鏡開きとは?意味や由来といつするの?鏡開きの方法も紹介!

鏡開きとは 意味 由来 いつ 方法

お正月にお供えした鏡餅を下げて

ぜんざいやお汁粉
雑煮などにして食べる

「鏡開き」

小さい頃は
「ねぇねぇ、このお餅いつ食べるの?」

鏡餅をいつ食べるのかと
おばあちゃんに聞いていた覚えがあります。

「あと○日だよ」と聞くと

あと〇日でぜんざいが食べれると
楽しみにしていました。

この「鏡開き」には
どんな意味や由来があるのでしょうか?

「鏡開き」はいつするの?

なにか決まりがあるの?

聞かれてみると
答えに戸惑ってしまいませんか?

そこで今日は

・鏡開きとは?意味や由来は?
・鏡餅 鏡開きはいつするの?
・鏡餅 鏡開きの方法は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

鏡開きとは?意味や由来は?

お正月も明けてひと段落した頃に
行われる「鏡開き」

この「鏡開き」にはどのような
意味や由来があるのでしょうか?

お正月にはしめ縄や門松を飾り
鏡餅を供えますよね。

これらのお正月飾りは
歳神様をお迎えするための準備なんです。

歳神様は新たな年の豊作と無病息災

つまり

豊かさと病気をしないで幸せに暮らせる
新年をもたらしてくれる神様なんです。

歳神様はお正月になると
各家庭に飾られている鏡餅を

依り代(神が宿るもの)として
来られるんですね。

そしてお正月を
歳神様とともに祝ったのち

歳神様が宿っていたお供えの鏡餅を
家族で食べるながら

新しい年一年の無病息災を願うのが
「鏡開き」なんです。

「鏡開き」の歴史は古く

平安時代の源氏物語には
『歯固めの祝ひして、餅鏡をさへ取り寄せて』

との書かれていて

固い餅を噛むことで長寿を願う
「歯固め」の祝いに使われていたんですね。

今のように
お正月に飾られるようになったのは

床の間ができた室的時代以降だそうです。

武家では具足(甲冑)を飾り
その前に「武家餅」とも呼ばれる
「具足餅」というお供えの餅を飾って

新年に下げたお供えの餅を
雑煮などにして食べたのが
「鏡餅」「鏡開き」の
起源と言われています。

鏡餅 鏡開きはいつするの?

歳神様が家にいらっしやる期間を
「松の内」と言います。

「松の内」の期間はお正月飾りや
鏡餅は飾って歳神様を迎え入れ

「松の内」が終わると正月飾りは片付けて
どんと焼きや神社で炊き上げてもらいます。

鏡餅は「松の内」後に「鏡開き」をします。

京都などの一部の地域では
1月4日に「鏡開き」をしますが

一般的に関東などの
松の内が1月7日までの地域では

1月11日

関西などの松の内が
1月15日までの地域では

1月15日または1月20日

が「鏡開き」の日に
なることが多いようです。

もともとは小正月の1月15日までが
松の内とされていて

1月20日を「鏡開き」としていましたが

徳川幕府のおひざ元の関東では

徳川三代将軍 徳川家光4月20日に
亡くなったために

月命日の20日は忌日とされて
「鏡開き」を1月11日としました。

また「松の内」の

まだ神様がいらっしゃるときに
「鏡開き」をするのは失礼に当たると

「松の内」を1月7日と変更しました。

しかしその変更は全国的には
広まらなかったために

「鏡開き」の日が関東や関西など
地域によって違うんです。

スポンサーリンク

鏡餅 鏡開きの方法は?

「鏡開き」は
どのようにするのでしょうか?

鏡開きはお供えした鏡餅を
無病息災を願いながら
家族で食べる行事ですが

固くなった鏡餅を
包丁などで切るわけではありません。

もともとは
武家が起源になっている行事なので

刃物などを使うと切腹が連想されて
縁起悪いとされていました。

そのため手や木槌などを使って
叩き割って漁師をするのですが

「割る」という表現も
縁起のいいっ表現ではないので

末広がりを意味する「開く」
という言葉を使い

鏡をイメージしてつくられた餅
手や鏡餅を木槌などで割ることを

「鏡開き」というんですね。

ちなみにお正月や
結婚式などの祝い事やめでたい席で
酒樽の木の蓋を木槌で割ることも

「鏡開き」と言いますが

酒樽の上蓋が「鏡」と呼ばれていることから

「鏡開き」と言われます。

武士が出陣する時に鼓舞するために
酒樽を割って振舞ったことに
由来すると言われています。

お祝いの席では

鏡を開くことから「運を開く」という
意味が込められていると言われています。

鏡開きとは?意味や由来鏡餅といつするの?鏡開きの方法も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・鏡開きとは?意味や由来は?
・鏡餅 鏡開きはいつするの?
・鏡餅 鏡開きの方法は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

お正月明けの「鏡開き」

家族で健康や幸せを祈りながら
歳神様がやどっていた鏡餅を食べて

歳神様のパワーをいただいて
新たな一年を過ごすんですね。

日本に古くから伝わる伝統的な習慣も
意味をきちんと理解すると

何げなく食べていた
「鏡開き」のぜんざいやお雑煮が

とてもありがたいものに感じますよね。

子供達にもぜひ伝えたいきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする