結婚式の服装 20代女性のマナー 靴やアクセサリーのマナーも紹介!

結婚式の 服装 20代 女性 マナー 靴 アクセサリー

結婚式シーズン
お呼ばれすることも
多くなるともいますが

中には…

友人の結婚式があり
産まれて初めて結婚式に招待された。

でも初めてのことなので
何を着て参加すれば
いいのかもわかりません。

なんて悩む人20代前半の
女性も少なくないようです。

結婚式の服装で
恥ずかし思いをしないためにも

マナーはしっかり覚えておきたいですね。

そこで今日は

・結婚式の服装 20代女性のマナーは?
・結婚式の服装のマナー 女性の靴は?
・結婚式の服装のマナー 女性のアクセサリーは?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

結婚式の服装 20代女性のマナーは?

結婚式のに初めてお呼ばれした。
どんな服装で行けばいいの?

初めての結婚式
どんな服装で参加すればいいのでしょうか?

一般的には
単色無地フォーマルなドレス
参加することが多いようです。

最近はカジュアルな結婚式には
バイカラーのドレス
着用する女性も増えてきているようです。

素材やデザインが上品なら
華やかなブラウスと組み合わせた
パンツスタイルも可能ですが

パンツスタイルで参加する女性は
全体の10%にも満たないくらいです。

チャイナドレスなど
着物や洋装以外の民族衣装や
リクルートスーツはNGになります。

ドレスのデザイン

結婚式、披露宴が
昼にあるか夜にあるかによって

選ぶドレスが違ってきます。

・結婚式、披露宴が昼にある場合

基本的には袖ありのドレスを着用します。

袖なしのドレスを着る場合は
ボレロショールを羽織るようにします。

胸元が大きく開いたドレスや
背中が大きく開いたドレス
深井スリットが入ったドレスなど

露出が多いものは避けるようにします。

ドレスの丈丈は膝が隠れるくらいから
最低でも膝上5㎝くらいまで目安にします。

・結婚式、披露宴が夜にある場合

袖のない肩が出るドレスなど
露出が多いドレスでも大丈夫です。

挙式にする場合は
ボレロやショールを羽織って
肩を隠しておきます。

ドレス丈はロングでも大丈夫ですが
膝が隠れるくらいから
最低でも膝上5㎝くらいを目安にします。

ドレスの生地

結婚式の招待された時に着るドレスは
透けない生地の物を選びます。

素材はシルク
シルクに似せたポリエステルなどの化繊

生地は
サテン・シャンタン・タフタ・シフォン
オーガンジー・レース・ベルベット・ベロア
ジョーゼット

寒くなる10月から2月には
ベルベットベロアでも大丈夫です。

ドレスの色

白は花嫁の色と言われているので

白や白にみえる薄いピンクやベージュは
場にふさわしくありません。

白っぽく見える色以外なら
特別に何色を選んでも大丈夫です。

ただし黒のドレスを選ぶ場合は
注意が必要になります。

靴や小物まで全身黒にするのは
不祝儀を連想させてしまうので

ボレロやショールなどの羽織り
コサージュやバック、靴の色を
アクセントになる色にするなど

工夫する必要があります。

おすすめはネイビー
深みのある
ワインレッドダークグリーンです。

ネイビー・ロイヤルブルー
サーモンピンクなどは

季節を問わず着れますし

寒い季節に
薄いブルーペパーミントグリーン
パステルカラーのドレスも
いいかもしれませんね。

結婚式に招かれて着るドレスは
本来なら1色で無地が望ましく

フォーマルの場での着こなしでは
色を多く使いません。

全身を2色

ポイントやアクセントになる
挿し色を入れても
3色以内でまとるのが理想です。

結婚式に着るものでNGなのは

・プリント柄
・アニマル柄
・カラー刺繍が入っている

また毛皮やファー素材の物も
「殺生」イメージさせることから
結婚式に身につけるものとしては
ふさわしくありません。

20代であれば
ノースリーブのドレスに
ボレロやショールを羽織れば
若々しく清楚に見えていいですね。

長く使うことを考えると
濃いめの色合いで
長袖で一枚で着れるもののほうが
いいかもしれません。

結婚式の服装のマナー 女性の靴は?

本来のマナーコードでいば

靴はドレスと同布同色

ということになりますが
そこまでこだわる必要はありません。

一般的にはヒールが5㎝以上
パンプスを履くことが多いですね。

ただしつま先が空いた
オープントゥのパンプス
カジュアル過ぎるので控えます。

同じ理由で
サンダル、ミュール、ブーツなどは
履かないようにしましょう。

NGな靴としては
爬虫類やバックスキンのを使用している靴
履かないようにします。

ストッキングは
ナチュラルカラーベージュ系
ストッキングを合わせます。

最近では
ラメ入りのストッキングや
プチジュエリーのストッキングなどは
も履かれているようです。

素足や網タイツ
全体に柄が入っているストっキングは
避けるようにしましょう。


スポンサーリンク

結婚式の服装のマナー 女性のアクセサリーは?

結婚式のドレスに合わせる
アクセサリーはどのようなものが
いいのでしょうか?

アクセサリーも昼と夜では
選ぶアクセサリーが変わってきます。

昼身につけるアクセサリ―

首元が淋しく見えるようでしたら

昼間ならパールなどのキラキラ光らない
アクセサリーを身につけます。

もちろん本物でなくても
イミテーションでも大丈夫です。

パールのネックレスは
今後も使う機会も多いかと思いますので

1つは持っておいたほうが
いいかもしれませんね。

コットンパールは
カジュアルすぎるとの意見もありますが

デザインによっては大丈夫です。

パール以外にも

サンゴ、ヒスイ、トルコ石、ムーンストーン
メノウ、ラピスラズリなどの

キラキラ光らない石の
アクセサリーなら大丈夫です。

夜身につけるアクセサリー

夜は輝きのあるアクセサーリーは
きらびやかなイメージの

ダイヤやゴールドなど

キラキラ光るアクセサリーを選びます。

NGなアクセサリーとしては

・生花:花嫁と被る可能性がある
・腕時計:時間を気にするのはNG
・揺れるピアスやイヤリング
「結婚生活が揺らぐ」などを連想させる

などがありますので気をつけましょう。

結婚式の服装 20代女性のマナー 靴やアクセサリーのマナーも紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・結婚式の服装 20代女性のマナーは?
・結婚式の服装のマナー 女性の靴は?
・結婚式の服装のマナー 女性のアクセサリーは?

はあなたのお役に立てましたか?

初めてお呼ばれの友達の結婚式

ちゃんとマナーを守った服装で
結婚式の華を添えて

心からの祝福をしてあげたいですよね。

想い出に残る結婚式になるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする