長崎から福岡までバス 九州号で行ってみた!値段と時間は?

九州号

長崎から福岡に移動する公共機関での方法は主に

・JRの特急かもめ
・九州急行バスの九州号

になります。

今回は博多駅前のバスターミナルから九州号を利用して、
福岡は博多に行ってみました。

料金、時間も特急かもめと比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

長崎から福岡までバス 九州号で行ってみた!

朝5:45分、長崎駅前バスターミナルから出る九州号で
福岡博多まで行ってみました。

長崎バスターミナル

午前5時、日は明けていません(^-^;
長崎駅の正面左側に、長崎県営バスターミナルがあります。

長崎バスターミナル

長崎バスターミナル

長崎バスターミナル

長崎バスターミナル

長崎バスターミナル

長崎バスターミナル

正面玄関を入っていくと案内掲示板が見えます。

そのまま真っすぐ進んでいくと、
右側にチケット売り場があります。

県営バスターミナル

長崎バスターミナル
午前7時からなので、今に時間はまだ閉まっています。

九州号は、基本予約制になっています。
ネットか、予約センターに電話で予約しておく必要があります。

ネット、電話で予約してれば大丈夫ですが、
予約してない場合はバスの運転手に直接聞いて、
空いてれば乗せてもらうことが抱きます。

長崎バスターミナル

チケット売り場の前は第1ホームになっています。
九州号は第2ホームからの乗車になります。

チケット売り場に向かって右側に進むと、
第2ホームにつながる地下通路があります。

県営バスターミナル

この時間は、まだ売店も営業していません(^-^;

長崎バスターミナル

県営バスターミナル

県営バスターミナル

九州号運行50周年なんですね。

県営バスターミナル

県営バスターミナル

階段を上りきって一番奥11番のりばが九州号の乗り場になります。

県営バスターミナル

県営バスターミナル

県営バスターミナル

スポンサーリンク

回数券

今回は4枚綴りの回数券を使って乗車します。
2570円券が4枚で8230円。
一回あたり、2057円になりますね。

九州号

県営バスターミナル

約10分前、5時35分くらいに九州号が到着します。

県営バスターミナル

運転手さんによる予約確認後、乗車します。

九州号

九州号

1列シート、2列シートが並ぶ3列シートになっています。

九州号

前シートの下方に、携帯充電用のコンセントがあります。
足置きもありました。

九州号

九州号

九州号

1列シート側真ん中あたりに、トイレがあります。
使用には問題ないくらいの広さはあります。

博多バスターミナル

博多バスターミナル
予定時時刻8時10分を10分ほどづぎて博多バスターミナルに到着です。

博多バスターミナル

博多バスターミナルの2階に到着です。

博多バスターミナル

博多バスターミナル

1階に降りると、市内バス乗り場になっています。

ちなみに、3階が高速バス乗り場になっています。

博多バスターミナル

博多バスターミナル

切符売り場。

博多バスターミナル博多バスターミナル

37番乗り場が、長崎行きの高速バス乗り場になります。

長崎から福岡までバスの値段は?

長崎から福岡(博多)までの運賃は、
いくらくらいかかるのでしょうか?

九州号では通常2570円になっています。

往復切符を買うと4630円、片道当たり2315円になります。
(有効期限は10日間です)

また4枚つづり回数券では8230円、片道2057円です。
(有効期限なし)

一方、JRの特急かもめはどうでしょうか。

通常運賃は長崎から福岡市内までは4710円

4枚切符で11000円(有効期間2か月)、片道当たり2750円
2枚切符で6180円(有効期限1か月)、片道当たり3090円

さらに、

九州ネットきっぷ(当日でも大丈夫)で3090円
九州ネット早得3(3日前までの予約)で2500円
九州ネット早得7(7日前までの予約)で2300円

となっています。

値段だけでいえば、九州号の4枚つづりの回数券が、
一番安いことになりますね。



長崎から福岡までバスの時間は?

では長崎から福岡(博多)までの移動時間は、
どうでしょうか?

特急かもめで約2時間くらいかかります。

一方、九州号のスーパーノンストップでは、
経由でも若干違いますが約2時間半くらいです。

ただ九州号の場合、時間帯や、週末、などの
道路の混雑状況により時間がずれることが少なくは、
ありません。

時間に余裕をもって、利用する必要がありますね。

まとめ

長崎から福岡(博多)間、運賃だけでいれば九州号が、
一番安く移動できます。
(4枚つづりの回数券を利用した場合)

・時間的に余裕がない
・車(バス)に酔いやすい
・バスより電車のほうが乗り心地がいい

などの理由があるなら、早めのネットワーク予約で、
特急かもめを利用するほうが一番いいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする