敬老の日とは?由来や意味と何歳からお祝いする?何をするの?

敬老の日 由来 とは 何歳から 何する

「敬老の日」って…
何の日なんでしょうか?

孫がおじいちゃんやおばあちゃんに
にプレゼントする日でしょ?

確かにそうですね。

私の子供も保育園で描いた
似顔絵をプレゼントして以来

毎年何かしらのプレゼントをしています。

ではなぜ「敬老に日」に
孫はおじいちゃんやおばあちゃんに
プレゼントするのでしょうか?

「敬老の日」はどんな日なんでしょうか?

きちんと答えられる人は少ないようです。

そこで今日は

・敬老の日の由来や意味は?
・敬老の日は何歳からお祝いするの?
・敬老の日は何をするの?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

敬老の日の由来や意味は?

「敬老の日」は法律で

「多年にわたり社会につくしてきた
老人を敬愛し、長寿を祝う」

日として休日なっていますが

もともとの由来は
何だったのでしょうか?

1947年(昭和22年)

現在の兵庫県多可町八千代区になる
多可郡野間谷村の村長が

「老人を大切にし、
年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」

と農閑期で気候も穏やかな
9月15日を「としよりの日」として

55歳以上を対象に「敬老会」をしたのが
「敬老の日」の始まりといわれています。

その後

1948年には

「としよりの日」村の休日に

1950年(昭和25年)には

兵庫県でも「としよりの日」が制定

1951年(昭和26年)には

現在の全国社会福祉協議会あたる
中央社会福祉協議会で

9月15日を「としよりの日」
9月15日~21日までの1週間を
「としよりの日」活動習慣に定める

というように
一つの村から始まった「としよりの日」が
全国にひろがっていきました。

1963年(昭和38年)には

老人福祉法が制定され

9月15日を「老人の日」
9月15日~21日までを「老人週間」と定め

1964年(昭和39年)には

「敬老の日」と改められ

1966年(昭和41年)には

「敬老の日」は
国民の祝日になりました。

他にも
「聖徳太子説」「養老の滝説」
とい2つの説があります。

敬老の日「聖徳太子説」

聖徳太子が四天王寺を立てたときに

敬田院:寺院
悲田院:身寄りのない人の施設
施薬院:薬局
療病院:病院

の四箇院も建てました。

今の老人福祉施設にあたる
悲田院を建立した日が

9月15日であるとし

「敬老の日」日の起源だという説

敬老の日「養老の滝説」

美濃の国にお酒好きの年老いた父親と
孝行息子がいました。

木こりである息子は貧しく
父親に満足するだけの
お酒を飲ませてあげることが
できませんでした。

仕事をしている最中
足を滑らせて谷間に落ちたときに
酒が流れる滝を偶然見つけ

その滝の酒を持ち帰って
年老いた父に満足できるだけの
お酒を飲ませてあげることが
できたのです。

この話を聴いた元正天皇は
その地に行き

めでたい兆しだとして

孝行息子に役職を与え
その滝の名前を「養老の滝」にちなんで
元号も「養老」と改めました。

この故事を元に

9月15日 全国的にお年寄りを招待して
敬老会が開かれるようになっていました。

それで9月15日を
「敬老の日」と定めたという説です。

もともとは9月15日に定められていた
「敬老の日」ですが

現在は2001年(平成13年)の
祝日法改正により

日にこだわらないでいい祝日は
近い月曜日をし祝日として
土日とともに3連休になるようにという

ハッピーマンデー制度の実施され

9月第3月曜日
{敬老の日」とされました。

ちなみに敬老の日は

2018年9月17日(月)
2019年9月16日(月)
2020年9月21日(月)
2021年9月20日(月)
2022年9月19日(月)

となっています。

敬老の日を第3月曜日に移すにあたり
多くの反対意見を受けたことにより

2001年(平成13年)
老人福祉法第5条を改正して

9月15日を「老人の日」
同日より1週間を「老人週間」

そして、その趣旨を

「国民の間に広く老人の福祉についての
関心と理解を深めるとともに、

老人に対し自らの生活の向上に
努める意欲を促す」

としました。

敬老の日は何歳からお祝いするの?

それでは敬老の日は何歳から
お祝いなどをするのでしょうか?

老人といえば還暦を迎える60歳から
と言う人が多いようですが

今どきの60歳って
ぜんぜんお年寄りに見えませんよね。

お年寄り扱いしようものなら
怒られてしまいそうです。

老人福地法で老人は「65歳以上の人

世界保健機構(WHO)でも
65歳以上高齢者としていることから

一般的には一つの目安を
65歳以上の方が敬老の日の対象と
考えていいと思います。

ただ地方自治体になどでは
敬老行事の対象年齢はまちまちで
70歳や75歳などというところもあります。

年齢による明確な線引きはないようですね。

一般的な意味で言う敬老の日は
年齢にこだわらず

今の平和な日本を築き上げてくれた
ご年配の方、目上の方を
敬い感謝する日と
認識すればいいのだはないでしょうか?

ご家庭では孫ができれば
たとえ40代だったとしても
自然とおじいちゃんやおばあちゃん
という役が付いてしまいますよね。

年齢など気にしないで
お孫さんから
おじいちゃんやおばあちゃんへの

感謝と健康の願いを込めた
言葉やメッセージ
プレゼントなどを贈って

お祝いすればいいのではないでしょうか?

「年寄り扱いしないで!」という
おじいちゃんやおばあちゃんも

心のこもったお孫さんからの
プレゼントなどをもらうと
きっと喜んでもらえますよ。

スポンサーリンク

敬老の日は何をするの?

それでは
「敬老の日」って何をするのでしょうか?

地方自治体などでは
対象者を「敬老会」などに招待して

仕出し弁当や出し物などで
おもてなししたり
記念品など贈呈したりします。

ご家庭ではどうなんでしょうか?

孫から手紙を贈ったり
プレゼントをして

おじいちゃんやおばあちゃんに

感謝の気持ちと
健康や長生きへの祈りを伝えます。

もし会いに行ける距離にいる
おじいちゃんやおばあちゃんなら

一緒に食事したりして
楽しい団らんの時間を過ごすことも
喜ばれると思います。

おじいちゃんやおばあちゃんは

自分のために集まってくれた

自分のことをちゃんと
気にかけてくれている

と思うだけでも嬉しいんですよね。

「いつも気にかけてるんだよ」
という気持ちを上手に
伝えてあげてくださいね。

敬老の日とは?由来や意味と何歳からお祝いする?何をするの?
まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・敬老の日の由来や意味は?
・敬老の日は何歳からお祝いするの?
・敬老の日は何をするの?

はあなたのお役に
立つことができましたか?

おじいちゃんやおばあちゃん

離れているとなかなかゆっくり
逢うこともできなかったり

そばにいても
ゆっくり心からの話が
できていなかったり

ってことになっていませんか?

「敬老の日」を機会に
普段伝えることができていない

感謝の気持ちや
健康や長生きして欲しいという願いを

きちんと伝えてみませんか?

きっと溢れるばかりの笑顔で
喜んでもらえるとますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする