お盆に海に行くと危ないって迷信なの?危険な本当の理由は?

お盆 海 危ない,お盆 海 迷信,お盆 海 危険 理由

夏!といえば海

家族や気の合う友達と
海に行く機会も増えてくると思います。

集中的に休みが取れる盆休み

旅行先や帰省先で海水浴を楽しもうと
思っていたら

「お盆に川や海で泳いだらいけないよ」

と言われてしまった…

そういえば子供の頃にも
おばあちゃんに言われていた気がする。

でもなんでお盆に
海や川に入っちゃいけないのかな?

と不思議に思ってしまいますよね。

そこで今日は

・お盆の海は危ない?
・お盆の海には迷信がいっぱい?
・お盆の海が危険な本当の理由は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お盆の海は危ない?

「お盆に海や川で泳いではいけない」

と一度は聞いたことがありませんか?

でもどうしてお盆に
海や川に入っちゃいけないのでしょうか?

ダイビングショップをしている
従弟がいるのですが

「お盆に海や川で泳いではいけない」
理由を聞いてみると

「迷信だと思うよ。

ダイビングする人は
お盆なんて気にする人はいないし

お盆休みを利用してダイビング
楽しむ人が多いよ。

お盆は予約でいっぱいになるし
僕らの稼ぎ時だもんね。」

ということでした。

サーファーの友達も

サーフボードを始めるビギナーは
春先からどんどん増えて

お盆過ぎまでも増え続けるそうです。

サーフィン自体は年中楽しめるし

「お盆に海に行ってはいけない」とか
「お盆の海の事故」とか
「お盆の海は縁起が悪い」とか…

気にする人はいないようです。

お盆に帰省して来ている人達の多くは
少しでも子供を海で
遊ばせようと思うようで

有名な海水浴場はお盆でも
朝から多くの家族で賑わい
一日中海を楽しでいます。

アルコールを飲んでの遊泳や
子供から目を離したまま遊ばせてる

などなどの原因の

水難事故がないわけではありませんが

海遊びをする人が多くなれば
水難事故も比例して多くなるのは
当たり前だし

お盆だから特別多くなるというわけでも
ないように思います。

本当にお盆の海は危ないのでしょうか?

なぜお盆の海は怖いと
言われているのでしょうか?

お盆の海には迷信がいっぱい?

一番多く言われているのは

『お盆には地獄の釜が開くから
海に近づくと精霊に引きずり込まれる』

ということだと思います。

お盆には地獄の釜が開くと言われ

あの世から死んだ魂が
この世に帰って
来れるようになるそうです。

ご先祖様の精霊も帰ってきますが

悪い霊や
供養してもらえない霊なども

一緒に出てきてしまいます。

もともとお盆の
「迎え火」「送り火」は
漁師の集落で始まったと言われ

あの世とこの世の通り道は
海にあるということです。

お盆の火を焚いてもらえない魂は
あの世から来ても行くところもなく
海に集まっているそうです。

そしてお盆に帰る家がない
魂は寂しがって
海で楽しそうに遊んでいる人を

水の中に引きずり込んで
あの世に一緒に連れて行こうとする

と言われているんです。

現実的的には

長崎の精霊流しや
他の地方の灯籠流しなど

海沿いや川沿いの地域では

送り火とともに
お供え物などの盆飾りを

海や川に流すことも多かったことから

精霊たちが行き来する神聖な海を
けがさないようにという想いから

海や川に近づかないように

と言われているとも

盆飾りなどを流した海や川は
汚れていたり危険だから

近づかないようにとも
言われているそうです。


スポンサーリンク

お盆の海が危険な本当の理由は?

実際のところお盆の頃の海は
気を付けなければいけないことが
他にもあります。

土用波

お盆のころには
あるか遠洋で発生した台風の影響で
普段とは異なる性質の波が発生します。

沖からのうねりが強くなり
海水浴場など遠浅の海岸では
急に波が大きくなり

一気に飲みこまれてしまう
危険性もあります。

離岸流

海岸の波打ち際から
沖方向に流れる海流は
離岸流と呼ばれ

遠浅の海岸で
発生しやすくなっています。

離岸流に引っ張られると
いくら泳ぎがうまい人でも
沖に流されてしまい

方向感覚を失ってしまい
大きな事故につながることもあります。

もし流されたら
岸に向かって泳ぐのではなく

離岸流のない横方向
または浜に向かって45度方向に

泳ぐようにすると脱出できます。

お盆のころは
この離岸流に加え

海面が一番高い状態の満潮と
海面が一番低い状態の干潮の

差が一番大きな大潮の時期と
重なることになるので

潮の満ち引きが
いつもより早くなることも
事故の要因の一つに
なっているようです。

クラゲ

お盆のころに水温が
クラゲに適した水温になることや

多くのクラゲが波で岸近くまで
流されて来ることで

お盆頃には成長して毒性を持った
クラゲが海岸近くに多くなります。

毒性を持ったクラゲに刺されると
ひどい人になると

痛みでショック状態になったり
溺れてしまったり
する危険性もあります。

お盆の時期は海の状況も
海水浴をするには
危険な要素が多くなっているんですね。

お盆に海に行くと危ないって迷信なの?危険な本当の理由は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・お盆の海は危ない?
・お盆の海には迷信がいっぱい?
・お盆の海が危険な本当の理由は?

お役に立つことができましたか?

お盆の海の危険性は

迷信かなと思われるものから
現実的なものまで

いろんな要素があるようです。

お盆の時期
海に入ることがあるような時は

しっかり注意して
無理しないようにすることが大切です。

もし古くから言われている
海の危険性が気になるようなら

無理に海に近づかない選択をする
勇気も必要だと思います。

いずれにしても

夏の海

素敵な想い出を残してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする