お正月の手土産にのしは必要なの?相場やおすすめも紹介!

お正月 手土産 のし 必要 相場 おすすめ

お正月の
義理の実家やあなたの実家への新年の挨拶。

実家はともかく
義理の実家には気を使いますよね。

手ぶらというわけにもいかないし
手土産でも持って行ったほうがいいの?

のしはどうすればいいの?
予算や何を持っていけばいいのかな?

と結構わからないことだらけで
戸惑ってしまいますよね。

そこで今日は

・お正月の手土産にのしは必要なの?
・お正月の手土産の相場はどれくらい?
・お正月の手土産におすすめはなに?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お正月の手土産にのしは必要なの?

義理の実家や実家に新年の挨拶。

手土産を持っていこうと思うけど
のしとかつけないといけないの?

って悩んでしまいますよね。

特に親しい間柄の場合は
のしは使わない場合もあります。

一般的には

お正月の挨拶で手渡しする贈ものには

紅白の水引に蝶結びののしに
「御年賀」と書いたのしを

包装紙の上から外のしで使用します。

「お年賀」というのは

新たな年を迎えるにあたって
新年の歳神様のお供えを

年始の挨拶をするときに
持参したことに由来しています。

それがいつしか新年の挨拶に
手土産を「お年賀」と表書きして

「今年もよろしくお願いします」
いう意味を込めて

家人にお渡しするものとなりました。

正しくはお正月の3日間(1月1日~3日)に
手渡しするものですが

遅くとも「松の内」と言われる

一般亭には

関東で1月7日
関西で1月15日
(地域によって異なります)

までに訪問して手渡しします。

松の内以降にお渡しするものは
「寒中見舞い」と表書きが変わります。

スポンサーリンク

お正月の手土産の相場はどれくらい?

年始の挨拶で贈る「お年賀」
いくらくらいの商品を
選べばよいのでしょうか?

家が近所で頻繁に行っている場合や
お歳暮をきっちり送っている場合などは

お正月の家族や親せきの集まりに
ちょっと差し入れするくらいの
意味合いで渡すことも多く

1000円~3000円くらいの
お互い気を使わない金額で
お手土産を選ぶことも多いようですが

お歳暮を贈っていないので
お歳暮代わりに「お年賀」を贈る場合や

お歳暮はお歳暮として
旧年お世話になった
感謝の気持ちとして贈るもので

お年賀は
今年もよろしくお願いします
という気持ちで贈るものだからと

お歳暮とお年賀を
別だと割り切っていいる場などは

3000円~10000円くらいで
選ぶ人もいるようです。

もちろん地域性や
贈る相手との関係性によっても
変わってくると思ます。

特に初めてのお年賀の時は
後に何年も続けることになるので

ご主人としっかり
相談して決めるといいですね。

お正月の手土産におすすめはなに?

年始の挨拶の手土産「お年賀」には
どのようなものを持っていくと
喜んでもらえるのでしょうか?

何かを持っていかなければいけない
という決まりが
特にあるわけではありません代わり

贈る相手に感謝の気持ちが伝わる
喜んでもらえる物を選ぶ必要があります。

それともう一つ。

冷蔵庫に入れる必要がなくて
長持ちするものが
いいかもしれませんね。

年末年始はどの家庭も
冷蔵庫いっぱいいっぱいの状態に
なっていることが多いようです。

そんな時に冷蔵庫に入れないと
保存できないようなものや

日持ちがしないようなものは
迷惑になってしまうことも
あるかもしれません。

・冷蔵庫に入れなくても大丈夫なもの
・日持ちがするもの

を基準に選ぶことも大切です。

例えば

・アルコール類

実家や義理の実家のお父さんが
アルコールを飲む場合や

親戚や家族が集まり接待することが
多いお宅などには

ビールや日本酒、焼酎などは
消耗品としてとても喜ばれますね。

・お菓子類

一番無難に
喜ばれるのはお菓子類でしょうか。

住まいの地域の名店のお菓子や
お取り寄せした珍しいお菓子など

お仏壇のお供えとしても
お正月の団らんの席にも
喜んでもらえるんじゃないでしょうか。

・果物類

ちょっと高級な果物類も

お仏壇のお供えとして
食後のデザートとして

果物類は喜んでもらえておすすめです。

他にも地元の特産品

なかなか自分では買わないような
高級なコーヒーや紅茶なども人気です。

お正月用に金箔入りのお茶など
特別感があるものもいいかもしれませんね。

お正月の手土産にのしは必要なの?相場やおすすめも紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・お正月の手土産にのしは必要なの?
・お正月の手土産の相場はどれくらい?
・お正月の手土産におすすめはなに?

はあなたの
お役に立つことができましたか?

年始の挨拶
義理の実家や実家に行く場合は

「お年賀」ののしを付けて
手土産を持っていきます。

大切なのは
「今年もよろしくお願いします」
の気持ちを伝えること。

義理のご両親や実のご両親と
気持よく新年のスタートを
きることができるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする