初盆の盆棚(精霊棚)の飾り方とお供えは何?いつまで飾るの?

初盆 盆棚 精霊棚 飾り方 お供え 何 いつまで

初盆飾り

初盆にかぎった話ではありませんが

お盆には盆棚という祭壇を作り
位牌を安置しお供え物を飾って
ご先祖様の精霊を迎えます。

盆棚は精霊棚(しょうりょうだな)
とも呼ばれます。

この盆棚(精霊棚)
宗派によって飾り方が違ったりしますが

初めて自分で初盆の準備をしようと思うと
盆棚(精霊棚)ってどうすればいいの?
って悩んでしまいますよね。

そこで今日は基本的な

・初盆の盆棚(精霊棚)の飾り方は?
・初盆のお供は何をすればいいの?
・初盆の盆棚(精霊棚)はいつまで飾るの?

について書いてみたいと思います。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

初盆の盆棚(精霊棚)の飾り方は?

盆棚(精霊棚)は
お盆にご先祖様の精霊を
お迎えするための一種祭壇です。

もちろん初盆の際にも
準備する必要があります。

初めてお盆に帰宅する故人の精霊や
ご先祖様の精霊への
「おもてなし」
という意味が込められています。

葬儀の時に葬儀社が用意してくれた
紙の祭壇があれば
それを使っても大丈夫です。

ない場合は用意する必要がありますが

マンションなどで
飾るスペースが小さな場合は

仏壇に飾りつけしたり
仏壇にひきだしテーブルがあれば
それを利用することもできます。

また小さなテーブルなどで
代用することもあります。

ふつうは
「真菰(まこも)」のむしろをしいて
その上に位牌やお供え物を置きます。

「真菰(まこも)」は

お釈迦様が
邪気を払うという真菰で
編んだむしろの上に
病人を寝かせて治療したことに
由来すると言われています。

盆棚の四隅には
葉のついた笹竹をに立てて縄を張り
結界を張ります。

結界を張った縄には
提灯に見立ててほおずきなどを飾ります。

盆棚の一番奥の中央には
仏壇から出した
ご先祖様の位牌を安置します。

手前には香炉、輪(りん)、供花
お供え物を置きます。

・3段の盆棚などに飾る場合

白布か金襴の生地を祭壇に
かけて使うことも多いようです。

上段から順に

・位牌
・御膳や果物

下段に

・ローソク立(右側ないし両側)
・香炉(中央)
・花立(左側ないし両側)
・リン

を飾っていきます。

・小さなテーブルを使う場合

奥から順に

・位牌
・御膳
・お供え物

一番手前に

・ローソク立(右側ないし両側)
・香炉(中央)
・花立(左側ないし両側)
・リン

を飾ります。

盆棚の両サイドには
盆提灯や灯篭を飾ります。

初盆のお供は何をすればいいの?

盆棚(精霊棚)にお供えするものを
順にみていきたいと思います。

・素麺

故人や先祖の精霊が
手土産をくくったり
背負ったりするときに使う
紐(ひも)として飾ります。

他にも牛や馬の手綱に見立てて飾る
ともいわれています。

・昆布

「喜び」につながるからと言われています。

・ほおずき

故人や先祖の精霊は
提灯の灯りを頼りに帰ってきます。

ほおずきを提灯に見立てて飾ります。

・生花

菊やゆりなどの季節の生花を
飾ることが多いようです。

バラなどのトゲのある花や
朝顔のようにつるのある花は避けます。

・精霊馬・精霊牛(きゅうりの馬・なすの牛)

茄子やキュウリに
おがら(皮を剥いだ麻の茎)や割りばしで
4本足を付けて馬や牛に見立てます。

故人や先祖のお精霊が
あの世とこの世を行き来する時に
乗り物として使います。

馬に乗って早く帰ってきて
牛に乗ってゆっくりお帰りください。

との願いも込めれれています。

きゅうりの馬・なすの牛を飾る向きは

迎える13日は内側
送り16日(15日)は外側

に向けて飾ります。

・水の子

ナスやキュウリをさいの目に切って
洗った米を混ぜて器に盛り
清水を満たしたものです。

故人や先祖の精霊の
飢えや喉の渇きを満たします。

お盆の期間中は
毎日新しいものを作ってお供えします。

・みそはぎの花

盆花、精霊花といわれます。

綺麗な水を器に入れ
みそぎのお花を5、6本束ねて置き
みそぎの花の束に含ませて綺麗な水を
水の子に注ぎます。

あの世から帰ってくるときに
付いてきた悪霊を
払うという意味もあるそうです。

・夏の野菜・果物

百味五果とも言われますが
故人の好きだったものをお供えします。

・だんご

盆団子、迎え団子、送り団子と呼ばれ
故人や先祖の精霊の食べ物になります。

おはぎやみたらし団子などを
飾ることが多いようです。

最終日には
あの世にお土産として持って帰る
何もつけないお団子を
土産団子としてお供えする地域もあります。

・御霊供膳(おりょうぐぜん)

一汁三蔡の献立を基本として

ご飯、汁物、お漬物
プラス 酢の物 煮しめなど2品
くらいのことが多いです。

スポンサーリンク

初盆の盆棚(精霊棚)はいつまで飾るの?

お盆の飾りは盆月の
13日~16日の間飾ります。
(送り火が15日の場合は15日まで)

初盆の飾りは少し早め
盆月初旬から飾るご家庭も多いようです。

盆月は8月のところが多いようですが
東京など7月であるところもありますので
ご注意くださいね。

「送り火」が盆月16日にあるところは
16日の夜から17日以降に片付けます。

果物などは痛むまえに下げて
お下がりとして皆で頂きます。

キュウリの馬やナスの牛
笹竹やほおずきなどは
送り火とで白提灯などと一緒に
お焚き上げすると
その煙に乗って故人やご先祖様の精霊が
帰っていくと言われています。

川に流したりする地域もあるようです。

今の住宅事情では
お焚き上げしたり川に流したりするのは
難しくなっていますね。

お寺に持っていき供養してもらったり
塩をまいて白い紙に巻いて
処分することも多いようです。

初盆の盆棚(精霊棚)の飾り方とお供えは何?いつまで飾るの? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・初盆の盆棚(精霊棚)の飾り方は?
・初盆のお供は何をすればいいの?
・初盆の盆棚(精霊棚)はいつまで飾るの?

はお役に立つことができましたか?

お盆飾りやお供え物には
ひとつひとつ意味があります。

その意味をしっかり理解して

故人やご先祖様の精霊が
年に一度家に帰ってくるお盆に

おもてなしの真心を持って
お迎えしてあげれるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする