中秋の名月の月見団子の由来と数や並べ方と飾り方を紹介!

中秋の名月 月見団子 由来 数 並べ方 飾り方
中秋の名月
十五夜のお月見といえば

「月見団子」

お月見にはなぜお団子を
お供えしたり食べたりするのでしょうか?

お供えする数や並べ方の決まりや
他のものとお供えする時は
どういう位置で飾るのでしょうか?

けっこうわからないことが多いですよね。

そこで今日は

・中秋の名月の月見団子の由来は?
・月見団子の数と並べ方は?
・月見団子の飾り方は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

中秋の名月の月見団子の由来は?

中秋の名月
お月見にお供えする「月見団子」

なぜお供えするようになったのでしょうか?

日本人は米を主食にする前は
多くの地域でサトイモを
主食にしていました。

里芋は中秋の名月の頃には収穫が終わり
収穫祭として「お月見」が行われたんですね。

サトイモなどの収穫へのを感謝と
米など穀物類の豊作祈願のために

神様に収穫したばかりのサトイモを
お供えしたことが
月見団子の始まりだと言われています。

今でも西日本(京都など)ではお月見に
茹でたサトイモを
お供えする地域があります。

また関西地方で
とがった形の団子をお供えするのは
サトイモをかたどっているんですね。

とがった団子に泥付きの皮に見立た
こしあんをくるりと巻いて
飾るところもあるようです。

団子を月に、あんこを雲に見立てて
月が雲に隠れる様を表してる
とも言われています。

「十五夜」を「芋名月」といういわれも
そんなところから来たのかもしれませんね。

一方関東地方では
月に見立てた真ん丸の
団子を飾ることが多いようです。

真ん丸と言っても
お葬式の時に故人の枕元に飾る
「枕団子」を思わせないように

少しだけつぶして
楕円球にすることが多いようです。

また月は満ち欠けしますが
満ちた月の満月を縁起がいいものと考え

収穫への感謝や豊作祈願に加え
無病息災の祈りを込めて
お供えしたとも言われています。

また欠けては満ちる月を
生や不死の象徴として

月に見立てた団子を
健康で長生きできますようにと
願いを込めて食べていたんですね。

スポンサーリンク

月見団子の数と並べ方は?

お月見にお供えする月見団子
お供えする時に決まりはあるのでしょうか?

まずお月見団子をお供えする数と
お供えの仕方を見ていきます。

以前はその年に出た満月の数だけ
団子をお供えしてました。

うるう年には13回満月になるので
13個のお団子をお供えします。
下の段に9個(3×3)
上の段に4個(2×2)

うるう年以外の年には12回満月になるので
12個のお団子をお供えします。
下の段に9個(3×3)
上の段に3個

飾ることが普通でしたが
最近では

十五夜には十五夜にちなんで15個
下の段に9個(3×3)
真ん中の段に4個(2×2)
上段に2個(正面に向かって縦に)

そしておよそ一か月後の
一三夜には十三夜にちなんで13個
下の段に9個、上の段に4個

と並べます。

山のように積んで
ピラミッドのようにするのは
神様の世界に通じやすくするため

との意味もあるようです。

先ほども書きましたが
しずく型のように芋をかたどった形に
団子を作る地域もありますが

縁起を担いで
満月のように真ん丸にする場合に大きさは
十五夜にちなんで一寸五分(約4,5㎝)にします。

月見団子の飾り方は?

次に月見団子の飾り方です。

月見団子をお供えする器ですが

神事で使う
白木の「三方(さんぽう)」を使います。

「三方」というのは
折敷(おしき)と呼ばれる盆の下に
三方向に眼像(くりかた)と呼ばれる
穴が空いている台がついた器です。

「三方」に白い紙をしいて
お団子を並べます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産 ひのき■三宝・三方■8寸■神棚用 高級桧 神具
価格:2800円(税込、送料別) (2018/7/6時点)


「三方」がない場合は
お皿やお盆に白い紙を敷いて
月見団子を並べれば大丈夫です。

月見団子はお月さまが見える縁側や
床の間に文机などを置いて飾ります。

他の物と一緒に飾る場合
日本古来の考え方では
左側に上位の物を飾るようにします。

お月さまから見て

左側に自然の物
ススキや季節の野菜、果物など

右側に手づくりの物
月見団子などを飾ります。

ススキを真ん中に
左に季節の野菜や果物
右の月見団子を飾るようにすると
わかりやすいかもしれませんね。

ちなみにススキは
神が寄り付く対象物である
依り代(よりしろ)とされ

月の神様『月読命』(つくよみのみこと)
が宿ると言われていて

お供えをして

収穫への感謝とこれからの豊作祈願
無病息災をお祈りしたんですね。

中秋の名月の月見団子の由来と数や並べ方と飾り方を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・中秋の名月の月見団子の由来は?
・月見団子の数と並べ方は?
・月見団子の飾り方は?

はあなたの
お役に立つことができましたか?

最近お月見したことはありますか?

「月見団子は食べるけど…」

月見団子やススキを飾って
ゆっくりとお月見する機会は
減ってきていますよね。

今年の中秋の名月の日は

月見団子に込められた想いを感じて
月の神様『月読命』に
ゆっくりお祈りをする「お月見」の時間を
楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする