クリスマスプレゼントの起源と靴下に入れるのはなぜ?あげる意味も紹介!

クリスマス プレゼント 起源 靴下 なぜ あげる 意味

クリスマスの朝
枕元に置かれたプレゼントを楽しみに
目を覚ました想い出があります。

子供達が楽しみにしている
クリスマスプレゼント。

今では子供にだけではなく

恋人や夫婦でプレゼントを用意したり
友達同士でプレゼント交換したりと

クリスマスにはプレゼントがつきもの
という風潮になっていますよね。

クリスマスには
なぜプレゼントを渡すのでしょう?

なぜ靴下に入れるプレゼントを入れるの?

など聞かれると
答えれないことって結構ありませんか?

そこで今日は

・クリスマスプレゼントの起源は?
・クリスマスプレゼントを靴下に入れるのはなぜ?
・クリスマスプレゼントをあげる意味は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントの起源は?

クリスマスプレゼント。

子供の頃はサンタさんに
何をお願いしようかな?

とクリスマスが近づくと
ワクワクしませんでしたか?

大人になった今でも

夫婦の間や恋人同士で
何をプレゼントしようかな?

と頭を悩ませていませんか?

このクリスマスプレゼントには
どんな意味があるのでしょうか?

日本では恋人と過ごすクリスマス
のイメージが大きいようですが

欧米では
離れて暮らす家族も実家に集まり
家族で過ごすことが一般的です。

パーティーを楽しんだり
日頃の感謝の気持ちを添えて
カードやプレゼントを交換する
風習があるんですね。

こののクリスマスに
プレゼントする風習は

イエスの誕生祝に3人の賢者が
プレゼントを持って駆けつけたことに
由来しているんです。

イエス・キリストは

「わたしの兄弟であるこれらの
最も小さい者のひとりにしたのは
すなわち、わたしにしたのである」
(マタイによる福音書 25章40節)

と言われたそうです。

人を助けたり
人にやさしくすることは
イエス・キリストにしていることと同じことだ

と言ことなんです。

イエス・キリストに直接プレゼントできないので

親しい人や大切な人に
プレゼントすることで

イエス・キリストに贈り物を
していることになるんですね。

それが今では

親しい人や大切な人に
愛しさや感謝の気持ちを
添えて贈るようになったのが

クリスマスプレゼント
ということになったんです。

他にも

古代ローマのサトゥルヌス祭で
プレゼントを交換しあった習慣や

ゲルマンの収穫祭や冬至祭

北欧神話の妖精がトナカイに乗って
プレゼントを贈って回る話

などが融合されて今のような
クリスマスになったと言われています。

日本でのクリスマスプレゼントは

明治時代にキリスト教の宗教団体が
貧しい人たちに果物やパンや菓子や玩具を
配ったことに始まったと言われています。

大正時代には入ると
クリスマスプレゼントは現在のように
一般の人にまで普及するようになりました。

クリスマスプレゼントを靴下に入れるのはなぜ?

えっ?クリスマスプレゼントは
サンタクロースが枕元の靴下に
入れてくれるものじゃなかったの?

クリスマスにサンタクロースのモデルは

4世紀に現在のトルコに実在した
カトリック教会司教の
聖ニコラウスだと言われています。

聖ニコラスは裕福な家庭に生まれ
早くに両親を亡くして

カトリック教会司教の叔父に育てられ

叔父の死後にカトリック教会司教を
継いだ聖ニコラウスには

様々な伝説が伝えられています。

その中の一つが

プレゼントが靴下に入れられているのか?

サンタクロースが
煙突から入ってくると言われているか?

の由来になっていると言われています。

その伝説とは

聖ニコラウスの住む町に
貧しい父娘が住んでいました。

その一家はあまりにも貧しいので
3人の娘を身売りする

という話を聞きつけた聖ニコラウスは
何とかしてあげようと

真夜中に一家の屋根の煙突から
金貨の包みを投げ込みました。

投げ込んだ金貨は偶然
暖炉に干していた靴下の中に
すっぽりと入ってしまいました。

金貨を見つけた一家は
とても驚き喜びましたが

おかげで3人の娘は身売りすることなく
幸せに結婚することができました。

この話にがもとになって

オランダ語の聖ニクラウスは
英語的な発音でサンタクロースとなり

サンタクロースは煙突から入ってきて

よい子には靴下の中に
プレゼントを置いていく

という話になったんですね。


スポンサーリンク

クリスマスプレゼントをあげる意味は?

アメリカでは
クリスマスは家族で過ごし

パーティーやクリスマスプレゼントを
交換したりして楽しみます。

恋人同士でも二人で過ごすことはなく
どちらかの家族と一緒に過ごすそうです。

プレゼント交換も
家族と同じようにオープンにして
楽しんでいるとか。

日本の恋人たちは
二人だけの時間を好んで

デートプランやプレゼントにも
かなり力を入れて
クリスマスを過ごすカップルもいます。

サンタクロースは
クリスマスイヴの夜に煙突から入ってきて

枕元の靴下に
プレゼントを置いて行ってくれる

と信じている子供もいます。

子供も少し大きくなってくると

お父さんやお母さんがに
クリスマスプレゼントには
○○を買って

とおねだりして
クリスマスに買ってもらう子もいます。

クリスマスイブの夜に
クリスマスプレゼント交換を
楽しむご夫婦もいます。

クリスマスプレゼントには
いろんな贈り相手がいて
いろんなシチュエーションがあって…

もちろんプレゼントの品物も
大切かもしれませんが

一番大切な事は贈る相手に
愛しさ感謝の気持ちが伝わることが
なんですよね。

子供達に
「よくここまで大きく育ってくれたね。
 産まれてきてくれてありがとう。」

恋人同士で
「いつも一緒に素敵な時間を
 過ごしてくれてありがとう」

夫婦で
「いつも支えてくれて感謝してます。
 これからもよろしくお願いします。」

などの気持ちを伝えるためのツールが
クリスマスプレゼントなんです。

クリスマスプレゼントの起源と靴下に入れるのはなぜ?あげる意味も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・クリスマスプレゼントの起源は?
・クリスマスプレゼントを靴下に入れるのはなぜ?
・クリスマスプレゼントをあげる意味は?

はあなたの
お役に立つことはできたでしょうか?

クリスマスプレゼント

大切な人に愛しさや感謝の気持ちを
伝えるものなんですね。

子供プレゼントするだけでなく

夫婦の間で
恋人や同士や友達と

贈り合うのも素敵ですよね。

クリスマスには大切な人と
素敵な時間をお過ごしごしくださいね

メリークリスマス♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする