日焼けケア ヒリヒリ赤みにおすすめはこれ!パックとお風呂で簡単!

日焼け ケア ヒリヒリ 赤み おすすめ パック お風呂

紫外線が強くなるこの季節

しっかり日焼け対策してるつもりでも

うっかり日焼けしてしまった顔に赤みが…
思っていたよ日焼けしてヒリヒリする

なんてことになったりしてませんか?

シミにならないかな?
って気になったりしますよね。

そんな時どんなスキンケアをしてますか?

今日はとっておきの日焼け後のケア方法を
ご紹介したいと思います。

・日焼けケア ヒリヒリ赤みにおすすめはこれ!
・日焼けケア ヒリヒリ赤みのパックの方法
・日焼けケア ヒリヒリ赤みのお風呂の入り方

について書いてみたいと思ます。

この記事がうっかり日焼けに悩む
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

日焼けケア ヒリヒリ赤みにおすすめはこれ!

日焼けケア ヒリヒリ赤みにおすすめ!

はズバリ!

「水素水」なんです。

今日は日焼けのケアに

水素水が
なぜ効果があるのか?
どう使うと効果的か?

を紹介していきたいと思ます。

日焼けすると
なぜ赤くなりヒリヒリ痛むのでしょうか?

紫外線にあたることで
皮膚はダメージを受け

軽いやけど状態
炎症を起こした状態になります。

つまり赤くヒリヒリしたという状態は
軽いやけどなんです。

そりゃヒリヒリ痛いはずですよね。

ということは
赤みやヒリヒリ痛みのケアは
やけどのケアをすることが大切だ!
ということになります。

やけどのケアの基本は3つあります。

順番にみていきたいと思います。

・しっかり冷やす

紫外線でダメージを受け
軽いやけど状態になっている皮膚は
炎症を起こし火照って熱を持っています。

炎症を抑えるためにも
火照りの熱を冷やす必要があります。

濡れタオルで冷やす
冷水シャワーで冷やす
保冷剤をタオルで巻いて冷やす

などで火照りと熱を
しっかり冷ましてください。

・タップリ保湿する

紫外線は水分を奪う働きもあるので
赤みを帯びたところは乾燥しています。

特にしっかり保湿してください。

お好みの化粧水や保湿クリームや
オイルで保湿してもいいのですが…

一番すすめするのが「水素水」なんです。

水素水には炎症を抑える働きがあり
火照りや熱を冷ます効果も期待できます。

赤みやヒリヒリの痛みを
早く抑えてくれるんですね。

そして肌の奥深くにまで浸透し
シミやシワ、肌の老化の原因になる
活性酸素も除去してくれるんです。

・十分な水分補給をする

紫外線には水分を奪う性質もあります。

肌の水分を奪われるだけでなく
軽い脱水症状になる恐れがあります。

十分な水分補給が必要になります。

ここでも水素水を十分に補給することで
活性水素が体の内側から
身体のすみずみまで浸透し
肌のダメージの原因になる
悪玉活性酸素を除去してくれるんです。

水素によって紫外線による
シミ、しわ、肌の老化などの
リスクを回避できるんです。

日焼けケア ヒリヒリ赤みのパックの方法

私はいつも水素水とミストスプレー
を持ち歩いています。

ちょっと肌が乾燥してかな?
紫外線に当たりすぎたかな?

という時はすぐに
水素水をミストスプレーに入れて
シュッシュします。

紫外線によりダメージを
事前に抑えることができます。

日焼けして
赤くなったりヒリヒリ痛くなったら

コットンに水素水をタップリ含ませて
赤くなったところに貼ってください。

赤くなった炎症も
ヒリヒリする痛みも
ひんやりと抑えてくれます。

紫外線で赤み帯びた顔には
フェイスマスクシートを
水素水に浸して顔に当てるといいですね。

スポンサーリンク

日焼けケア ヒリヒリ赤みのお風呂の入り方

肌が赤らんでヒリヒリ痛みがある時

こんな時はお風呂も
入りたくないですよね。

でも入らないと汗かいてるし…

「お風呂に入ってひどくならないかな?」
なんて心配になりませんか?

日焼けでヒリヒリ赤みがあるときの
お風呂の入り方の注意点を紹介しますね。

・お湯はぬるめで

お風呂やシャワーの温度は
ぬるめに設定します。

熱いお湯だと
炎症がひどくなったり
火照りが取れにくくなったり
してしまいます。

ぬるめのお湯
(ヒリヒリがひどくならない程度)
にお湯の温度を設定します。

火照りがまだ残っているようなら
水風呂や冷水のシャワーで
火照りが取れるまで冷やすのもいいですね。

ただし体が冷え切ってしまわないように
注意してくださいね。

ここでポイントです。

この時お風呂に
水素風呂用の入浴剤入れて

水素風呂に入浴することをおすすめします。

全身から水素を取り入れ
皮膚の炎症を抑えるて
ヒリヒリ痛みや赤みが早く引くだけでなく

紫外線によるお肌のダメージ
シミ、しわ、老化のリスクを
減らすことができます。

(※水素風呂の入浴剤は使用方法を
しっかり守ってお使いください。)

・皮膚を刺激しない

ナイロンタオルなどで
こすり過ぎないようにしましょう。

手でゆっくり垢を洗い流すくらいが
いいかと思います。

ボディーソープや石けん
シャンプーなども
刺激があるようならさけて下さね。

・お風呂上りはしっかり保湿する。

お気に入りの保湿クリームや化粧
でも構いませんが

ここでもおすすめは水素水がおすすめ

ミストスプレーに入れ
赤みやヒリヒリいたいところに
スプレーしたり

コットンにたっぷり含ませて
貼り付けておくのもいいですね。

日焼けケア ヒリヒリ赤みにおすすめ!パックとお風呂で簡単! まとめ

いかがでいたでしょうか?

・日焼けケア ヒリヒリ赤みにおすすめはこれ!
・日焼けケア ヒリヒリ赤みのパックの方法
・日焼けケア ヒリヒリ赤みのお風呂の入り方

はお役に立てましたか?

今日は水素水、水素風呂による
日焼けケアを紹介させていただきました。

ぜひ一度お試ししてみてください。

今までとは違って
赤みやヒリヒリ痛みが引く早さに
びっくりしますよ。

その前にしっかり紫外線対策して
日焼けしないのが一番いいんですけどね。

うっかり油断の日焼け
くれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする