七五三の由来と意味や参拝するのはいつ?千歳飴の由来や意味も紹介!

七五三 由来 意味 参拝 いつ 千歳飴

うちの子供もそろそろ
七五三のお参りする頃なんだけど…

七五三て
3歳、5歳、7歳でお宮参りするだけでしょ?

ってなんとなくわかっているつもりの
ことって多いですよね。

七五三で神社にお参りする
由来や意味はご存知ですか?

いつお参りするの?
なぜその日なの?

「七五三」にはなぜ「千歳飴」
を食べるの?

なぜ七五三のお参りの後に
「千歳飴」を
配ったりするのでしょうか?

けっこう知らないことが多いですよね。

子供の七五三。

七五三の意味を知ってお参りすると
より実感がわきませんか?

そこで今日は

・七五三の由来と意味は?
・七五三の参拝はいつなの?
・千歳飴の意味と由来は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

七五三の由来と意味は?

男の子は3歳と5歳
女の子は3歳と7歳

歳の成長を祝って神社やお寺にお参りする

「七五三」

なぜ3歳、5歳、7歳で
お参りするようになったのでしょうか?

その由来と意味をみていきたいと思います。

七五三の起源は

平安時代の頃も鎌倉時代とも
言われていますが

江戸時代に入り
関東地方で一般的に
行われるようになりなりました

後に大坂、京都へ
そして全国に広まったと言われています。

昔は

・食料不足や栄養不足
・医療面も現代のように発展していない
・衛生面も今のように整っていない

ことに加え経済状況などが原因で
子供が成長して大きくなるのは
とても大変な事でした。

そこで3歳、5歳、7歳の節目の年に

神様に
無事成長してくれたことへの感謝と
これからも元気ですくすく育ちますように
と祈願するようになったんですね。

そしてそれぞれの歳で
お祝いする意味がありました。

3歳:髪置きの祝い

昔は衛生面から赤ちゃんの頃は
髪の毛をそって過ごしていたと
言われています。

その髪の毛を3歳から
伸ばし始めるというお祝いでした。

主に女の子のお祝いだそうですが
男の子でもお祝いする子もいました。

5歳:袴着のお祝い

男の子が初めて袴を着るお祝いです。

7歳:帯解きのお祝い

女の子が子供用のひも付きの着物から

腰紐を使ってきつけをして
大人用の帯を結ぶようになるお祝いです。

男の子は5歳(まれに3歳も)で
女の子は3歳と5歳で

七五三のお祝いをしていましたが

最近では男の子も3歳でもお参りする
ご家庭も増えてきているそうです。

もともとは「数え年」で
お参りしていましたが

今は満年齢でお参りすることが
多くなっているようですね。

「数え年」とは
産まれた年を1歳と数え
初めてお正月(1月1日)を迎えると2歳
以降お正月を迎えるごとに1歳ずつ数える
歳の数え方です。

実際には「数え年」「満年齢」
どちらでお参りしても大丈夫です。

七五三のお参りの日は
神社や寺に親子で参拝し

ご両親や親戚
日頃お世話になっている人などに
内祝いの赤飯や千歳飴などを持って
あいさつ回りをしたり

あいさつ回りの代わりに
お招きしてお祝いの席を設けたりします。

最近は結婚式の披露宴のように
ホテルの豪華な会食をする
地方もあるようです。

七五三の参拝はいつなの?

それでは七五三のお参りは
いつするのでしょうか?

お米の収穫が終わる旧暦の11月

旧暦の15日は
七五三の縁起の7と5と3を足した
縁起のいい日とされていたので

旧暦の11月15日に

神様に収穫への感謝と
翌年の豊作祈願を兼ねて

子供の成長への感謝と
これからも無事に成長するようにと

氏神様にお参りしていましたが

明治時代に旧暦が新暦に変わってからは
新暦の11月15日に
お参りするようになりました。

今では11月15日にこだわらず
11月の土日祝日や大安の日などに
お参りする人も多くなっています。

寒い地方では11月は
寒さが厳しくなり始めることから
10月にお参りする地域も多いようです。

スポンサーリンク

千歳飴の意味と由来は?

御祈祷してもらった神社から頂いたり
七五三のあいさつ回りで配ったりする

七五三の「千歳飴(ちとせあめ)」

千歳飴にはどんな意味と
由来があるのでしょうか?

千歳飴の発祥の地は
江戸時代の浅草寺という説と

大坂の商人が江戸に出て売り出した
という説があります。

「千年」という名前で売り出され
評判となった飴は

子供に長生きを願う親の想いと
「食べると長生きする」
と売り出された飴が

七五三の「千歳飴」
につながったんですね。

今は千歳飴と言えば
不二家のミルキーが多いようですが

本来の千歳飴は

もち米を麦芽で糖化させて
紅白に色付けした棒状の飴です。

千歳飴には

・直径15mmくらい
・長さ1mまで

という決まりもあるんですね。

子供が長く生きれますようにと
親の想いが込められた細長い形状に

縁起がいいとされる
紅白の色が付けられています。

千歳飴は七五三のお参りのお土産として
あいさつ回りで内祝いの赤飯と一緒に
配る習慣があります。

鶴亀や松竹梅などの
長生きや健康を意味する
めでたい絵柄がついた

長い化粧袋に入れらて
縁起物として売られています。

この袋にも子供に
元気で長生きして欲しいという
親の子供への想いが託されていたんですね。

七五三の由来と意味や参拝するのはいつ?千歳飴の由来や意味も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・七五三の由来と意味は?
・七五三の参拝はいつなの?
・千歳飴の意味と由来は?

はあなたのお役に立てましたか?

子供の成長に感謝して
これからも
元気ですくすく育ちますようにと祈る

「七五三」

子供に元気で長生きして欲しいという
親の想いが託された

「千歳飴」

由来や意味は分かって頂だけましたか?

由来や意味を知ると
「七五三」のお参りを通して

子供の成長に心から感謝できる
気がしませんか?

いつの時代も親が子を想う気持ちは
変わりませんよね。

子供の成長を
しっかりお祝いしてあげたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする