夏バテの原因はエアコン?対策の設定温度と使い方のコツを紹介!

夏バテ 原因 エアコン 対策 設定温度 使い方

暑い夏が続くと

なんとなく疲れやすく
体がだるくなったり
食欲がなくなったり…

夏バテと言われる症状が出てきます。

この夏バテ

エアコンが原因だと言われていますが…

もしそうだとしても
今どきエアコンなしで
この夏を過ごすことはできませんよね。

そこで今日は

・夏バテの原因はエアコン?
・夏バテ対策 エアコンの設定温度は?
・夏バテ対策 エアコンの使い方のコツ

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

夏バテの原因はエアコン?

「夏バテ」
って病名じゃないんですよ。

高温多湿な日本独特の
体調不良の総称なんです。

症状としては主なものに

・とにかく体がだるい
・疲れやすくて疲れが抜けにくい
・ぐっすり眠れず睡眠不足
・食欲がない

などがあります。

身体的には

・頭痛
・体のむくみ
・下痢・便秘

精神的には

・何もやる気が起こらない
・わけもなくイライラする
・立ち眩みやめまいがする

などと訴える人が多いですね。

原因は自律神経のバランスが
崩れていることだと言われています。

ではなぜ自律神経がのバランスが
乱れてしまうのでしょうか?

人は体温を保つために

血管を広げて
汗をかいて体温を下げたり

血管を収縮して
体温を逃がさないようにして

体温を一定に保とうという
働きがあります。

この働きを自立神経が担っています。

エアコンがまだ普及しなかった頃は

高温の日が続くと
自律神経の働きも活発になり
エネルギーもかなり消耗してしまい

疲労がたまって夏バテの症状が出て
しまうことになっていました。

エアコンが普及した今は

エアコンが効いた室内の温度と
暑い夏の外気温の差が大きい環境では

体温をあげてり下げたりと
目まぐるしく調節する必要があり

自律神経の調整が追いつかずに
自律神経のバランスが崩れて
夏バテの症状が出てしまうんです。

また長時間クーラーが効いた
部屋にいることで
血管が収縮された状態が続くと

自律神経スムーズに働けなくなり
体温調節がうまくいかずに

冷え性になることもあります。

自律神経はホルモン分泌の
調整もしていますので

体中に様々な症状が出ることになります。

また食欲がなくなり栄養不足に
汗をかくことにより水分不足になります。

これも夏バテの原因です。

つまりいずれにしても
エアコンで室温を下げることにより

自律神経のバランスが崩れることが
夏バテの大きな原因の
一つになっているということです。

夏バテは男性よりも女性に
多く見られる傾向にありますが

女性のほうが男性より

基礎代謝が低いこと
ホルモンバランスが
崩れやすいことから

同じエアコンの室温でも
女性のほうが冷え性になりやすく
夏バテになりやすいんですね。

特に女性は夏バテ防止のために
エアコン対策をする必要がありますす。

スポンサーリンク

夏バテ対策 エアコンの設定温度は?

暑い部屋から涼しい部屋へはいると
冷っと気持ちいいですよね。

でもあなたの体は

今まで体温を下げるために
血管を拡張し毛穴を開いていたのに

急に温度を上げる準備をしなくては
いけなくなってしまいます。

こんなことが一日のうちに何度もあると

知らず知らずに
ストレスを感じてしまったり
エネルギーを消耗してしまったり

体には大きな負担が
かかってしまっているんです。

人間の体が対応できる温度差
外気温と室内音の差は
約5度以内だと言われています。

できれば3度~4度以内くらいに
抑えれるといいですね。

では室内温度は何度に設定すれば
いいのでしょうか?

おすすめは28です。

えっ?28度じゃ涼しくないじゃん!
と思われるかもしれませんが

少し暑いかなと思う温度が
体には負担がない温度と
いうことになるんです。

夏バテ対策 エアコンの使い方のコツ

設定温度以外に
エアコンの使い方で工夫できることを
書いてみたいと思います。

・エアコンの冷えから身体を守る

自分の部屋なら
温度設定も自由にできますが

職場や公共の場では
温度調整を自由にできませんよね。

そんな時はエアコンによる冷えから
自衛するしかありません。

女性ならストールやカーディガン
靴下の重ね履きなどで

男性はスーツの上着などで

体温の調節を行います。

一番のおすすめは「腹巻」です。

お腹を温めることで
体が温かく保ちやすくなり

腰も冷やさないので
腰痛対策にもなります。

最近は薄手のおしゃれな
腹巻も販売されていたり

外からでは腹巻を着用してるようには
見えなかったりするので

愛用しているという女性も多いようですね。


・エアコンの風には直接当たらないようにする。

エアコンの風が直接あたると
体温が奪われてしまいます。

部屋で使用するエアコンは
風向きを調整して
直接体に当たらないようにします。

エアコンの向きを調整できない場所では

エアコンの風が当たらない場所を
選んで座るなどする

場所も選べない時は
エアコンが当たるところを
衣類などでカバーします。

・温かい食べ物・飲み物を意識的に摂る

エアコンのきいた場所では
意識的に温かい食べ物や飲み物

身体を温めるものを摂るようにします。

体の中からも
冷えへの対策を心がけましょう。

・寝るときもエアコンを活用する

しっかり睡眠をとれるように
寝るときもエアコンを使いましょう。

エアコンは体に悪いから
などと寝るときは使わないように
する人も多いようですが

寝苦しくて睡眠不足になったり
場合によっては
熱中症になったりしてしまいます。

エアコンをつけて
心地よい睡眠を心がけるほうが

夏バテ防止には大切なことです。

設定温度は28度にして
途中寝苦しくて目が覚めないように
朝までつけっぱなしで寝ます。

暑くて寝づらいと感じるようなら
寝るまでの間24度~25度に設定して
部屋を涼しくしてから

寝るときに28度に設定し直して寝ます。

個人差があるので
28度というのはあくまで目安で

「少し暑いかな?」という程度の
温度設定で大丈夫です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夏の寝苦しい夜 エアコンは?除湿と冷房 どちら?設定温度は?

夏バテの原因はエアコン?対策の設定温度と使い方のコツを紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・夏バテの原因はエアコン?
・夏バテ対策 エアコンの設定温度は?
・夏バテ対策 エアコンの使い方のコツ

はお役に立つことができましたか?

夏バテの原因のひとつが
エアコンを使用することにあります。

だからと言って
近年のこの猛暑が続くなかで

エアコンを我慢するとか
あり得ませんよね。

ましてや公共の場や仕事場では
エアコンが効きすぎてるくらいのところも。

この夏のエアコン
上手に使って夏バテ知らずの夏に
できるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする