おせちの由来と意味や主な具材の意味といつ食べるかを紹介!



お正月といえば
家族そろって「おせち」を食べて
新年のお祝いをする

というイメージですが

なぜお正月に「おせちを」食べるの?

と子供に聞かれても
すぐに答えられなかったりしませんか?

そこで今日は

・おせちの由来や意味は?
・おせちの主な具材の意味は?
・おせちはいつ食べるの?

について書いてみたいと思ます。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

おせちの由来や意味は?

クリスマスが終わると
スーパーやデパートの食品売り場では
おせち商品がずらりと並びます。

お正月といえば当たりえのように
食べている「おせち」ですが

子供に
「お正月にはなぜおせちをたべるの?」
「おせちってなぜいつも同じものなの?」
などと聞かれても

「…」

なんと答えたらいいか
戸惑ってしまいませんか?

なぜお正月に「おせち」を
食べるようになったのでしょうか?

「おせち」の由来は
奈良時代に中国から伝わった

季節の変わり目の「節句」

稲作などの豊作を祈り
無病息災・子孫繁栄や
子宝に恵まれ
子供の成長を願い
邪気を払うために

神様にお供えしたことに始まります。

中国では奇数が重なる日を
めでたい日として

1月7日:人日(じんじつ)の節句
3月3日:上巳(じょうし)の節句
5月5日:端午(たんご)の節句
7月7日:七夕(しちせき)の節句
9月9日:重陽(ちょうよう)の節句

の五節句として1月1日の元旦とともに
神様にお供えをして
節句の行事をしていたんです。

今でも
3月3日はひな祭り
5月5日は端午の節句
としてその名残が残っていますね。

節句に神様にお供えする食べ物を

「御節供(おせちく)」といいました。

江戸時代になると
宮中で行われてい節句行事は
だんだん庶民にも広がり

特別な元旦のお供えが「おせち」
呼ばれるようになりました。

今のようなお重に入ったおせちは

第二次世界大戦後にデーパートなどで
お重に入れた見栄えの良いおせちが
販売されたことから
広まったといわれています。

おせちの主な具材の意味は?

お重に詰められたおせち料理には
一つ一つに{めでたい」縁起のいい
意味が込められています。

定番の代表的なものを
見ていきたいと思います。

・黒豆

真っ黒に日焼けするまで
マメに働けますようにという意味。

黒は魔除けの色で
邪気払いの意味もあります。

・数の子

にしんの卵ですが
二親(にしん)から
多くの卵が産まれることから

子宝と子孫繁栄の願いが込められています。

・田作り

小魚を田畑の肥料としていたことから
五穀豊穣を願う縁起物とされています。

・紅白かまぼこ

赤には魔除け、白には清浄の意味があり

半月は「日の出」や歳神様の
象徴ともされています。

・伊達巻

クルクルまかれた「巻物」のイメージから
学問や教養が備わりますようにと
願いが込められています。

・栗きんとん

黄金色を思わせることから
金運が上がりますようにとの
願いが込められています。

・昆布巻き

「よろこぶ」戸の語呂合わせから

・海老

お年寄りのように腰が
曲がっていることから

長生きできますように
との願いが込められています。

・鯛

「めでたい」との語呂合わせ

・紅白なます

紅白のお祝いの水引を思わせ
おめでたいものの象徴です。

おせち料理は重箱に盛り付けれれますが
この重箱にも意味があるんです。

もちろん機能的にも保存しやすいから
という理由もありますが

重箱の中身の料理に込められた
「めでたい」縁起がいいものを
重ねることで

「めでたいことが重なりますように」
「幸せが積み重なりますように」

という願いが込められているんです。

スポンサーリンク

おせちはいつ食べるの?

このおせち
皆さんんはいつ食べていますか?

私の家では毎年

大晦日の夜は初詣に出かけたりと
夜更かしをして
お正月の朝ゆっくり起きて

お昼前頃に家族そろって
おせちを食べながら新年のお祝いをする

というのが定番になっています。

おせちは当たり前のように元旦に
食べるものだと思っていました。

でも北海道や東北その他一部の地域では
大晦日に食べるそうなんです。

もともとおせちは
新年を迎えるためのお祝いの食事で
大晦日に食べるものだったそうです。

それがだんだんと大晦日には
「一年の厄を断ち切る」ようにと
年越しそばを食べるようになるとともに

おせち料理は新年のお客様の
おもてなしのためのものになったそうです。

北海道などの地域には
大晦日におせちを食べる風習が
まだ残っているんですね。

その一方

おせちは大晦日に
歳神様にお供えするものだから

そのお下がりを元旦にいただくのだから

おせちはお正月に食べるものだという
考え方もあるようです。

いずれにしてもおせちを

大晦日に食べなければけないとか
正月に食べるものだとか

いう決まりがあるわけではありませんし
いつ食べてもいいと思います。

家族一緒に

新しい年に健康で何事もなく
幸せに暮らせますように

と願いおこめてお祝いができることが
大切なのではないでしょうか?

おせちの由来と意味や主な具材の意味といつ食べるかを紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・おせちの由来や意味は?
・おせちの主な具材の意味は?
・おせちはいつ食べるの?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

おせちはもともと

稲作などの豊作を祈り
無病息災・子孫繁栄や
子宝に恵まれ
子供の成長を願い
邪気を払うために

神様にお供えしたことに由来するんですね。

新たな年を迎えるときに

おせち料理の
一つ一つの意味を考えながら
家族と食卓を囲むと

今までの正月と違った
感謝の気持ちに包まれるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする