七五三の男の子は何歳でする?数え年と満年齢はどちら?衣装は?

七五三 男の子 何歳 数え年 満年齢 衣装

子供の成長を祝う七五三

男の子が2歳になる頃は
そろそろ七五三が気になりますね。

男の子は5歳にお祝いするの?
数えの年にする?満年齢?
服装は何を着せればいい?

などなど

いざとなるとわからないことだらけで
悩んでいませんか?

そこで今日は

・七五三で男の子は何歳でするの?
・七五三は数え年と満年齢どちらでするの?
・七五三の男の子の衣装は?

について書いてみたいと思います。

この記事が男の子の七五三に悩む
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

七五三で男の子は何歳でするの?

七五三は7歳、5歳、3歳の子供の
成長を祝う行事です。

もともとは関東地方で行われていた
風習でしたが

次第に全国で行われるようになりました。

昔は食糧事情や衛生面
医療技術も今ほどではないために

7歳まで育つのは大変な事だったそうです。

そのために3歳。5歳、7歳に
そこまで育ってくれたことへの感謝と
これからも元気に育つようにと祈願したのが
始まりだと言われています。

今では「七五三」と呼んで
7歳、5歳、3歳で同じように
神社やお寺にお参りしていますが

もともとはそれぞれの年齢で行う
別々の行事だったんです。

七五三発祥の地と言われる関東地方では

三歳:髪置きの祝い

江戸時代には子供は3歳までは
髪を剃って衛生的にして
病気かからないようにする
という習慣がありました。

その剃る習慣を終えて
髪を伸ばし始めるというのが
髪置きの祝いという行事になります。

数え年の3歳(満年齢2歳になる年)
にしていました。

主として女の子のお祝いでしたが
男の子が行うこともありました。

五歳:袴着の祝い

初めて袴を着るという
男の子の行事です。

数え年の5歳(満年齢4歳になる年)
に行っていました。

七歳:帯解きの祝い

女の子が幅の広い大人の帯を
使い始める行事です

数え年の7歳(満年齢6歳になる年)
に行われていました。

女の子は3歳と5歳でお祝いをし

男の子は5歳
まれに3歳でもお祝いをしました。

今では男の子も3歳でも普通に
お祝いをすることが多いようですね。

七五三の男の子は何歳でするの?
の答えとしては

男の子がお祝いをするのは5歳。
最近では3歳でもする
男の子が増えている。

ということになります。

七五三は数え年と満年齢どちらでするの?

次に出てくる疑問は七五三のお祝い

数え年でするなら今年
満年齢でするなら来年なんだけど…

「数え年」でするの?
「満年齢」でするの?

ということですね。

そもそも「数え年」と
「満年齢」の違いはなんでしょうか?

「数え年」とは

産まれてから何年の暦年に関わったかの
年数を数える数え方です。

産まれた年が
初めて関わる暦年なので1歳。

初めて正月(1月1日)を迎えると
暦年で関わるのが2年目になるので
2歳になります。

簡単に言うと産まれた年が1歳。
お正月を迎えると2歳。
それからお正月を迎えるごとに
1歳ずつ年を数えていきます。

この数え年は明治以前に使われていた
年齢の数え方です。

現在では一般的に

産まれた日から最初の誕生日までは0歳
最初の誕生日に1歳になり
以降誕生日ごとに1歳づつ増える

「満年齢」が使われていますね。

昔からの風習で行われる行事は
「数え年」で行われる場合が多いのですが

七五三ももともと「数え年」で
行われていた行事です。

今でも地方によっては「数え年」で
七五三をお祝う地域がありますが

一般的には「満年齢」で
祝うご家庭が多いようですね。

3歳のお祝いをする場合

産まれる日によっては
満年齢が2歳に満たないうちに
お祝いすることになってしまいます。

七五三を祝う11月15日頃の寒い時期に
衣装を着たりお参りしたりと
子供にも無理をさせたり
親も大変だったりするのも

「満年齢」でお祝いするようになった
理由のようですね。

「数え年」でするの?
「満年齢」でするの?

の答えてしては

「どちらで祝ってもいい」

ということになりますが

近年では「満年齢」で
お祝いする家庭が多い
ということですね。

また

上の子が「満年齢」で
下の子が「数え年」で
というように

兄弟姉妹で一緒に
七五三のお参りするように
合わせる家庭もあるようです。

子供の生まれた日や地域性
兄弟との兼ね合わせ
お参りする時期などを考慮して

「数え年」でお参りするか
「満年齢」でお参りるかを
決めればいいと思います。

スポンサーリンク

七五三の男の子の衣装は?

次に気になるのは
七五三のお参りの衣装。

どんな衣装でお参りするのでしょうか?

5歳の男の子

男の子5歳は「袴着の祝い」と言われる
袴を初めて着るというお祝いなので

黒の紋付に袴を着ます。

最近では絵柄の入った
羽織を羽織ることも多いようですね。

3歳の男の子

5歳の男の子同様に
袴を着せることが多いようです。

最近では
きつくなく動きやすい
スーツ姿の男の子も多く見られます。

また締め付けることもなく
着ている子供も袴より楽で

着せやすいというメリットで

防寒着も兼ねた被布(ひふ)
着物の上から着せることもあります。

お宮参りの時に着た着物に兵児帯を結び
上から被布を着せます。

被布(ひふ)は3歳のお参りでしか
着ることがなく

愛らしいこともあり人気ありますね。

5歳、3歳の男の子はやんちゃな頃。

一日中着物や
紋付き袴姿でいると

着崩れしたり、
汚してしまわないかと心配になりますね。

記念写真の前撮りだけ着物や紋付き袴で
お参りの時はスーツ姿でとか

着物や紋付き袴でお参りして
お食事会前にスーツに着替えるなど

の工夫をしているご家庭も多いようです。

七五三の男の子は何歳でする?数え年と満年齢はどちら?衣装は? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・七五三で男の子は何歳でするの?
・七五三は数え年と満年齢どちらでするの?
・七五三の男の子の衣装は?

はあなたのお役に立てましたか?

男の子の七五三は

5歳でお参りします。

最近では3歳でもお参りする方も多く
なっているようですね。

いずれにしても誕生日や地域性
家庭の事情などを考慮して
決めてあげてくださいね。

服装も

3歳の男の子は着物に被
5歳の男の子は紋付き袴に羽織り

にこだわることなく
場合によってはスーツ姿でも
いいと思います。

お孫さんの成長を楽しみにしている
ご両親にも一度ご相談してみては
いかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする