鍋ダイエット効果があるの?方法と具材・味付けは?食べる量は?

「鍋ダイエット」って聞いたことあるけど…
本当に効果あるのかな?

今までいろんなダイエットに挑戦してきたけど、
どれも続かなくて…

「鍋ダイエット」したら、
よけいに太っちゃったって話も聞くし…

ダイエットって大変!と思っていませんか?

「鍋ダイエット」ってポイントをきちんと押さえれば、

ダイエットに最適な料理なんです。

身体を芯から温めてくれるし、
自然と痩せ体質にもなれるんですよ。

芸能界でも

・倖田來未さんが産後16キロのダイエットに成功
・土屋アンナさんが妊娠中から「妊婦鍋」で体重管理
・MEGUMIさんが胸のサイズそのまま1か月で5キロ痩せた

など、多くの方が実践して成功しているんです。

いろんなダイエットに挫折して自信を無くしてるあなたも、
きっと「鍋ダイエット」なら無理なくチャレンジできます。

そんな「鍋ダイエット」の効果や方法などを紹介しますね。

スポンサーリンク

鍋ダイエットは効果あるの?

鍋 ダイエット

「鍋ダイエット」の特徴は、
低カロリー、抵糖質なのにバランスよく栄養が取れること。
たくさんの野菜やキノコ類を食べれること。

サラダでそんなに食べれない野菜の量も、
鍋で湯でることでたっぷり野菜を食べることができます。

野菜をたっぷり食べれることで、
食物繊維やダイエットに必要なビタミンミネラルを
多く吸収できることになります。

食物繊維をたくさん摂ることにより、
便秘が解消され腸の調子もよくなりますよね。

アツアツの鍋を食べることにより身体が芯からあたたまり、
代謝が上がり血行もよくなります。

便秘解消、血行が良くなることにより美肌効果も期待できます。

鍋ダイエットの方法と最適な具材は?

鍋 ダイエット

「鍋ダイエット」の方法は簡単。
1日の食事の1食~2食に鍋を食べるだけでいいんです。

お仕事で朝や、昼はちょっと難しいという方は、
夜だけでもじゅうぶん効果はあります。

寝る3時間前までに食事を済ませることができれば、
なお効果的ですね。

あと鍋を食べる以外の食事では、脂質、糖質を
取りすぎないように注意してくださいね。

おすすめ具材は

低カロリーで食物繊維やビタミンが豊富な
・キノコ類
・白菜
・長ネギ
・ほうれん草
などはたっぷりと食べたいですね。

低カロリー、高たんぱくの
・豆腐
・鶏のささみ、むね肉
はしっかり食べましょう。

鶏肉の皮は脂質が多いので、さけたほうが無難です。

低糖質の、高たんぱくの
・魚介類
・牛肉
・豚肉
も、もちろんおすすめ具材です。

ただ、バラ肉などの脂身の多い肉よりも、
赤身の肉を選ぶようにすると効果は高くなります。

練り物も避けたほうがいい具材です。

マロニー、葛切り、春雨なども麺類と一緒で
高糖質の炭水化物なので、ひかえてくださいね。

もちろん鍋の最後の雑炊やうどんなどの麺類は
太る原因になるので食べないようにしてください。

鍋 ダイエット

スポンサーリンク

食べる量は特に制限する必要はありませんが、
無茶食いするまで食べることはしないでくださいね。

腹八分を意識してください。

どうしても食べすぎが気になる方は、
1人用の鍋を用意しておくのもいいかもしれませんね。

食べる順番にも一工夫するとより効果的にダイエットできます。

通常の食事でも
『食物繊維→タンパク質→炭水化物』順番で食べると、
血糖値の急上昇を抑えて脂肪がたまりにくくなると言われてます。

野菜類から食べて、豆腐・魚介類・肉類と食べるといいですね。

ダイエット鍋 おすすめ

鍋 ダイエット

鍋の出汁はあっさり系が基本になります。。

辛味調味料のきいた鍋も新陳代謝がアップするので、
どんどん食べたい鍋です。

おすすめ鍋は!

・水炊き、しゃぶしゃぶ

あっさりと食べられ、飽きのこない鍋ですね。

ポン酢がで食べるのがおすすめですが、
以外と糖質が多いので使い過ぎにご注意ください。

糖質制限をしてる方はごまだれで食べるといいかもしれません。
ただし、ごまだれはカロリーが高めなので、
これも使い過ぎ注意になります。

・豆乳鍋

豆乳に含まれる

女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」
細胞の生まれ変わりを助ける「レシチン」
肥満予防の働きをする「サポニン」

でダイエット効果を促進してくれます。

・キムチ鍋

キムチの「カプサイシン」が脂肪を燃焼させ発汗作用を促し、
乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。

・トマト鍋

トマトに含まれる「リコピン」には、抗酸化作用の働きがあり
美白・美肌効果をはじめとする美容効果、様々な健康的効果が
期待できます。

・もつ鍋

鉄や亜鉛、ダイエットや美容効果を助けるビタミンB群や
ミネラルが多く含まれています。

そのうえ低糖質、低カロリーなのでダイエットには適した鍋です。

が、味付けに使う香辛料やニンニクやニラの「アリシン」
働きにより食欲が増すために締めの麺などが欲しくならないように
注意が必要です。

ダイエット鍋にむかない鍋は!

鍋 ダイエット

・すき焼き
・カレー鍋
・ラーメン鍋

など、スープ自体が高カロリーの鍋は避けてください。

また、油揚げや豚バラ肉、牛バラ肉、皮つき鶏肉などの
具材はダイエット鍋には向きません。

まとめ

  • 具材を切ってスープで炊くだけで簡単できる
  • バランスよく栄養を摂ることができる
  • 豊富にビタミン、ミネラルを吸収できる
  • いろんな味が楽しめるので飽きがきにくい
  • 糖質・脂質に気を付ければ満足するまで食べても大丈夫
  • 美容にも健康にもいい
などなどいいことだらけのダイエット鍋。

いろんなダイエットを試してきて、
なかなかうまくいかなかったあなたも、
ダイエット鍋なら成功しそうに思えませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする