね。

私はいつも夜行バスで
快適な旅ができているんです。

そこで今日は

・夜行バスは安全なんですか?
・夜行バスのメリット、デメリットは?
・夜行バスはつらい?

について書いてみたいと思います。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

夜行バスは安全なんですか?

まずは夜行バスの安全性について
みていきたいと思います。

事故に対する安全性

過去には夜行バスの事故報道などもあり
夜行バスは危険なのかなぁ?

と心配する人も多いですね。

新幹線でも、飛行機でも
事故が起こるときは起きます。

夜行バスだからと
過剰に心配する必要はないんじゃないかと。

国土交通省や国の安全面の審査に
合格していないと運行できないので

しっかり安全対策は取られているんですね。

スリ・盗難など犯罪対する安全性

寝ている時にスリや盗難のなど
犯罪の被害にあったりしないの?

という心配も多いようです。

私の経験上ですが

この不安も日本ではまだまだ
過度に心配する必要はないと思っています。

しかい高速バス乗車に関する約款には

貴重品は自己管理すること
携行品の盗難、破損には責任を負わないこと

が明記されているとか思います。

スリや盗難の被害が
全くないとも言い切れません。

きちんと対策はする必要があります。

スリや盗難は

乗客が犯人の場合

サービスエリアで休憩中に乗客以外の人間が
バスに侵入し犯行を犯す場合が考えられます。

いずれにしても大切なものは
しっかりと自分で管理する必要があります。

・必要以上の現金や荷物を持ち込まない
・外から見えないところにしまう
・バックには鍵を掛ける
・貴重品は必ず肌身離さず持ち歩く
・貴重品を棚の上にはおかない

何かあっても自己責任なので
万全の対策を心がけてください。

といってもどれも常識の範囲だと思います。
むやみに不安がる必要はないと思います。

女性の安心性

女性の場合
知らない男性が隣に座ったら…
と不安があるかもしれませんが

それほど心配はしなくても大丈夫のようです。

ほとんどのバス会社で
女性の席の隣には女性が座るように
座席を考えてくれています。

それでも心配というようでしたら
女性専用女性優先のバスもありますので
そちらを選んだらいいかと思います。

女性専用では男性客は乗らないし
女性優先でも女性は女性だけで席を固めてくれます。

スポンサーリンク

夜行バスのメリット・デメリットは?

夜行バスのメリットとデメリット
をみていきたいと思います。

メリット

・交通費を安く抑えることができる

なんといっても一番のメリット
魅力は交通費を安く抑えることができること。

新幹線や飛行機の半額以下になることもあります。

・時間を有効活用できる

夜出発して車内泊
早朝目的地に着くので
その日まるまる一日活動することができます。

・宿泊費を節約できる

寝ている間に移動するので
ホテルなどに宿泊しなくて済みます。

デメリット

・移動時間がかかる

移動時間が結構かかります。
そのほとんどは寝ている時間ですが。

・道路状況次第で時間がずれることがある

天候や行楽シーズンや週末など
道路状況次第では到着が遅れたり
早く着きすぎてしまったりすることがあります。

・狭苦しさを感じる

通路や座席が狭いため
身動きを制限されるように感じることも

・慣れないと眠れない

リクライニングシートといっても
ベットの上で寝るようにはいかないので
慣れないと熟睡できなかったり

4列シートの場合
内側の席だと窓側の人が
トイレに立つたびに起こされてしまう

隣の人のいびきが気になって…

などゆっくり眠れない人もいるようです。

・早朝早くつきすぎると店などが開いてない

早朝早く目的地に着くことが多く
時間をつぶせる店がまだ開いていないことも。

夜行バスはつらい?

夜行バスは利用する前のイメージとして

・きつい
・つらい
・疲れる
・しんどい

などのイメージがあるようですね。

私は熟睡できるし気にならないのですが

足がむくんでしまった
腰が痛くなった
熟睡できなかった

とかなり疲れたという友達もいました。
けっこう神経質な友だちなのですが。

神経質な方は隣に知らない人が座る
4列シートを選んで気を使うようなら
3列シートを選択する。

・アイマスク
・耳栓
・マスク
・肩当て枕

などを持参して眠る環境を整える。

靴を脱いでスリッパに変えてリラックスする。
(私は靴下も脱いでしまいますが)

長時間座りっぱなしの姿勢を強いられる
夜行バスでは疲れにくくするには

サービスエリアやパーキングエリアで
バスが休憩する時は

トイレの必要がなくてもおりて

身体を伸ばしたり動かす
歩く
軽い体操をする

ことで体は疲れをためにくくする。

などなどちょっとした工夫で
かなりきつさや疲れを
軽減することができますし。

またバス自体も個室のシートができたりと
どんどん快適になっているのも事実です。

夜行バスは安全とメリット・デメリットは?つらいってほんと? まとめ

この記事を最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

・夜行バスは安全なんですか?
・夜行バスのメリット、デメリットは?
・夜行バスはつらい?

はお役に立てましたか?

安全性の疑問や
メリットデメリット
つらさやきつさや疲れ

デメリットと言えそうなことも
ちょっとした工夫や対策で
改善できることも多くあります。

全てが快適だとは言い切れませんが
それに勝る魅力が夜行バスにはあります。

その証拠に
夜行列車がなくなってしまったのに
夜行バスの需要はどんどん増えているようです。

迷っている方は是非一度
夜行バスを利用してみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする