夏バテ対策にいい食べ物は?コンビニや外食で選ぶならこれ!

夏バテ 対策 食べ物 コンビニ 外食

毎日暑い日が続くと食欲もなくなり

あっさりとした
「そーめん」や「冷や麦」
だけをを流し込む

なんていう食事をしていませんか?

炭水化物だけで空腹を満たすだけの
食事を続けていると

吸収される栄養が偏ってしまい

身体に必要な栄養が十分に摂れず
よけいに夏場バテを増進させしまう
という結果になってしまいます。

夏バテ防止や対策のためには

この暑い夏に必要な栄養素を
しっかり食べ物から
吸収することが大切です。

そこで今日は

・夏バテ対策にいい食べ物は?
・夏バテにいい食べ物をコンビニで選ぶなら?
・夏バテにいい食べ物を外食で選ぶなら?

について書いてみたいと思います。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

夏バテ対策にいい食べ物は?

暑くて食欲ないし
メニューを考えるのもめんどうだし

「そーめん」や「冷やむぎ」でいいかな?

ついつい炭水化物にかたよった
食事ですましてしまってませんか?

体に必要な栄養素が不足してしまって
夏バテになったり改善できなかったり

・体が疲れやすい
・なんとなくだるい
・食欲がでない

という状態がまたまた続く

負のサイクルに入ってしまいます。

「そーめん」や「冷やむぎ」
を食べるのが悪いわけではなく

炭水化物にかたよった
食事をすることが問題なんです。

身体をつくる材料になるタンパク質

汗で流出して不足気味になっている
ビタミンミネラル

意識的に摂る必要があります。

それでは夏バテ対策には
どんな栄養素が必要なのでしょうか?

夏バテに効く栄養素

・タンパク質

そーめんなどの炭水化物中心の
かたよった食事を続けると

タンパク質やビタミン、ミネラル
などの栄養分が不足してしまいます。

特にタンパク質は
体の1/5を占める栄養素で

血液やホルモン、筋肉などの
体の組織を作くる材料になる大切な成分で

疲労回復や持久力にも
欠かせない栄養素なんでです。

タンパク質が不足すると
疲れやすくなったり
貧血気味になったりします。

また糖質や脂肪のように
体の中に蓄えておくことができないので

代謝に必要なタンパク質を
必要に応じてしっかり摂ることで

夏バテ防止にもつながります。

タンパク質は
肉類、魚介類、乳製品、大豆食品、卵類
などに多く含まれています。

・ビタミンB

ビタミンB群は
糖質(炭水化物)やたんぱく質や脂質
などの栄養素の分解し
エネルギーに変えてくれたり

また栄養の吸収率を上げ
暑さに耐えられるエネルギーを作り
疲労回復を助けてくれます。

豚肉レバー、
うなぎ、カツオ、マグロ、たらこ
納豆や豆腐などの大豆食品
玄米胡麻などに

ビタミンB群が豊富に含まれています。

ニンニクニラ
ねぎ玉ねぎなど
アリシンを含む食べ物と一緒にとると
吸収がよくなります。

・ビタミンC

ビタミンCは
疲れの原因のひとつ活性酸素を
除去してくれる働きがあります。

疲労を回復のためには
必要な栄養素になります。

レモンなどの柑橘類
ピーマンやパプリカ
などに多く含まれています。

・クエン酸

レモンやグレープフルーツ
オレンジパイナップル
梅干などに

多く含まれているクエン酸は

炭水化物をエネルギーに変えたり

疲労の原因となる乳酸を分解して
排出する働きがあります。

夏バテには積極的に摂り入れたい栄養素です。

・ミネラル

マグネシウム、鉄
カリウム、カルシウム

などのミネラルは
ビタミンB群同様に
代謝を助ける働きがあります。

汗で流出しやすいので
夏には多めに補給する必要があります。

とくにカリウムが不足すると

便秘や食欲不振やむくみの
原因になったり

体がだるくなったりします。

果物で十分に補給しましょう。

夏バテ対策の食事

夏バテ対策の食事で注意することは

お腹いっぱいになるよりも
しっかり必要な栄養素を
摂れるように考えることが大切です。

良質のたんぱく質、ミネラル、ビタミン
をバランスのよい食事から
摂るように心がけましょう。

また冷たいものや水分の摂り過ぎは

内臓を冷やしすぎて冷えの原因になったり
食欲がなくなってしまったりするので
十分な注意が必要になります。

食欲がない時などは

唐辛子やカレー粉など
スパイスや香辛料をうまく活用して
食欲が出る工夫をしたり

消化吸収を助ける働きをする成分を含んだ
長芋やオクラなどのネバネバする食品も
積極的に摂り入れることをおすすめします。

また夏が旬の
ピーマン、なす、トマト、ゴーヤ
オクラ、きゅうりなど夏野菜は

水分を多くふくんでいて
体を冷やしてくれる効果があります。

オクラ、大葉、しし唐、さやえんどう
カボチャ、トマト、ニラなどの

彩りのいい緑黄色野菜には

カロテン、ビタミンB郡、
ビタミンC食餅繊維

鉄、カルシウム、カリウムなど
多くのミネラルが含まれています。

積極的に暑い夏の食事にとり入れましょう。

夏バテにいい食べ物をコンビニで選ぶなら?

暑くて何も作りたくなし
食欲もそんなにないし…

そんな時はちょっとコンビニで
買ってきてすましちゃおうかな?

夏バテ対策の食べ物

コンビニで何を選べばいいのでしょうか?

基本的には夏バテに必要な栄養素

・たんぱく質
・ビタミンB群、ビタミンC
・クエン酸
・カリウムなどのミネラル

などが多く摂れるようなものを
選ぶようにするといいですね。

・幕の内弁当

そうめんや冷やしうどん
おにぎりやパンなど

炭水化物ばかりにかたよった食事を
することが夏バテにお原因になります。

幕の内弁当はいろんな食材を
少しずつバランスよくとれるので

夏バテになりにくい食事になります。

・サンドイッチ

タンパク質やビタミンB1など豊富な
たまごやハムやカツなどの
サンドイッチは食欲がない時でも
食べやすいですよね。

牛乳やヨーグルトなどの製品も
一緒に摂るようにしたらどうでしょう。

・冷やし中華

あっさりと麺類が食べたいときは
冷やし中華がおすすめです。

トッピングの

ハムや卵、キュウリやトマトとは
夏バテにうってつけです。

タンパク質やビタミンB1やミネラルを
バランスよく摂ることができます。

あっさりレモンタレや
ごまだれも食欲をそそってくれます。

・トロトロそ

麺類を選ぶなら

疲労回復効果の高いビタミンB1の豊富な
そばもおすすめです。

山芋やオクラのトッピングなど
意識してチョイスしましょう。

・野菜たっぷり冷製パスタ

生野菜がたっぷり乗った
冷静パスタもおすすめです。

ハムや蒸し鶏や冷しゃぶなどの
トッピングがあればなおいいですね。

・冷しゃぶサラダ
・蒸し鶏サラダ

そーめんやおにぎりなど
炭水化物主に食べるときは

副食に

「冷しゃぶサラダ」
「蒸し鶏サラダ」

などを添えると
ビタミンB群などのビタミンや
ミネラルを補うことができます。

スポンサーリンク

夏バテにいい食べ物を外食で選ぶなら?

夏バテの時に外食では
どんなメニューを
選んだらいいのでしょうか?

・うなぎ

エネルギー代謝に欠かせな
ビタミンB群が豊富で

免疫力アップを助ける
ビタミンAが豊富に含まれ
夏バテ時にはぜひ食べたいのがうなぎです。

・カレーライス

体を元気にするいろんな香辛料が
使われているのがカレーです。

香辛料は漢方の生薬なんですね。

食欲もそそられ
タンパク質やビタミン、ミネラルも
バランスよくとることができます。

カツカレーや夏野菜カレーなどが
とくにおすすめです。

他にも

・豚肉の生姜焼き
・とんかつ(カツ丼)
・レバニラ炒め
・ゴーヤチャンプル

など豊富にタンパク質やビタミン
ミネラルなどが摂取できる
メニューがおすすめになります。

あっさりざるそばなどの
麺類を選ぶときは

しっかりトッピングや副食を
考えて選びましょう。

また居酒屋のおつまみでは

・カツオのタタキ
・豚キムチ
・焼き鳥
・枝豆
・冷やっこ
・トマトスライスなどはいかがでしょうか?

夏バテ対策にいい食べ物は?コンビニや外食で選ぶならこれ! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・夏バテ対策にいい食べ物は?
・夏バテにいい食べ物をコンビニで選ぶなら?
・夏バテにいい食べ物を外食で選ぶなら?

はあなたのお役に
立つことができましたか?

夏バテで食欲がない時だからこそ
きちんと体に必要な栄養を考えて
食事をしたいものですね。

食べ物から
しっかりと夏バテ対策をして
この夏を元気に乗り越えましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする