お盆玉とは?必要なの?あげなくてもいいの?相場はどれくらい?

お盆玉とは 必要 あげない 相場

夏を迎えるころ
郵便局に売りに出ている

お盆版のお年玉袋のような
「お盆玉」のポチ袋。

「お盆玉」ってまだまだ知らない人も
多いように思ますが…

「お盆玉」ってなんなの?
あげなきゃいけないものなの?
どれくらいの金額をあげるの?

って知らないことばかりですよね。

まだまだ広く浸透はしていない
「お盆玉」という風習

そこで今日は

・お盆玉とは?
・お盆玉は必要?あげなくてもいいの?
・お盆玉の相場はいくらくらい?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お盆玉とは?

お正月にあげる「お年玉」同様に

お盆に孫や親戚の子供達に
あげるお小遣いを

「お盆玉(おぼんだま)」と呼びます。

もともとは江戸時代
山形県の一部の地域で

奉公人に下駄や衣類を支給する習慣が
お盆に子供にお小遣いをあげる習慣に
変わってきたということです。

地方の習慣が企業商品戦略のために
全国的に広められている

ということになっています。

バレンタインデーやホワイトデー
恵方巻きや土用のうなぎ
のようなもので

企業による利益追求のための
商業戦略の一環のようです。

マルアイという祝儀袋などを販売する
メーカーから2010年に
「お盆玉」のポチ袋が販売され

郵便局からも2014年の7月から
「お盆玉袋」のポチ袋が
6種類販売されことを機に

メディアに取り上げられたり
大手企業のCMに使われたりしたことで
認知度が一気に上がり

「お盆玉」という言葉とともに
習慣として広まったきたようです。

私の住む長崎の地域では
お盆は夕方からお墓参りをして
子供達は墓で花火をする
習慣があるのですが

私がまだ小さい頃から

お盆になると祖父母や親戚の人から

「花火代」と言って
お小遣いをもらっていました。

私の地方に限らず

お盆に帰省する孫や親戚の子供たちに
お小遣いをあげる習慣は
ふつうにあったと思いますが…

「花火代」などの

お盆に孫や親戚の子供たちに
お小遣いをあげる習慣が
「お盆玉」と名称が変わったという
だけのことなんだと思います。

お盆玉は必要?あげなくてもいいの?

今までお盆に孫や親戚の子供たちに
お小遣いをあげることがなかった
人達にとっては

「まったく…」てな感じですよね。

年末年始の「お年玉」に次いで
新たな大きな出費の習慣にも
なりかねませんからね。

子供達には嬉しい習慣に
なるのでしょうが

快く思わない人がいても
当然かもしれません。

「お年玉」もそうだと思いますが
「お盆玉」も無理にあげる必要は
ないんじゃないでしょうか?

おじいちゃんやおばあちゃんが
孫にあげるお小遣いは
愛おしさを表す気持ちですし

普段逢えない親戚の子供たちに
お小遣いをあげるのも
「あげたいという気持ちがあれば」
でいいんじゃないでしょうか?

お正月に帰省できずに
お盆に家族旅行もかねて帰省する
親戚の子供たちに

半年遅れの「お年玉」の
つもりであげたり…

私の地域のように
「花火代」の習慣がある地域では
「お盆玉」という言葉に惑わされず
今までどおりでいいと思います。

親戚同士でも
「あげた」「あげない」
「もらった」「もらってない」
など
あとあとのもめ事のもとになりかねません。

前もって「お盆玉」をどうするか
きちんと話しあっておくといいですね。

スポンサーリンク

お盆玉の相場はいくらくらい?

それでは

「お盆玉」のとして
いくらくらいあげるものなのでしょうか?

特に決まりはありませんが

親戚から頂く金額や経済状況
などにもよると思います。

「お年玉」と同額くらいか
少し少なめにする

という人が多いようですね。

ちなみにですが

私は「花火代」としての金額は

小学生以下: 2000円
小学生  : 3000円
中学生  : 5000円
高校生  : 5000円
大学生  :10000円

と決めていて
親戚との間でも
暗黙の了解になっています。

おじいちゃん、おばあちゃんは
一律5000円~10000円
としているようです。

どうしたらいいかわからない時は

お年玉に貰った金額に
するのが無難ですね。

いずれにせよ

「お盆玉」をするかしないか
金額はいくらくらいにするかなど

親戚と前もってきちんと
話できるといいですね。

お盆玉とは?必要なの?あげなくてもいいの?相場はどれくらい?まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・お盆玉とは?
・お盆玉は必要?あげなくてもいいの?
・お盆玉の相場はいくらくらい?

はお役に立てましたか?

「お盆玉」っていう言葉は
新しい言葉かもしれませんが

お盆に

おじいちゃんやおばあちゃんから孫に
親戚から子供たちにと

お小遣いをあげる習慣があるところは
多かったんじゃないでしょうか?

「お盆玉」という
新しい習慣ができたからと

無理にする必要はなく
今まで通りにすればいいと思います。

大切なのはお小遣いをあげたいという
「気持ち」なんだと思います。

するしないも含めて
親戚の間で一度話してみては
いかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする