初盆はいつすればいい?何をするをするの?スケジュールは?

初盆 いつする 何をするの スケジュール

四十九日を終えたらと思ったら
次は初盆…

親戚の初盆には何度か経験してるものの
いざ自分がするとなったら
何をどうしていいのか?

って悩んでしまいますよね。

そこで今日は

・初盆ていつすればいいの?
・初盆って何をするの?
・初盆のスケジュールはどうすればいい?

について書いてみたいと思います。

この情報があなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

初盆ていつすればいいの?

初盆は新盆と呼ばれる地域もあるようです。

大まかに分けると

西日本では「初盆」
東日本では「新盆」

と呼ばれているようです。

あくまでも大まかな分類なので
例外も多いと思いますが…

読み方も

初盆:はつぼん・ういぼん
新盆:にいぼん・あらぼん・しんぼん

地域によって読み方も違うようですね。

で、初盆はいつすればいいのかですが

四十九日(忌明け)以降に
初めて迎えるお盆のことを
初盆というので

四十九日以内にお盆がくれば
翌年が初盆ということになります。

またお盆の時期も地域差があり

新のお盆:7月13日~7月16日
旧のお盆:8月13日~8月16日

とあり東京や一部の地域では新のお盆
その他の地域では旧のお盆

でお盆を迎えます。

つまり自分の地域が
「新のお盆」でするのか
「旧のお盆」でするのか

そのお盆までに四十九日が過ぎてるのか
過ぎていないのかで初盆が決まるということになります。

初盆って何をするの?

お盆にはご先祖様の霊が
帰ってくると言われています。

そして故人の霊が初めて家に帰ってくる
のが初盆ということになります。

一般的には自宅で
お供えをして提灯を灯して
故人やご先祖様の霊をお迎えします。

初盆では初めて帰ってくる故人の霊を

親族や故人と仲がよかった人を招き
僧侶に法要をしてもらい
会食をして故人を偲びます。

あの世にまだ慣れない故人を
普段のお盆よりも
手厚くおもてなしするといった感じでしょうか。

スポンサーリンク

初盆のスケジュールはどうすればいい?

それでは具体的に
初盆の流れを見ていきたいと思います。

ここでは旧のお盆に
初盆をすることを前提に話を進めていきます。

1 初盆の法要をいつするか決める。

8月15日に法要をすることが
多いようですが

お寺の都合で8月14日やより早い時期
7日盆と言われるように8月7日に
初盆の法要を行うことも少なくないようです。

ただお盆の帰省時期に合わせると
8月15日、14日がベストと言えるかもしれませんね。

・お寺に初盆の趣旨を連絡し法要の予約をする
・僧侶が会食に参加できるか確認する
・初盆の案内状を出す。
(身内だけでする場合電話でも可)

初盆の2か月前の6月半ばからから
遅くても一か月前の7月半ばまでには
すませておくようにしましょう。

お盆時期は僧侶も多忙なので
早いに越したことはありません。

2 会食・引き出物などのの準備

自宅でする場合は
仕出しの予約や

料理屋などに場所を移して
会食する場合などには

事前に予約しておく必要があります。

またお供えや香典をいただいた方や
法要出席者にお渡しする
引き出物などの準備も必要です。

これも1ヶ月前から2週間前までには
やっておきたいですね。

3 盆提灯の準備

初盆には白提灯が必要になります。

提灯には家紋や「○○家」などと
入れてもらうことが多いようです。

これも1ヶ月前には注文して
作ってもらえるようにしましょう。

またお寺に「初盆」の連絡をするときに
使用後の白提灯の処分の仕方を
聞いておくといいですね。

4 8月12日~13日午前中

・盆棚(精霊棚)を飾り付けお供えものをする
・仏壇から位牌を出して盆棚の中央に飾る
・仏壇の扉は閉めておく

故人や祖先の霊の乗り物としての
精霊馬(足のついたナスやキュウリ)を
牛や馬に見立てて飾ったり
するところもあります。

5 盆の入り(8月13日)

「迎え火」を焚いて
故人の霊とご先祖の霊を自宅に迎えます。

13日中に家族でお墓を参り
綺麗に掃除をします。

お墓で線香に火をつけて精霊として
その火を提灯に移して持ち帰り

盆棚のロウソクに移すところが
多かったようですが

近年は火の始末などの心配や
自宅から墓までの距離が遠い
などの事情で略式化されたり

提灯の火も電球に変わられたりと
なっていることもあるようです。

夕方には故人や先祖の霊が
迷わずに家に帰ってこれるように

松の割り木やおがら(皮をむいた麻の茎)を
小さな素焼きの土鍋や皿のうえで
「迎え火」を焚き、白提灯に火を灯します。

6 8月14日・15日

・揃って墓参りをします。
・お供えやお水は毎日交換します。
・故人や先祖の霊が帰ってきてるので
 火を絶やさないようにします。
(防災のために電気式のロウソク
なども多く使われていますが)

僧侶にお願いし
親族や故人と親しかった知人などを招き
法要を行います。

法要後の会食が行われ
故人を偲ぶことも多いようです。

その際 僧侶へのお布施や
法要に参加された方への引き出物
の用意が必要になります。

また自宅で法要や会食が多いようですが

最近ではお寺で法要をすまし
料理屋で会食を提供することも
増えてきてるみたいですね。

7 盆明け(8月16日)

・16日の夕方送り火を焚き
 先祖や故人の霊を見送ります

・後片付けをする

初盆はいつすればいい?何をするをするの?スケジュールは? まとめ

いかがでしたでしょうか?

・初盆ていつすればいいの?
・初盆って何をするの?
・初盆のスケジュールはどうすればいい?

はあなたのお役に立てましたか?

ただこの記事は
あくまでも一般的な仏教の
初盆について書いた記事になります。

宗派やお寺によっては
そぐわないこともあるかと思ます。

詳しくはお寺やご親族に聞かれてください。

大切な方が他界されてからの
初めてのお盆。

大切に供養したあげたいですよね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする