バーベキューで炭火のおこし方とおすすめをレビューしてみました!

バーベキュー 炭火 おこし方 おすすめ レビュー

夏になると

家族で気の合う友達と
バーベキューをする機会が増えますよね。

そこで気になるのが
「炭火をおこすこと」

バーベキューは何度も招待してもらって
楽しんでいましたが

この「炭火を起こすこと」が大変!

だと思って
自らすることはありませんでした。

でも

固形燃料に火をつけて
ビールを1本飲み干す頃には
炭火が燃え盛っている…

夢のようなことができたんです。

そこで今日は

・バーベキューで炭火のおこし方は?
・炭の火起こしでおすすめは?
・炭の火起こしのレビューしてみました!

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

バーベキューで炭火のおこし方は?

バーベキューは「火おこし」が大変で
ある意味 男の腕の見せ所
でもあるんですね。

いかに早く炭火を起こせるかで
お父さんの威厳が保てたり…

そのバーベキューの
炭火の主な起こし方を見ていきましょう。

・新聞を使う方法

1.棒状にひねった新聞紙を
コンロに敷いた厚さの薄い炭の上に
井の字状に組んでいきます。

2.新聞を囲むようにその周りに
炭を立てて並べます。

3.新聞の上に炭を1,2個置いて
新聞の下から火をつけます。

※うちわであおいだり炭を動かさない
ようにすることが大切です。

・着火剤を使う方法

1.バーベキューコンロの上で
大き目の炭を並べて
着火剤をチューブから直接ぬります。

2.着火剤に火をつけて
炭を井の字状に積み上げます。

※火がついてる時に着火剤を追加すると
飛び散る危険があるので追加しないこと。

3.うちわであおいで
火が起きやすいようにする。

4.火が起きて安定したら
新たな炭を追加していきます。

・バーナーを使う方法

1.バーベキューコンロの上に
小さめの炭を筒状に積み上げます。

2.バーナーで炭の空洞のほうから
炭を燃やしていきます。

3.中心部に火がついたらうちわであおぎ
炎が上がったらあおぐのをやめ
を繰りかえして全体に火がついたら
炭をコンロに広げます。

・火起こし器を使う

この方法が今回おすすめの
炭おこしの方法になります。

詳しくは次章以降で紹介しますね。

スポンサーリンク

炭の火起こしでおすすめは?

「火おこし器」を使うと
本当に簡単に炭火をおこすことができます。

今回私がおすすめする炭おこし器は

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

です。

この炭おこし器の一番のおすすめは

「火消しつぼ」も兼ねている
というところなんです。

バーベキュー後の炭の後片付けも
簡単で安全にできます。

消化後の炭は再利用ができて
経済的にもいいですよね。

そのまま炭を入れて置けるので
炭の保管にも使うことができます。

使用方法は

・火おこし方法

1.バーベキューコンロの上に
新聞紙を丸めて置き
その上に本体を安定よく置きます。

2.本体の中に炭を立てて入れます。

3.下からライター等で新聞紙に着火します。

4.火が起きて火力が安定したら
火ばさみで炭を
バーベキューコンロに移します。

・火消し方法

1.本体の底にふたをはめ
2か所のフックを固定します。

2.火ばさみで本体の中に
使用後の炭を入れます。

3.上のふたをして
2か所のフックを固定します。

4.本体が冷めたらふたを開けて
炭の消火を確認してください。

炭おこしも後始末も
簡単すぎると思いませんか?

それも
「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

1台でできちゃうんですよ。

こんなに簡単でいいの?
ほんとうに簡単なの?

と疑い深い私は実際に購入して
ほんとうかどうか確認してみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150
価格:3522円(税込、送料無料) (2018/7/21時点)

炭の火起こしのレビューしてみました!

実際に購入した
「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

箱には使用法や注意事項などの説明が
しっかり描かれています。

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

【仕様】
・サイズ:
(約)幅190×奥155(ハンドル折畳み時)×高260㎜
・材質:スチール
・容量:(約)1.5㎏

中国製になっています。

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

上下のふたを外して
「火おこし」として使い

上下のふたをフックでしっかりとめて
「火消し」として使います。

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

炭を本体に立てに並べます。
あまり詰め過ぎないのがポイントです。

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

説明書では火種に
新聞紙を使用することになっていますが
今回は固形燃料を使用しました。

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

固形燃料に火をつけ
本体を固形燃料の上に置きます。

後はただ待つだけ…

ビールを飲みながら待つこと10分ほどで
本体の上部に火が見えてきました。

この後5分ほどで
活きよいよく燃えだしました。

が…この後の感動して写真を撮り忘れました。

すみません。

簡単に炭火おこしができる!
は本当でした。

この後2時間ほどバーベキューを楽しみ
バーベキューコンロの炭の大きな塊を

底のふたをした本体に入れると
30分ほどで本体も冷たくなっていました。

中を確認すると
炭の火が本当に消えていました。

バーベキュー 炭火 おこし方 おすすめ レビュー

1回の使用で本体はこれくらい変色します。

それにしても
簡単すぎる「炭火おこし」と「火消し」

炭火ライフが本当に
身近なものになりました。

バーベキューで炭火のおこし方とおすすめをレビューしてみました! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・バーベキューで炭火のおこし方は?
・炭の火起こしでおすすめは?
・炭の火起こしのレビューしてみました!

はあなたのお役に立てましたか?

炭火を起こすのは大変だと
思っていた私は

「グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ」

購入したことで

炭火おこしって簡単じゃん!
いつでもバーベキューできるぞ!

となってしまい

バーベキューが
かなり身近なものになりました。

バーベキューだけでなく

焼き鳥にサザエや牡蠣焼き
秋はさんまの塩焼きにと

炭火が活躍してくれそうです。

七輪も買おうかな…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする