鍋は妊婦さんの食事に最適!体重管理と栄養補給におすすめ!

妊婦 鍋

妊娠中、つわりのつらい時期をのりこえると、
次に悩むのが体重管理の問題。

抑えきれない食欲と、増え続ける体重に

「病院で体重を減らすように言われました。

食事のメニューや量にも気を使っていますが、
体重は増える一方です。

空腹で寝れずストレスで死にそうです。」

と悩んでいる妊婦さんも多いですね。

体重管理に悩む妊婦さんにおすすめなのが、
土屋アンナさんも妊娠中食べていたという『妊婦鍋』

なぜ鍋が妊婦さんの体重管理におすすめなのでしょうか?

その理由と妊婦鍋の仕方、おすすめ鍋を紹介したいと思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

妊婦の体重管理になぜ鍋がいいのか?

妊婦 鍋

鍋はたっぷり野菜を食べれることにより、
低カロリーなのにお腹はしっかり満足できます。

そのうえ食物繊維やビタミンなどを豊富に
摂りこむことができます。

妊娠中に悩みの種となる便秘も解消され、
肌荒れなどの症状にもいい効果があります。

白身魚、豚肉や鶏肉を一緒に食べることで、
タンパク質などバランスよく栄養を摂ることもきます。

カロリーを抑えるために豚肉は脂身の少ない肉を選び、
鶏肉も皮はとって食べるようにしてくださいね。

また身体を芯から温めてくれるので、
冷え対策にもなり代謝も上がり体重は増えにくくなるんです。

そしてビタミンを多く摂れることで、風邪の予防にもなります。

妊婦の栄養補給としての鍋

鍋 ダイエット

スポンサーリンク

お腹いっぱい食べれて豊富な栄養を摂ることができて、
妊婦さんにはいいことだらけの鍋、
どんな具材を選べばいいのでしょうか?

・白菜

低カロリーな野菜です。
芯の部分にビタミンCやカルシュウ、鉄、カロテンなどが
多く含まれています。

・キノコ類

低カロリーで食物繊維が豊富に含まれています。
糖質を分解代謝に必要なビタミンB1.B2が含まれ
肥満予防を助けてくれます。

・長ネギ

ビタミンB1の吸収を助けます。

・しらたき

低カロリーで食物繊維やカルシュウムが豊富に含まれています。
余分な脂肪を輩出する働きもしてくれます。

・豆腐

低カロリーで、タンパク質をしっかり摂ることができます。

・白身魚、脂身の少ない豚肉、皮を取った鶏肉

などの具材をしっかり摂るようにしましょう。

『海のミルク』と言われている牡蠣も、
鉄、亜鉛、ミネラル、ビタミン、タウリンなど栄養が豊富に
入っているので、食べたい食材ではあります。

しっかり火を通して食中毒に気を付けること、
貝毒の摂りすぎににならないように、
食べ過ぎないように注意する必要があります。

マロニー、葛切り、春雨などは高カロリーなので、
ひかえるようにしてくださいね。

油揚げや揚げ豆腐などもカロリーが高いので要注意です。

そして一番大切なポイントは、ご飯を一緒に食べないこと。
締めの雑炊や、麺類も食べないようにしてくださいね。

野菜を多く食べて、お腹を満足させてあげてください。

どうしても食べたいときは野菜たっぷりの雑炊にしたり、
しらたきなどで水増ししてできるだけ食べるご飯の量は
減らすようしてくださいね。

妊婦の食事としてのおすすめ鍋

妊婦 鍋

すき焼きやカレー鍋などの濃い味の鍋は、
だし自体が高カロリーなので妊婦鍋にはむきません。

あっさり系のスープの鍋がですね。

水炊き、しゃぶしゃぶ、豆乳鍋、トマト鍋などが
おすすめになります。

キムチ鍋もカプサイシンが代謝をあげて身体を温めてくれ、
乳酸菌が腸内環境を整えてくれるので、
妊婦鍋にむいている鍋といえます。
(辛過ぎ内容に、ご注意くださいね)

ごまだれなどはカロリーが高いので、
ポン酢であっさり食べるほうがいいですね。

塩分多い鍋出しはむくみの原因になるので、
おすすめできません。

塩分の摂り過ぎには、注意してください。

まとめ

しっかり栄養も摂ることができて、
便秘解消、肌荒れ防止、風邪予防もできる妊婦鍋。

体重増を気にすることなく食べることができるのは、
妊婦さんにとってはとても嬉しいですよね。

ぜひ食事メニューに取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする