エスカレーター 大阪はなぜ右側に立つのか?東京との違いとマナー?

エスカレーター 大阪 右側 東京 左側 違 マナー

大坂でエスカレ-ターに乗った時感じた違和感。

なんだろう?この違和感。

大坂の人は皆、エスカレーターの右側に立ってるんです。
左側を急いでる人が歩いていきます。

そうなんですよね。
しっかり左側ぽつんとに立っていたんです。
他の人達とは逆側に。

大坂の人達は右側一列に並んでエスカレーターに
乗っているんですよね。

今まで左側に立って乗るのが常識だと思っていたので、
正直驚きでしたね。

大坂の人達はなぜ、エスカレータ-の右側に乗って、
左側を歩くようになったのでしょうか?

ちょっと調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

エスカレーター 大阪人はなぜ右側に立つのか?

江戸川大学の斗鬼正一(とき まさかず)先生によると
もともと、エスカレーターの片側に乗り始めたのは、
第2次世界大戦さなかのイギリスの地下鉄からだそうです。

日本で片側に立つようになったのは、
1976年頃大坂の阪急電鉄梅田駅からだということです。

ということは日本で最初に片側に立つ習慣は、
大坂から始まったということになります。

動く歩道(ムービングウォーク)が発端だとのこと。

せっかちな大阪人が黙って立っていられずに歩きだし、
急がない人が自然に右側に立って通路を譲ったことが
始まりだとか。

「急ぐ人のために左側を空けてください」と
アナウンスがあったともいわれています。

他にも、大坂万博の会場で右側に立ち、
左側を歩行する外国人が多かったために、
右側に立って歩行する人に通路を譲る習慣に
なったとの話もありました。

斗鬼正一先生によると、

アメリカ、イギリス、フランス、中国、韓国は
大阪は右に立ち左側通行。

オーストラリア、シンガポールは左に立っての
右側通行だそうです。

面白いところでは、商人の町大阪は
集金袋を右手に持つために右側に乗って取られないようにし、
東京は武家の名残から、刀を収める左側に立つようになった
という説もありました。

エスカレーターの乗り方 大阪と東京の違いは?

エスカレーター 大阪 右側 東京 左側 違 マナー

スポンサーリンク

エスカレーターの乗り方の違いは、
大坂と東京の違いというよりも大坂(姫路あたりまで)だけが
右に立ち左側を空けてるということのようです。

日本では大阪で始まった片側に乗る習慣ですが、
全国に広まるときには右側に立つ習慣が
なぜ広がらなかったんでしょうね。

斗鬼正一先生によると、その国の交通ルールに准じたとのこと。

日本では左側走行車線で、右側追い越し車線になっています。
だから、左側に立って右側通行するようになったとのことです。

が、実際のところははっきりわかってはいないみたいですね。

エスカレーターのマナーは?

エスカレーター 大阪 右側 東京 左側 違 マナー

右にしろ、左にしろ、「急いでる人のために片側を空ける」
が暗黙のルールになっていますが、
今は「2列に並んで歩かない」が新たなルールとして
推進されているそうです。

イギリスで、片側を空けて立ってる人と歩く人を運ぶより
2列に立ってる人を運ぶほうが多くの人を運べるいう
シュミレーションが発表されたことによるようです。

もともと、

・急いで追い越す人が子供や老人、障碍者にぶつかって
転倒させる危険性
・片腕を汚してる人が、片方の側しか手すりに
つかまることができないリスク

などが、問題視されていたこともあり、
新たなルールが推進されているようです。

ただ、今までの習慣化してることが急に変えることが、
駅のホームの混乱や認識違いによるトラブルなど
新たな問題を生み可能性もありますよね。

まとめ

大坂で気づいた日常のちょっとした一コマ、
エスカレーターに乗り方の習慣の違いでしたが、
思いのほか多くの気づきがありました。

新しいルールが習慣になることが本当にいいことなのか、
習慣化するまでにどれくらいの時間がかかるのかは、
わかりません。

危なくないようにエスカレーターを利用できるよう、
一人一人がしっかり考えていければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする