初盆の準備はいつから始める?準備するものと提灯誰が買うかを紹介

初盆 準備 いつから 準備するもの 提灯 誰が買う

故人が他界し四十九日を過ぎて
初めて迎えるお盆が

初盆(新盆)と呼ばれます。

初盆には普段お盆に用意するもの
以外にも準備や用意するものがあります。

でも初めて仕切る初盆では
何を用意してどう準備すればいいのか…

わからないことが多いですよね。

そこで今日は

・初盆の準備はいつから始めればいい?
・初盆に準備するものは?
・初盆に準備する提灯は誰が買うの?

について書いてみたいと思います。

もちろん地域性や宗教、宗派により
違いがあると思いますので
一つの参考としてお読みくださいね。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

初盆の準備はいつから始めればいい?

お盆期間は

地域によって違いますが

7月13日~7月16日 あるいは
8月13日~8月16日

になっています。

初盆は四十九日の法要がすんで
初めてのお盆のことを言いますが

故人の精霊が他界して
初めて帰宅する期間になるんですね。

初盆のお飾りなどの準備は

お盆月の12日
お盆の前日からでも間に合います。

ただお初盆の法要の準備となると
お盆の2ヶ月~1ヶ月前から
準備が必要になります。

大まかにスケジュールを言うと

お盆月2ヶ月~1ヶ月前

・初盆の法要をいつするか決める
・お寺に初盆の供養をお願いする
・初盆の案内状を出す

お盆月1ヶ月前まで

・会食の予約をする
・引き出物を注文
・盆提灯の準備

お盆月12日~13日午前中

・盆棚(精霊棚)の準備

お盆月13日日中

・家族で墓参り、墓掃除

お盆月13日夕方

・「迎え火」を焚き、白提灯に火を灯す。

お盆月14日~15日

・墓参り
・初盆の法要

お盆月16日夕方

・「送り火」を焚き先祖や故人の精霊を送る
・後片付け

となっています。

地域性や宗教・宗派によって変わります。

大まかな参考程度にして
いただければと思います。

詳しくは
初盆はいつすればいい?何をするをするの?スケジュールは?
を参考にしていただければと思います。

初盆の法要の準備
お盆月2ヶ月~1ヶ月前から

初盆のお飾りの準備
お盆月12日から

ということになります。

初盆 準備するものは?

初めての初盆
何を準備していいか戸惑ってしまいますよね。

地域性や宗教、宗派によって
違いがあると思ます。

あくまでも目安ということで
書いてみたいと思います。

・盆棚・精霊棚(しょうりょうだな)

初盆の際に使用する一種の祭壇です。

葬儀の時に使ってた紙の祭壇を
保存していればそれでも大丈夫です。

ふつう「まこも」のむしろをしいて

葉のついた笹竹や縄、ほおずきで
結界をはって使用します。

ここに位牌や香炉、輪(りん)、供花
お供え物を置きます。

3段の盆棚などでは
白布か金襴の生地を祭壇に
かけて使うことも多いようです。

花立、線香立て、火立
など用の小さなテーブル

教本などを置くための経机なども
あるといいかと思います。

線香立て、火立て、仏飯器、湯呑など
今仏壇で使用しているものでも
大丈夫ですが

初盆ように仏搬器、湯呑は購入するのも
いいかと思います。


・精霊馬(しょうりょううま)
 精霊牛(しょうりょううし)

ナスやキュウリに
割りばしなどで足を付けて作った
牛や馬に乗って故人の精霊が
あの世とこの世を行き来すると言われてます。

ご先祖様の精霊が
馬に乗って急いで来られて
牛に乗ってゆっくり帰られる
という願いが込められているんですね。

・盆提灯(ぼんぢょうちん)

ご先祖様が迷わず自宅に
帰れるように目印になります。

お盆には絵柄や家紋が入った提灯を
盆棚の手前に一対飾ります。

初盆には無地の白提灯
部屋の窓際、玄関先、仏壇の前
などに飾ります。

白提灯は一回しか使いませんので
使用後の処分の仕方は
事前に僧侶に確認しておきましょう。

通常はお寺で供養するか
送り火で燃やすことが多いようです。

・仏具
 (今仏壇で使用しているものでも大丈夫)
・お供え物
・供花
・新しいロウソク
・線香
・松の割り木(迎え火・送り火用)
・僧侶用の夏座布団

なども必要になります。

スポンサーリンク

・初盆に準備する提灯は誰が買うの?

初盆に準備する提灯。

自分で購入するの?
身内や親戚が贈ってくれるの?

本当のところはどうなんでしょうか?

特に決まりがあるわけではないようです。

提灯には

初盆にしか使わない白提灯と

毎年お盆に使う
絵柄や家紋が入った提灯の

2種類がありますが

白提灯は初盆を迎える家で購入し

絵柄や家紋が入った提灯は
身内や親戚から
贈られることが多かったようです。

最近では
住宅事情などの理由で
提灯を多く飾ることも少なくなり

提灯を多く贈られても
持て余してしまうことから

身内や親戚は
「御提灯代」として現金を送り

そのお金で
盆提灯は初盆をする家が
必要な盆提灯をすべて購入することが
一般的になってきたようです。

地域性もあるので
ご両親や親戚の年長者さんに
相談されるのが一番いいかと思います。

初盆の準備はいつから始める?準備するものと提灯誰が買うかを紹介 まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・初盆の準備はいつから始めればいい?
・初盆に準備するものは?
・初盆に準備する提灯は誰が買うの?

はお役に立てましたか?

故人の精霊が
お盆に初めて自宅に帰宅する初盆

ご家族と一緒に楽しく
過ごしていただけるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする