中秋の名月とは?由来と今年はいつと何をするのかを紹介!

中秋の名月 とは 由来 いつ 何をするの

「中秋の名月」

秋の夜長のお月見

澄み切った空に浮かぶ綺麗な月を
ぼんやり眺めながら

忙しく過ごす日頃の喧噪から逃れて
ひと時の安らぎの時間を過ごしますか?

この「中秋の名月」って
どうして始まったのでしょうか?

そもそも「中秋の名月」っていつで
何をするのでしょうか?

けっこう知らないこと多いですよね。

そこで

・中秋の名月とは?その由来を紹介!
・中秋の名月は今年はいつなの?
・中秋の名月って何をするの?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

中秋の名月とは?その由来を紹介!

「中秋の名月」の意味は?
その由来はどこから
きているのでしょうか?

「中秋の名月」とは「十五夜」ともいわれ
旧暦の8月15日の月のことを言います。

中国には古くから
「望月(月を見る催し)」があります。

「中秋節」といわれる
陰暦の8月15日の名月の日には

月をかたどったと言われるお菓子
月餅(げっぺい)や瓜や果物
枝豆や鶏頭花を供えて
月見を楽しむ習慣がありました。

その習慣が平安時代に日本に伝わり

貴族の間で
酒杯や池に映した月を鑑賞して
歌を詠み管絃を楽しむ宴が
行われるようになりました。

風流な催しで
まだまだ庶民にはなじみのない
習慣でしたが

江戸時代に入ると

十五夜の日に芋煮を食べて
夜遊びをすることが一般的になり

江戸時代後期には

文机を祭殿にして

江戸では球形の
京阪ではサトイモの形をした

月見団子をお供えするようになった
という記録が残っています。

夏の収穫も終わり
収穫への感謝の気持ちや
秋の稲の豊作を月に祈る
お祭りも融合されたのが

「中秋の名月」のお月見の
始まりだとも言われています。

また「中秋の名月」を「仲秋の名月」と
書くこともありますが
この違いは何なのでしょうか?

旧暦では

春: 1月 2月 3月
夏: 4月 5月 6月
秋: 7月 8月 9月
冬:10月 11月 12月

とされており

「中秋」とは「秋」の「真ん中」
旧暦の8月15日のことを指します。

一方「仲秋」
「仲」は季節の真ん中の月を指す言葉で

「仲冬」といえば2月
「仲春」といえば5月
「仲冬」といえば11月

というように

「仲秋」といえば旧暦の8月の1ヶ月間
をさす言葉なんです。

旧暦8月1ヶ月間の月は「仲秋の月」
ということになりますね。

「仲秋の月」の中に一日に「中秋の月」
があるということです。

「名月」という言葉が
旧暦の8月15日の月を指すことから

ニュアンス的には
「中秋の名月」が
しっくりくるように思いますが

「仲秋」に「名月」を付けて
「仲秋の名月」となると
意味は通じますよね。

最近ではどちらも同じ意味

「仲秋」=「仲秋」

と使われることが多いようです。

中秋の名月は今年はいつなの?

「中秋の名月」は
旧暦の8月15日の月のことを言います。

旧暦の8月15日は

2018年 9月24日 月曜日
2019年 9月13日 金曜日
2020年 10月  1日 木曜日
2021年 9月21日 火曜日
2022年 9月10日 土曜日
2023年 9月29日 金曜日
2024年 9月17日 火曜日
2025年 10月  6日 月曜日
2026年 9月25日 金曜日
2027年 9月15日 水曜日
2028年 10月  3日 火曜日

になっています。

つまり今年2018年の「中秋の名月」は
9月24日 月曜日ということになります。

ところでお月見といえば「満月」
とばかり思っていましたが

「中秋名月」

実は満月ではないほうが多いんです。

その理由は

・新月から満月になる時間に誤差がある

地球の軌道や月の軌道は円ではなく
楕円になっているために

新月から満月になるまでの時間に
日数にしておよそ2日間の幅のずれが
できてしまいます。

・新月の含まれる日の時間に幅がある

「新月」が含まれる日を旧暦の1日
とするのですが

新月に

0:00になった日も
23:59になった日も

その日が1日になるんです。

つまりこれだけでも
約丸1日のずれができていまいます。

これらのことから
「中秋の名月」が必ずしも
「満月」にはならないんですね

また「中秋の名月」の日付も
秋分の日の前後半月(約1ヶ月)の

9月7日~10月8日

の間で変動します。

次に「中秋の名月」が満月になるのは
2021年になるんです。

スポンサーリンク

中秋の名月って何をするの?

「中秋の名月」

の日の十五夜のお月見

実際のところは何をするのでしょうか?

もともとは月の見えるところに
文机などで祭壇を作り

・ススキ
・月見団子
・サトイモ
・枝豆
・クリ

などを盛り付けて飾り
お酒を供えて

月を鑑賞しながら

夏の収穫に感謝し
秋の豊作を祈願しました。

今では農家の方だけでなく

今生かされていることや
日頃の仕事などのことへの感謝
未来への願いを

夜空を眺めながら月に祈ることが
今の「お月見」なんだと思います。

ススキは秋の七草の一つですが

秋の七草が揃うようであれば
全てを飾ります。

この時期に収穫されたばかりの
サトイモを飾るところから

「中秋の名月」を「芋名月」
と呼ぶ地域もあります。

近所の子供たちが
家の人に見つからないように
お供え物を盗ってまわり

お供えが盗られれば盗られるほど
豊作になると言われる

「お月見泥棒」という
風習が残っている地域もあるようです。

月見団子をお供えするのは
中国の月餅に習ったと言われていますが

うるう年には13個
ふつうの年には12個

飾るとされていました。

近年には

「十五夜」には15個
「十三夜」には13個

の月見団子を
お供えすることが多いようです。

「十三夜」とは
日本独自の習慣ですが

旧暦の8月15日から約1ヶ月後の
旧暦の9月13日を「十三夜」といい

もう一度お月見をする習慣があります。

旧暦の9月13日の月は
「後の月」とも呼ばれ

「十五夜」にお月見したら
必ず「十三夜」もお月見をするとされ

「十五夜」だけのお月見では
「片月見」といって避けるべきもの
と言われているんですね。

「十五夜」が「芋名月」と呼ばれるように
「十三夜」は「豆名月」「栗名月」
とも呼ばれることがあります。

中秋の名月とは?由来といつなの?何をするの?を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・中秋の名月とは?その由来を紹介!
・中秋の名月は今年はいつなの?
・中秋の名月って何をするの?

はあなたの
お役に立つことができましたか?

「中秋の名月」十五夜のお月見

月にはいろんなことを
浄化してくれると聞いたことがあります。

秋の澄み切った空気に中で
綺麗な「月」を見ながら

今に感謝して
将来の夢に想いを馳せる

そんなお月見を楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする