クリスマスにチキンはなぜ?七面鳥の由来とお取り寄せのおすすめは?

クリスマス チキン なぜ 七面鳥 由来 取り寄せ おすすめ

クリスマスといえば

クリスマスツリーを飾って
クリスマスプレゼントを用意して

クリスマスケーキと
あとはとチキン…

そうクリスマスの食卓の

主役といえば
ローストチキンフライドチキン

という家庭が
多いのではないでしょうか?

でもなぜクリスマスにチキンなんだろう?
って疑問に思ったことはありませんか?

そこで今日は

・クリスマスにチキンを食べるのはなぜなの?
・クリスマスに七面鳥を食べる由来は?
・クリスマスのチキンお取り寄せでおすすめは?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役にてれば幸いです。

スポンサーリンク

クリスマスにチキンを食べるのはなぜなの?

アメリカのTV番組などを見ていると
クリスマスパーティーといえば

「七面鳥の丸焼き」

というイメージがありませんか?

でも日本のクリスマスといえば

デパートの食品売り場やスーパー
コンビニやファーストフード店など

一斉に

ローストチキンフライドチキン
鶏のもも焼きなどが

販売されますよね。

なぜ七面鳥じゃなくて
チキンなのでしょうか?

クリスマスは
イエスキリストの誕生日を祝う日です。

本来なら仏教徒の多い日本には
あまり関係のない行事ですね。

1949年にフランシスコザビエルが
日本にキリスト教を伝えて以来

キリスト教の弾圧や
大きな戦争などをへて

宗教との関係性は薄くなり

サンタさんが子供たちに
プレセントをしてくれる日

などの意味にかわり
国民行事としての
「クリスマス」になってきたんですね。

そんな中アメリカなどで
クリスマスのテーブルを飾る七面鳥が

日本でチキンに変わったのは

・日本では七面鳥は高くて手に入りにくい
・ケンタッキーフライドチキン(KFC)の
 経営戦略の効果

の二つの理由によります。

戦後のクリスマスが
国民行事として急速に広まる頃

七面鳥はまだめずらしく
高価な食材であった事

七面鳥をローストできるオーブンが
普及していなかったことなどの理由で

日本で七面鳥は普及しなかったんです。

そこで身近にあった安価な鶏の肉を
七面鳥の代用に使ったんですね。

もう一つの理由が

ケンタッキーフライドチキンの
日本進出後に

「七面鳥が手に入らないから
フライドチキンでクリスマスを祝いたい」

との声を聞いて1974年12月1日に

「クリスマスにはケンタッキー」

のキャンペーンを開始したことにより
一気に

クリスマス=チキン

の風潮が日本中に浸透していきました。

今でもケンタッキーのCMで
クリスマスを感じる人も多いですよね。

スポンサーリンク

クリスマスに七面鳥を食べる由来は?

日本のクリスマスに
七面鳥の代わりにチキンを
食べるようになった理由はわかりました。

ではなぜアメリカなどでは
クリスマスに七面鳥を
食べるようになったのでしょうか?

話はアメリカ開拓時代

厳しい冬を越せずに困惑していた
アメリカに移住した開拓者達に

先住民は農作物や七面鳥などの食料と
その作り方を提供しました。

そのおかげで開拓者たちは
生き延び農作物を作れるようになります。

先住民を招いて収穫や神様に感謝する
お祭りをするようになったんですね。

それが感謝祭の始まりなんです。

収穫祭では農作物の他にも
七面鳥もおもてなしの品となったんです。

それ以来

七面鳥はお祝いの席には
なくてはならない
「縁起物」となりました。

だからアメリカでは

感謝祭やクリスマス
結婚式の披露宴などのお祝いの席には

七面鳥の料理が必ずと言っていいほど
添えられるようになったんです。

その風習はやがてヨーロッパをはじめ
世界に伝わっていったということです。

クリスマスのチキンお取り寄せでおすすめは?

クリスマスにチキンや七面鳥を
なぜ食べるようになったのかには

そんな理由があったんですね。

そこで
クリスマスの食卓を飾る七面鳥やチキン

家庭で簡単に本格的な味が楽しめる
おすすめのお取り寄せを2点
紹介したいと思ます。

焼くだけ!味付ターキー(七面鳥)

クリスマスに
本格的な七面鳥の丸焼きを!

と思っている方に
おすすめな商品はこちら。

無添加のマリネ液で
しっかり味付けされているターキーを

解凍後オーブンで焼くだけで
本格的なローストターキーが楽しめます。

重さ:約5㎏
大きさは:横21cm×縦30cm×高さ15cm

とボリュームもたっぷり。

今年のクリスマスはチキンではなく
本格的なローストターキーを
楽しんでみませんか?

水郷どりのローストチキン丸蒸し焼き

今年も
七面鳥でなくてもチキンでいいや!

という方におすすめは
水郷どりのローストチキン丸蒸し焼き

クリスマスシーズンには4000羽が
完売するという人気商品なんです。

厳選された素材を
秘伝のタレで
頑固なまでに焼き方にこだわった

ローストチキンなんです。

クロワッサンやブルータスの他
多くの雑誌でも紹介されています。

サイズは
約 横16㎝×縦24㎝×高さ12㎝

と4人~6人で食べられる大きさです。

調理は

真空パックのまま湯煎にかけて温めるか
袋から取り出してレンジで加熱するだけ

簡単で本格的なローストチキンを
クリスマスの食卓にいかがですか?

クリスマスにチキンはなぜ?七面鳥の由来とお取り寄せのおすすめは? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・クリスマスにチキンを食べるのはなぜなの?
・クリスマスに七面鳥を食べる由来は?
・クリスマスのチキンお取り寄せでおすすめは?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

今日は
クリスマスになぜチキンを食べるのか?

について書いてみました。

大切な家族と過ごす
クリスマスの夜の食卓。

やっぱりチキンがあるのとないのでは
豪華さが違うように思いますよね。

今年のクリスマスのは
鶏のもも焼きやフライドチキンでなく

アメリカを開拓した人達に想いを馳せて

丸ごとローストした七面鳥やチキンを
クリスマスの食卓に添えてみると

いつもと違うクリスマス気分を
味わえるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする