お彼岸とは?意味と何をするのか?用意するものやお供えを紹介!

お彼岸とは 意味 何をする 用意するもの お供え

「お彼岸」の頃になると
私の住む地域のスーパーや小店では

紅白の饅頭や米団子が並びます。

仏壇にお供えするための物です。

「お彼岸」という言葉は知ってるけど

なんなの?
どんな意味があるの?

なんとなく仏教的な意味が
ありそうなのはわかるけど…

そうなんですよね。

けっこう「お彼岸」が何なのか?
わからない人も多いんですよね。

そこで今日は

・お彼岸とは?どんな意味があるの?
・お彼岸には何をするの?
・お彼岸に用意するものとお供えは?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お彼岸とは?どんな意味があるの?

お彼岸は年に二回
春と秋にあります。

春分の日を中心に
前後3日間を合わせた7日間を「春彼岸」

秋分の日を中心に
前後3日間を合わせた7日間を「秋彼岸」

と言いそれぞれ1週間という期間を
「彼岸(お彼岸)」と言います。

そして

春分の日、秋分の日を「中日」

お彼岸が始まる日を「彼岸の入り」
お彼岸が終わる日を「彼岸明け」

と言います。

「彼岸明け」は「はしりくち」
と呼ぶ地方もあります。

この「彼岸」という言葉は
もともと仏教用語で

煩悩から解放された
悟りの境地のことを言い

迷いや煩悩に翻弄されているこの世を
こちら側の岸「此岸(しがん)」
というのに対して

悟りを開いたあちら側の岸
という意味で「彼岸(ひがん)」
と言います。

そして
「此岸」は東に
「彼岸」は西に
あると言われていて

春分の日、秋分の日は太陽が

真東から登り
真西に沈むので

「彼岸」に最も近くなると考えられ
西の方角に向い
悟りへの想いを馳せたことが

「お彼岸」の始まりだと言われています。

後に西にある「極楽浄土」には
ご先祖様も成仏されていると考え

ご先祖供養もされるように
なったということです。

彼岸の行事は仏教国である
インドや中国には見られない
日本独特の行事であり

民俗学者の五来重氏は

太陽を崇拝する

「日願(ひがん)」という言葉と
「彼岸」が結びついたと言っています。

春分の日
「自然をたたえ、生物をいつくしむ」

秋分の日
「先祖を敬い、故人を偲ぶ」

ための休日とされていますが

自然を崇拝しご先祖様を大切にする
日本独特の「お彼岸」という
仏教行事が生まれたゆえんです。

また日蓮の『彼岸抄』には

彼岸の間は善い行いも悪い行いも
大きな結果となって帰ってくるので

悪い行いは慎み
善い行いにまい進するようにと

書かれています。

お彼岸には何をするの?

それでは「お彼岸」には
何をするのでしょうか?

大きく分けると2つ

・自分の生き方を見つめ直す
・ご先祖供養

ことがお彼岸にすることになります。

自分の生き方を見つめ直す

一般的に言われているのは

彼岸の中日にはご先祖様に感謝し

残りの6日間で
悟るために必要な6つの項目
(「六波羅蜜(ろくはらみつ)」)
を一日に一つずつ
実践していくということです。

それは

1.布施(ふせ):他人に親切にする
2.持戒(じかい):約束事を守る
3.忍辱(にんにく):耐え忍ぶ
4.精進(しょうじん):努力し続ける
5.禅定(ぜんじょう):常に動揺しない
6.智慧(ちえ):物事の真理を見極める

の6つの項目になります。

お彼岸にこの6項目を
意識して過ごして

今までの自分を振り返り
これからの生き方を見直す
機会としてお彼岸を過ごします。

ご先祖供養

ご先祖供養と言っても

お盆のように決まり事や飾りはなく

特別に何かをしなければいけない
ということはありません。

一般的にはお彼岸の前に

普段の生活でできない
墓や仏壇の掃除を丁寧にして
花やお供え物をします。

彼岸の中日前後にはには
お墓参りをすることが多いようです。

また仏壇にも手を合わせて
ご先祖様を偲んで
感謝の気持ちとともに拝みます。

スポンサーリンク

お彼岸に用意するものとお供えは?

お彼岸用意するものや
お供えは何がいいのかを
見ていきましょう。

お彼岸に用意するもの

特別なことをするわけではないので
特別なものを用意する必要はありません。

普段のお墓参りの時の準備と変わらない

・墓掃除をする道具
・線香やろうそく
・墓や仏壇に飾るお花
・墓や仏壇のお供え

などを用意すれば十分です。

ただお供えや飾るお花は
いつもより少しだけ豪華にする人が
多いようです。

他にはお寺の檀家さんの場合

お寺で行われる
「彼岸会(ひがんえ)」や合同法要に
参加される場合は

お布施や場合によってはお供えなどを
用意する必要があります。

お彼岸のお供え物

仏壇には普段より少しだけ
豪華にすることが多いようです。

お花は秋なら彼岸花などのように
季節の花や故人が好きだった花
などを飾ります。

あと精進料理や「あんこの餅」を
お供えすることが多いようです。

小豆には昔から邪気を払い
災難から守ってくれると
いわれてることから

あんこの餅をお供えするように
なったと言われています。

このあんこ餅は季節の花にちなんで

春は「牡丹餅(ぼたもち)」
秋は「お萩(はぎ)」

と呼ばれているんです。

牡丹餅やお萩に限らず
故人の好きだった果物や和菓子などを
お供えするのもいいですね。

私の住む長崎では
紅白の饅頭や米団子をお供えしています。

お彼岸とは?意味と何をするのか?用意するものやお供えを紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・お彼岸とは?どんな意味があるの?
・お彼岸には何をするの?
・お彼岸に用意するものとお供えは?

はあなたのお役に立てたでしょうか?

大自然に生かされ
ご先祖様のおかげで生きている

ことに対して
感謝の気持ちを持つための機会として
お彼岸を過ごしてみてはどうでしょうか?

墓参りをしてご先祖様に
感謝の気持ちとともに供養し

「お彼岸」が
自分の生き方を振り返る
よいきっかけになるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする