鏡餅の意味や由来と飾るのはいつからいつまで?場所や向きは?

鏡餅 意味 由来 飾る いつ いつまで 場所 向き

クリスマスが過ぎると
街中がお正月気分になりますよね。

大掃除やおせちの買い物や
お正月準備が忙しくなります。

お正月の準備と言えば
忘れてはいけない物が「鏡餅」

鏡餅があるだけでも
お正月の雰囲気になりますよね。

ところでこの鏡餅。

なぜお正月に
飾るようになったのでしょうか?

また

いつ飾るのか?
どこに飾ればいいの?

って聞かれると
結構戸惑ってしまいますよね。

そこで今日は

・鏡餅の意味や由来は?
・鏡餅を飾るのはいつからいつまで?
・鏡餅を飾る場所や向きは?

について書いてみたいと思ます。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

鏡餅の意味や由来は?

なぜお正月に鏡餅を
飾るようになったのでしょうか?

お正月になると一年の豊作や無病息災
病気もせずに健康で幸せに暮らしをもたらす

歳神様が家にやってくるんです。

その歳神様へのお供えとして
鏡餅は飾られているんですね。

「鏡餅」という名前は

昔の鏡に由来する言われています。

昔の鏡は銅鏡で丸い形をしていましたが

鏡には神が宿ると考えられ
多くの神事には鏡が用いられていました。

伊勢神社をはじめ
鏡を御神体としている神社も多くあります。

餅で鏡をかたどることで
歳神様が宿る「依り代」となることから

「鏡餅」と呼ばれるようになったんですね。

歳神様が宿られて鏡餅は
歳神様と新年を一緒に祝うための
大切なものだったんです。

お餅を大小二個重ねるのは

陰と陽、月と太陽を表している
とも言われ縁起がいいとされています。

また丸い形は「円満」を表し
重ねることで

「円満に年を重ねる」

という意味も込められているそうです。

夫婦円満にもつながるんですね。

鏡餅を飾るようになった歴史は古く

平安時代に書かれた源氏物語には
『歯固めの祝ひして、餅鏡をさへ取り寄せて』
と記されています。

今でも健康で長生きするためには
歯の健康はとても大切なんですよね。

固い餅を食べて健康を願う
「歯固め」の祝いとして
使われていたんですね。

今のように飾られるようになったのは

室町時代になって

床の間がつくられるようになってから
だと言われています。

武家では具足(甲冑)を床の間に飾り
その前に鏡餅をお供えしたそうです。

この「武家餅」とも言われる
「具足餅」が起源なんですね。

地方によっって鏡餅の形もいろいろで

丸い餅を二つ重ねたものだけでなく

三重に重ねた鏡餅
白い餅と赤い餅を重ねた紅白の鏡餅
砂糖で鏡餅をかたどったもの

などもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鏡餅セット(特大) もち米一升 葉付きみかん付きのかがみ餅
価格:4800円(税込、送料無料) (2018/10/12時点)

楽天で購入

鏡餅を飾るのはいつからいつまで?

歳神様をお迎えするための鏡餅。

いつ飾ればいいのでしょうか?
そしていつまで飾るのでしょうか?

最近は家で餅をつく方は
そんなに多くはないと思いますが

以前は多くの家で餅をついていました。

29日につく餅は九日につく餅

九餅=苦餅=苦持ち
二十九=二重苦

との語呂合わせから避けられていたんです。

また12月31日につく餅も
一夜餅と言って避けられています。

同じ理由で鏡餅を飾る日も
29日と31日は避けられています。

31日に飾ることは
お葬式の一夜飾りにつながるからと
避けられていますが

地域によってはあえて
12月31日にお供えするところもあるようです。

一般的には12月13日以降は
鏡餅を飾ることは可能ですが

クリスマスの雰囲気の中
鏡餅を飾るのはなんだか…

って感じですよね。

クリスマスが終わった翌日12月26日
くらいから飾ることが多いようです。

吉日を大切にして
大安の日を選んで飾ったり
(29日、31日は除く)

漢字で書くと「八」と
末広がりで縁起がいいからと
12月28日に飾られることが多いようですね。

遅くても30日には飾るようにしましょう。

飾った鏡餅を下げるのは
「鏡開き」の日になります。

地域によって違いがありますが
一般的には1月11日
というところが多いようですね。

お正月飾りをしている期間
松の内が15日までというところは
15日が鏡開きになります。

鏡開きでは

おさげした神様が宿ったお餅を

一年間病気も災いもなく
幸せに暮らせますようにと

と願いを込めて家族で
お雑煮お汁粉にして食べることで
ご利益があると言われているんですね。

スポンサーリンク

鏡餅を飾る場所や向きは?

年神様が宿ると言われる鏡餅。

鏡餅はどこに飾ればいいのでしょうか?

鏡餅は先にも書いたように
歳神様の依り代(宿る場所)なので

新年の福をもたらしてくれる歳神様は
鏡餅をお供えした場所に
依りついてくださいます。

お供えする場所は一か所でなくても
歳神様に福をもたらして欲しい場所なら
何か所でも大丈夫なんですね。

一番大きな鏡餅は
家の中では上座にあたる床の間に。

床の間がない場合は
人が集まるリビングのような場所に
飾るといいですね。

テレビの上などは
うるさ過ぎたりするので避けます。

また見下げるような場所も
ふさわしくありません、

きちんとお供えできるような
リビングボードなどの上に飾ります。

小さい鏡餅は仏壇や神棚
書斎に子供部屋の他にも

台所やトイレなどの水回りなど

歳神様に来ていただきたい場所に飾ります。

お供えする方向は

その年の恵方
あるいは南向き東向き

お供えするとされています。

鏡餅の意味や由来と飾るのはいつからいつまで?場所や向きは? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・鏡餅の意味や由来は?
・鏡餅を飾るのはいつからいつまで?
・鏡餅を飾る場所や向きは?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

お正月に飾る鏡餅は

その年の幸せや豊かさを運んできてくれる

歳神様へのお供えであり

家に来られた時の宿るための依り代
としての役割もするんですね。

鏡割りでは

歳神様のパワーが宿った鏡餅を
家族でお雑煮やお汁粉で
食べることによって

一年の健康と幸せで暮らせれる
後利益をいただけるんですね。

鏡餅の意味や由来を知ると
またいつもと違うお正月を
過ごせるかもしれんせんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする