かかとの乾燥と内臓や子宮の冷えとの関係や改善方法を紹介!

かかと 乾燥 内臓 子宮 冷え 改善

かかとが乾燥して
かさつきやひび割れが気になる

という女性は結構多いようです。

特に空気が乾燥する
冬場に増えるようですね。

このかかとの乾燥

一般的には乾燥や足裏の刺激
ストレスや老化などの他にも水虫などが
原因で起こるとと言われていますが

実はそれだけが原因ではないんです。

かかとのカサカサやひび割れは
内臓や子宮の不調とも
深い関係があることもあるんですね。

そこで今日は

・かかとの乾燥に内臓の不調が関係?
・子宮が冷えているとかかとが乾燥する?
・かかとの乾燥を改善するには?

について書いてみたいと思ます。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

かかとの乾燥に内臓の不調が関係?

かかとのかさつきやひび割れ

見た目が悪いだけではなく

靴下を履くときに引っかかったり
ストッキングが伝線してしまったり

ひどくなると痛くて
歩くのも大変になってしまうことも。

何かと大変ですよね。

実はこの足の乾燥して
かさつきやひび割れになってしまうのは

一般的には乾燥やかかとへの刺激
かかとの皮膚のターンオーバーが
正常に行われていない

あるいは水虫が原因とされていますが

内臓や子宮などの生殖器の不調が
原因になっていることもあるんです。

リフレクソロジーとか
足ツボマッサージなどの
施術受けたことがありますか?

私は好きでよく施術してもらうのですが
悶絶するくらいに痛みを感じた後には
全身の力が抜けて
とてもリラックス感じになれます。

足の裏には体の各パーツに対応する
反射区(ツボ)があります。

調子がよくない体のパーツに
対応するツボは硬くなっています。

そのツボを刺激されると
かなりの激痛を感じますが

刺激してやわらかく保つことで
対応するパーツの不調を改善しよう

というのが
リフレクソロジーや
足つぼマッサージなんです。

つまり足の裏には
体の不調が現れているんですね。

かかとの乾燥や角質で
厚く硬くなった状態も
体の不調を表しているんです。

・内臓が冷えている人
・内臓脂肪が多い人
・便秘に悩んでいる人

などの人がかかとが乾燥したり
角質が厚く硬くなって
ひび割れてしまうことが多いようです。

子宮が冷えているとかかとが乾燥する?

かかとが乾燥して
カサカサになったり
ひび割れたりしているのことが

内臓の不調を表していることもある
ということはわかりましたが

かかとには生殖器の反射区があり

女性は特に子宮や卵巣などの
生殖器や婦人科の疾患を表している
ことがあるので注意してください。

座りっぱなしのデスクワークや
立ちっぱなしの仕事

運動不足などが原因で

骨盤内の血液やリンパの循環が悪くなって
子宮や卵巣などの生殖器が
冷えてしまうことによって

・生理痛
・生理不順
・不妊症
・子宮筋腫などの疾病

婦人家系などのトラブルになってしまいます。

骨盤愛の冷えは足のむくみなどの
原因にもなってしまいます。

かかとが乾燥して
カサカサになったりひび割れた時は
しっかりケアするようにしましょう。

スポンサーリンク

かかとの乾燥を改善するには?

角質が厚く硬くなる理由は

・かかとが乾燥しやすい
・かかとの皮膚を刺激から守るため
・かかとの皮膚の新陳代謝が悪い

ことがあげられますが

かかとの角質が厚く硬くなることによって
かかとにある反射区が
十分な刺激が受けられないために

血液やリンパの流れが悪くなり
内臓や子宮や卵巣などの生殖器が冷え

便秘や婦人家系の疾患などの
不調の原因になってしまうんですね。

血液やリンパの流れが悪くなることで
かかとの皮膚の新陳代謝が悪くなり
またかかとの角質が厚く硬くなってしまう

という
悪循環になってしまっているんです。

日頃からかかとの
カサカサや角質のケアをすることで

かかとにある反射区に
適度な刺激が与えられるようになり

内臓や子宮や卵巣などの
生殖器の冷えや婦人科系のトラブルの
予防や改善につながります。

それではかかとのケアは
どうすればいいのでしょうか?

1 ゆっくり入浴する

ぬるめのお湯をはった湯船に
ゆっくり入って体の芯から温まります。

足のかかとの皮膚が
軟らかくなるくらいまで入りましょう。

2 角質を除去します

古い余分な角質を

・ヤスリなどで削る
・薬剤を使う
・スクラブする

などの方法で除去して
保湿しやすいかかとにします。

くれぐれも角質を
除去しすぎないようにします。

除去しすぎるとかかと皮膚の
ターンオーバーが
正常に行われないようになります。

3 かかとを保湿します

尿素配合のクリリームや
馬油やワセリンなどど

かかとをよくマッサージするように
何度も塗りこんで

ラップを3重くらいに巻いて
しばらくおいてなじませて

靴下などを履いたまま就寝します。

かかとの乾燥と内臓や子宮の冷えとの関係や改善方法を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・かかとの乾燥に内臓の不調が関係?
・子宮が冷えているとかかとが乾燥する?
・かかとの乾燥を改善するには?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

かかとのカサカサ乾燥や
角質が厚く硬くなってひび割れるのは

もしかしたら

内臓や子宮からの
SOSのサインかもしれません。

日頃からかかとの角質ケアを
しっかりすることで

女性特有の辛い症状から
解放されることができるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする