さんまが美味しい!選び方と焼き方 綺麗な食べ方を紹介!

さんま 美味しい 選び方,さんま 焼き方 美味しい,さんま 綺麗な食べ方

秋の代表的な魚といえば秋刀魚(さんま)

脂のったサンマは
お刺身でも美味しいですよね。

定番で言えば

綺麗な焼き目の塩焼きにして
大根おろしとレモンやスダチを添えて…

内臓のほろ苦さがまた格別ですね。

お魚屋さんに並ぶサンマ

美味しいさんまの選び方
ってなかなか知らないですよね。

美味しい焼き方や
綺麗な食べ方に興味ありませんか?

そこで今日は

・美味しいさんまの選び方
・さんまの美味しい焼き方
・さんまの綺麗な食べ方

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

美味しいさんまの選び方

さんまの旬は9月~10月

8月末から北海道の東側で
水揚げが始まり

徐々に三陸沖まで南下していきます。

この頃に水揚げされるさんまは
サイズも大きく脂ものっていて
お刺身としても美味しくいただけます。

10月中旬以降も
さんまは南下を続けて

伊豆半島で水揚げされる頃には
サイズもだいぶ小ぶりになって
脂ののりも減ってきます。

この頃に取れるさんまは
主に加工品として使われます。

それでは美味しいさんまの見分け方
ってあるのでしょうか?

まずはさんまに限らず
新鮮な魚の見分け方としては

・濁っていない澄んだ目をしている
(目が血走ったりしてあかくなっていない)
・表面に艶と弾力がある
・お腹の部分が張っていて適度な硬さがある
・内臓が飛び出していない
・えらが綺麗な赤い色をしている
・生臭さくない

などがあげられます。

またパックなどに包装されている場合

冷凍した食材を解凍して時に出てくる
赤く透明なドリップ液が出てこないか

パックを傾けて確認することも大切です。

新鮮な秋刀魚の見分け方のポイントは
上記の新鮮な魚の見分け方にプラスして

・口先がほんのり黄色い
・頭から背部にかけて盛り上がり厚みがある
・太めのものが脂が乗っている
・背の部分は黒々、お腹には銀色の光沢がある
・垂直に持ってもピンと立っている

などです。

冷凍ものを解凍したものを「ヒネモノ」
と呼ぶそうですが

最近は冷凍技術が発達していて
素人目にはなかなか
生の秋刀魚との見分けが
つきにくくなっています。

スーパーなどでは「新物」「新さんま」
書かれているものを選んでくださいね。

さんまの美味しい焼き方

秋刀魚の味をシンプルに楽しめるのは
やっぱり塩焼きですよね。

その塩焼きを美味しく作る
コツを見ていきましょう。

まずは下ごしらえから

1.ウロコを包丁でしっぽのほうから落とす

2.流水でサッとウロコや汚れを洗い落す

3.20㎝ほど上から塩を両面に均等にふる

高い位置から塩を振ることで
塩が均等になりやすい。

4,10分ほどしてから表面の水分を拭きとる

10分くらい置くことで
塩味がなじみ
生臭みが取れます。

5.1匹丸ごと焼けない場合は半分に切る

6.もう一度軽く塩を振る

肛門のところから
斜めに半分に切ると内臓がでない。

7.包丁目を入れる

包丁目を入れることで
早くきれいに焼けます。

8.焼く前に料理酒をスプレーで全体にかける

焼く前に日本酒をかけることで
さんまの身がふっくらに焼き上がり
小骨も気にならなくなります。

ここまでが下処理になります。
この後実際に焼いていきます。

グリルで焼く場合

・しっぽが焦げないようにアルミホイルで巻く
・皮がつかないように網をしっかり熱しておく
・裏面を上にして焼く
・表面を焼く(何度も返さないこと)
・包丁目から透明な焼き汁が
出てきたら焼き上がりです。

フライパンで焼く場合

・フライパンを十分に温める

フライパンを十分に温めることで
さんまの皮がくっつかなくなります。

・中火で先に裏面を上にして焼く
・早く焼けるようにフライパンには蓋をする
・フライパンに溜まった油は
こまめにペーパータオルで拭き取る
・焼き目がしっかり付いたらひっくり返す

へらなどで返すと
身崩れしにくいですね

・包丁目から透明な焼き汁が
出てきたら焼き上がりです。

七輪で焼く場合

・焼く前に焼き網を十分熱しておく
・さんまは表面から焼く

遠火の強火になるように
炭の量や網の高さを調整します。

・裏面を焼く

表面が焼けて程よい焦げができたら
裏面を焼きます。

何度もひっくり返さないことが大切です。

・さんまの脂で火が上がったら
うちわで素早くあおいで火を消す。

火で焼くと
焼きむらができたり焦げ過ぎたりします。

きれいに焼けたら大根おろしに
レモンやスダチを添えて盛り付けます。

スポンサーリンク

さんまの綺麗な食べ方

さんまを食べるとき
いつも骨と身がぐちゃぐちゃになって
綺麗に食べれない…

と美味しいさんまを
ついつい敬遠してしまいがち

って言う人も結構いるんですよね。

さんまはちょっとコツを覚えるだけで
きれいに美味しく
食べることができるんです。

それではさんまをきれいに
食べる方法を紹介していきますね。

焼く前の一工夫

・さんまを横にしておきます

・頭からしっぽにかけて
真ん中の背骨に沿って包丁で切れ込みを入れます

・縦方向にも3~4本切れ目を入れます。

・裏面にも同じように包丁を入れます。

・焼きあがると切れ目ごとにきれいに身が取れます。

焼かれたさんまの場合

・さんまを横にしておきます。

・頭からしっぽにかけて
さんまの背骨に箸を垂直に入れて
上身と下身を分けるように開いていきます。

・上身をゆっくりさんまから離します。

・下身もしっぽ側から慎重に
中骨に小骨がくっついたまま
内臓も残したまま離していきます。

・しっぽを持って中骨を慎重に持ち上げて
下の面の身からはずしていきます。

・中骨に小骨、内臓、頭を付けたまま
下の面の身から離します。

頭、中骨。小骨、内臓と身を
きれいに分けることができます。

最初はコツをつかむまで
少し時間がかかるかもしれませんが

慣れれば簡単に身を分けることが
できるようになります。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

さんまが美味しい!選び方と焼き方 綺麗な食べ方を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・美味しいさんまの選び方
・さんまの美味しい焼き方
・さんまの綺麗な食べ方

はお役に立つことができましたか?

秋の味覚の代表ともいえる「秋刀魚」

美味しいだけでなく
体にいい栄養素もたっぷり入っています。

脂ののったサンマは

ご飯のおかずのも
お酒のおつまみにも

ぴったりですね。

この記事を参考に
秋が旬の秋刀魚を堪能してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする