キャンプは冬も初心者におすすめ!楽しみ方と注意点も紹介!

キャンプ 冬 初心者 おすすめ 楽しみ方 注意

キャンプといえば

春から夏
そして秋口までの季節に
楽しむもの…

と思っていませんか?

最近のキャンプ場は
トイレやお風呂はもちろん

AC電源も使える所もあり

一年中営業しているキャンプ場も
増えてきてきています。

そんな中

冬キャンプに魅せられている人も
年々増えているとのことです。

そこで今日は

・キャンプは冬も初心者におすすめ?
・キャンプの冬の楽しみ方は?
・キャンプの冬の注意点は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

キャンプは冬も初心者におすすめ?

めちゃ寒いのに「冬にキャンプ」
と思う人も多いと思いますが…

もちろん寒いことは
覚悟しなければいけません。

寒い中トイレに行くのが
面倒だったり

朝方に水などが凍っていたり

ガスが気化せずに
ガスを使うものが使えなかったりと

他の季節では感じないことも
多くあることも事実です。

逆に言えば寒さ対策をきちんとして

準備さえきちんとできれば
夏のキャンプより快適に
感じることも多いのが
「冬キャンプ」なんです。

冬の寒さの中で暖をとって
ゆっくりと時間が過ぎていくのを
まったりと楽しむなど

冬キャンプならではの魅力に

ハマってしまうキャンプ愛好者も
どんどん増えているそうです。

そんな冬キャンプ
実は初心者にもおすすめなんですよ。

次に冬キャンプの魅力について
みていきたいと思います。

キャンプの冬の楽しみ方は?

冬キャンプの魅力は
どんなところにあるのでしょうか?

1.キャンプ場の予約が取りやすい

冬場のキャンプ場は
他のシーズンに比べて
利用客が少ないことから

予約が取りやすく
料金が安く設定しているところも
多くあります。

2.キャンパーが少ない

冬のキャンプ場は人も少なく

キャンプやバーベキューなどの
マナーを守らないキャンパーも少なく

ストレスなく静かなキャンプを
楽しむことができます。

3.焚火を楽しめる

焚火を囲んで暖をとりながら

家族や気の置けない友だちと
語らいあえるのも

冬キャンプならではの楽しみですね。

火は語らいの潤滑油になります。

普段では話さないような話にも
花が咲くようになりますね。

4.星が綺麗

街中のように
星の光を邪魔する光もなくて

冬の空気は澄んでいるので

空には万遍の星がちりばめれられます。

時間を忘れて星空に
うっとり見とれて過ごす時間も

冬キャンプの楽しみの一つです。

5.雪を楽しめる

スキー場に近いキャンプ場で
キャンプしたりすると

ウィンタースポーツも
楽しむことができます。

スキー場のそばでなくても
雪遊びで童心に帰れたりと

雪を満喫することができます。

6.いつもと違う自然が楽しめる

凛とした空気の中で迎える日の出や

日差しの中で聴く
名も知らない鳥の鳴き声

など普段経験できない自然に出会える。

7.虫が少ない

夏のキャンプでは蚊やアブをはじめ
虫悩まされることも多いですよね。

冬のキャンプでは
ほとんど虫に悩まされることは
ありません。

スポンサーリンク

キャンプの冬の注意点は?

魅力満載の冬キャンプですが
注意しなければいけないことも
もちろんあります。

・テント内は火気厳禁

冬キャンプは
当たり前ですが…

「寒い!」

寒さ対策がとても大切になります。

その際一番気をつけなければいけないのが
「一酸化炭素中毒」です。

狭いテントの中で
火を使う暖房をしていると
一酸化炭素中毒になる可能性があります。

冬のキャンプ上級者であれば
しっかり換気対策をして

テント内を
薪ストーブや石油ストーブを使って
温めている人もいます。

もし火を使う暖房を使用と思うなら

換気対策を怠りなくして

一酸化炭素チェッカーを使って
きちんと管理する必要があります。

電源があるキャンプ場などでは
電気毛布やサラミックヒーターなど
火気以外の暖房手段を使ったり

湯たんぽやカイロなどを使って
暖を取る方法を考えるほうが
より安全ですね。

・寒さ対策は万全に

寒さ対策は暖を取るための暖房以外にも

冷えの大きな原因でもある床対策として
地面とテントの間に
銀マットや段ボールを敷きつめたり

衣服の対策として

一番中に着るベースレイア―には
保温性とともに汗を外に出す機能

その上に着る中間着の
ミドルレイヤーには
保温性とともに動きやすさがあるもの

一番外に着るアウターレイア―は
風などから守る防寒機能と防水機能

などが求められます。

これらをいろんな状況下で
着たり脱いだりすることで
体温調節します。

の他にも

シュラフやコットなどによって
寒さ対策をする寝床対策

など万全の寒さ対策をする必要があります。

・結露対策もしっかりしよう

冬キャンプで
もう一つ忘れてはいけないのが

「結露対策」です。

テントの外の温度と中の温度の差で
テント内部に水滴ができてしまいます。

テントの中やシュラフなどが
濡れてしまったり

そのために熱が逃げてしまったりします。

こまめに換気したり

シュラフがテントの内側に
あたらないようにするなど

結露に対する対策も
事前に考慮しておく必要があります。

キャンプは冬も初心者におすすめ!楽しみ方と注意点も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・キャンプは冬も初心者におすすめ?
・キャンプの冬の楽しみ方は?
・キャンプの冬の注意点は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

「冬キャンプ」には

春や夏のキャンプでは
味わうことのできない

凛と張り詰めた空気の中で
冬でしか見ることのできない自然や

寒いから感じることができる

温かい料理やお酒
温泉や暖房などへの

体の芯から温まる感覚など

日常生活では体験できないことを
体験できたり

感じることができない感覚を
感じることができたりします。

しっかり寒さ対策すれば
初心者のあなたも
冬キャンプの魅力を
堪能してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする