夏エアコンなし!扇風機の活用法と保冷剤は体のどこに?他の対策は?

夏 エアコン なし 扇風機 保冷剤 体 対策

夏の暑さ

ついついクーラーに頼りがちに
なってしまいますよね。

クーラーの効いた仕事場から帰って
家でもクーラーガンガンで…

自律神経のバランスを崩し
夏バテになってしまう人も多いですね。

中にはクーラーは体を
冷やしすぎるので苦手なんです。

と言う人も少なくありません。

それにエアコンは電気代も気になるし…

そこで今日は

・夏にエアコンなし!扇風機の効果的な使い方
・夏の暑さ保冷剤は体どこにあてるのが効果的?
・夏のエアコンなし対策その他は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

夏にエアコンなし!扇風機の効果的な使い方

エアコンはあまり使わない
という人の中には

クーラーが苦手と言う人も
多くいますが

クーラーの使い過ぎは電気代が気になって
と言う人もすくなくないようです。

電気代で言えば扇風機は
エアコンの約1/10くらいです。

経済的にもかなり嬉しいですね。

この扇風機の使い方を工夫すると
涼しさが倍増するんですよ。

それでは扇風機の上手な使い方を
ご紹介しますね。

・扇風機の風は足元から

扇風機は枕元に置くよりも
足元に置くほうが効果的に
涼しくできます。

足の発熱量が大きいので
足元から風を送ることによって
体温を効果的に
下げることができるんです。

ただし風が当たり続けると
体の熱を奪ってしまい

体の冷えすぎや体調不良の
原因になってしまいますので

首振りやリズム風の機能を上手に使って

扇風機の風が長時間
直接体に当たらないように
注意してくださいね。

・扇風機が複数ある場合

窓の外に向かって回す

朝や夜など室外が涼しいときは

窓の外に向かって扇風機を回して
部屋の熱気を室外に出すことで

涼しい風が部屋に入ってきます。

天井に向かって回す

熱気は天井付近に溜まりやすく
いつまでも部屋が涼しくなりにくいので
天井に向けて扇風機を回すことで

空気をかく乱して
部屋に空気の気流を作り
涼しくなりやすくなります。

壁に向かった回す

夜など体温が下がるときに
扇風機の風で体温を奪い続けられると
体調が悪くなるような人は

壁に向かって扇風機を回すことで
跳ね返ってくる間接的な風を利用して
涼しくします。

など直接体を冷やすというより
部屋の空気を対流させるように
扇風機を利用すると

効果的に涼しく過ごすことができます。

・扇風機の風を冷たくする

2ℓのペットボトルに
水を入れて凍らせたものを
扇風機の前に置いておくと

扇風機の風が冷たく
心地いい風に変わります。

ペットボトルに満タンの水を入れると
凍らせたときにペットボトルが
破裂するかもしれないので

水は満タンより少し少なめに
入れてくださいね。

またペットボトルの下は
水滴が溜まるので
トレイなどをしいておいてください。

夏の暑さ保冷剤は体どこにあてるのが効果的?

夏にケーキなどを買った時に付いてきたり
100円ショップなどで売っている

「保冷剤」

これもエアコンなしの
暑さ対策には大活躍してくれます。

その方法は

保冷剤を冷凍室で凍らせて
タオルなどで巻いて

首筋や脇の下、股下を冷やします。

人の体の中を流れる血管で
太い血管が流れているところ

・首筋
・脇の下
・股下

の3か所を冷やすことにより

冷えた血液が体中を巡ってくれるので
効率よく涼しさを感じることができます。

直接あてたり長時間あてての
冷やし過ぎは体調不良の
原因になる可能性もありますので

十分に気を付けてくださいね。

暑くて寝苦しい夜などは
アイスノンなどの氷枕をタオルに包んで

おでこに乗せたり
枕代わりに頭の下に敷いて寝ると

のぼせた頭の火照りをとってくれるので
ぐっすり寝ることができます。

保冷剤や氷枕以外でも
「冷えピタ」のような
冷却ジェルシートでも代用できます。

空のペットボトルに水を入れて
冷凍室で凍らせても代用できますね。

こちらも水の入れ過ぎには注意です。

スポンサーリンク

夏のエアコンなし対策その他は?

暑い夏のエアコンなし対策
他にもいろんな方法があります。

・しっかり入浴する

水風呂や水シャワーなどに入って
扇風機の前に座る!

も涼しくなりますよね。

でも心臓の負担になったりするので

一番のおすすめは

湯船に入ってしっかり
汗をかく習慣をつくることです。

汗をかくことで
自律神経のバランスもとれ

身体本来の自然に体を冷やす機能が
正常に働くようになります。

しっかり湯船に入って汗をかいた後に
ぬるめのお湯や水をかぶって
クールダウンするのが効果的です。

体自らが冷やす癖をつけることが大切です。

夏用の風呂上りにひんやりする入浴剤
などを使うのもいいですね。

「ハッカ油」利用するのもおすすめです。

をお風呂に2.3滴たらして
よくかき混ぜます。

シャンプーやボディソープに
数滴混ぜてもひんやり気持ちいいです。

あまり入れ過ぎると
肌が火ヒリヒリしてしまうので
注意してください。

・ハッカ油スプレー

お風呂におすすめのハッカ油ですが
スプレーにしておくと便利です。

冷蔵庫に入れて冷やしておいて
肌にシュッと一振りするだけで
ひんやり気持ちいいだけでなく

虫も寄せ付けないので
夏の夜にはぴったりです。

枕やシーツに一振りするだけでも
ひんやりとして気持ちいいですよ。

それでは「ハッカ油スプレー」
の作り方を紹介します。

【材料】

無水エタノール 10ml
ハッカ油 5滴
精製水 90ml

【作り方】

無水エタノール10mlと
ハッカ油5滴を

スプレー容器の中でよく混ぜます。

よく混ざったら精製水90mlを入れて
よく混ぜたら出来上がりです。


・日差しを遮る

日中の部屋の温度上昇は
夜まで熱がこもってしまうので

昼間はぜひ日差しが部屋に
入らない工夫をしてください。

遮光カーテン
遮光フィルム
すだれ
よしず
みどりのカーテン(植物で光を遮る)

などで日差しを遮ることで
日中の部屋の温度上昇を抑えます。

・足を水につける

手と足には多くん血管が通っています。

足のくるぶしまでつかるバケツに
水を張って足を冷やします。

けっこう涼しく感じます。

・体を冷やす食べ物を食べる

スイカ、キュウリ、トマトや
冬瓜やナスなど

夏が旬の食べ物は
水分が多く体温を下げてくれます。

・打ち水をする

朝夕の涼しい時に打ち水をすると
まいた水が蒸発する時に
地面の熱を奪ってくれて

温度が下がり涼しく感じることができます。

見かけはいまいちですが

部屋に洗濯物を干したりするのも
部屋の温度を下げてくれます。

夏エアコンなし!扇風機の活用法と保冷剤は体のどこに?他の対策は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・夏にエアコンなし!扇風機の効果的な使い方
・夏の暑さ保冷剤は体どこにあてるのが効果的?
・夏のエアコンなし対策その他は?

はあなたのお役に
立つことができましたか?

ただエアコンなしで
暑い夏を過ごす方法
無理にしすぎないでくださいね。

我慢しすぎて熱中症になってしまった
なんて困ったことになったら大変です。

水分をこまめに摂ること
我慢しすぎないこと

はしっかり守って下さい。
この夏少しでも涼しく過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする