お年玉の由来や意味となぜお金を渡すの?ポチ袋の由来も紹介!

お年玉 由来 意味 なぜ お金 ポチ袋 由来

子供達のお正月の楽しみと言えば

もちろん「お年玉」

今年はいくらくらいもらえるかな?
お年玉もらったら何を買おうかな?

なんていつもより多くもらえる
お小遣いの使い道を
あれこれ考えるだけでも

ワクワクしているみたいですよね。

それにしてもこの「お年玉」

いつから子供に
あげるようになったのでしょうか?

なぜポチ袋に入れて渡すのでしょうか?

改めて考えると
ちょっとなんでだろう?
と疑問に思ったりしていまいませんか?

そこで今日は

・お年玉の由来や意味は?
・お年玉はなぜお金を渡すの?
・お年玉をポチ袋で渡す由来は?

について書いてみたいと思ます。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お年玉の由来や意味は?

「お年玉」…

お正月に子供にあげる「お年玉」って

なぜお正月に子供に
あげるようになったのでしょうか?

その疑問に答える前に
まずお正月について説明しますね。

お正月は新しい年を迎えるにあたって

その年の幸せや豊かさを運んでくる
「歳神様」をお迎えして
一緒にお正月を祝い
そしてお見送りする行事なんです。

歳神様が迷わず来られるように
「門松」を目印として玄関先に飾り

きちんとお迎えの準備が整って
神聖な場所になっていますよという印に
「しめ縄」を玄関に飾ります。

そして歳神様のお供えとして
「鏡餅」を飾るんですね。

家に来れれた歳神様は
「鏡餅」を依り代として歳神様の分魂の
「御魂(みたま)」を宿します。

「御魂」って言うとわかりにくいですよね。

簡単に言うと

その年一年豊かで元気に過ごすための
元気だとかパワーのことだと
思ってもらえばいいと思ます。

このその年の「御魂」(=「御歳魂」)を
その家の家長が家族に分け与えました。

「魂」は「玉=たま(しい)」
とも表現されることから

「御歳魂」=「御年玉」

「お年玉」の由来になんですね。

また年の初めにいただく
「賜物(たまもの)」だから
「年賜(としだま)」と言われていたのが

神様からのお下がりなので「お」をつけて
「おとしだま」と呼ばれるようになった
という説や

「鏡餅」が丸い形(=玉)をしていることから
『お年玉」になったとされる
説などもあります。

余談になりますが

人はお腹に宿った時には
魂をいただいているので

産まれた時には1歳

その後はお正月が来るたびに
歳神様の「御魂」を頂くので
1つずつ魂が増えていきます。

この魂の数えるのが「数え年」
言われるものなんですね。

スポンサーリンク

お年玉はなぜお金を渡すの?

もともとはお正月に

子供だけでなく家族全員に
お餅が配られていた『お年玉」ですが

なぜ「子供」に「お金」を
あげるようになったのでしょうか?

餅を分ける「お年玉」が
鎌倉時代にはいる頃には

餅だけでなく扇や茶わんなどの品物や
お金などを配るようになったとも
言われています。

江戸時代には入ると「お年玉」は
一般庶民にも広く広まり

家族だけでなく

商人などは主人から奉公人へ
または師匠から弟子へと

品物やお金の
「お年玉」を渡すようになります。

年始の贈り物の総称として「お年玉」
という言葉が使われていましたが

次第に

目上の人から目下の人に渡すものを

「お年玉」

目下の人から目上の人に贈るものを

「御年賀」「お年始」

などと区別するようになりました。

今のように「子供」に「お金」を
渡すようになった「お年玉」は

昭和30年代後半の高度成長期に
都心部を中心に子供たちに
「お年玉」を「お金」で渡すように
なったことからだと言われています。

お年玉をポチ袋で渡す由来は?

お年玉を入れる袋を
「ポチ袋」と言いますが

なぜお年玉を渡すときには
ポチ袋に入れて渡すのでしょうか?

実はこの「ポチ袋」
お年玉を入れるだけではなく

・「大入り」のご祝儀を渡すとき
・心付け(チップ)を渡すとき

などちょっとした少額のお金を
渡すときに使う祝儀袋の
小さなもののことを言うんです。

もともとは関西方面では
芸子や舞妓に渡す「心付け(ご祝儀)」
のことを「ポチ」と呼んで

その時に使われる袋が「ポチ袋」と
言われていました。

和紙に包んで小銭を渡していたものが

小銭が落ちないように
和紙で袋を作って渡すようになったのが
「ポチ袋」の由来なんです。

「ポチ」には「小さい」「僅かな」
という意味があり

少額の心付けを

「これっぽちですが」
「ほんの少しですが」

という謙虚ね気持ちが込められていました。

この「ポチ袋」

子供にお金をあげる「お年玉」が
一般的になってくる昭和30年後半頃には

お年玉を入れる袋として
一般的に使われるようになりました。

関東では当初
「お年玉袋」と呼ばれていましたが

近年「お年玉」を入れる袋を
一般的に「ポチ袋」と
呼ぶようになったんです。

お年玉の由来や意味となぜお金を渡すの?ポチ袋の由来も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・お年玉の由来や意味は?
・お年玉はなぜお金を渡すの?
・お年玉をポチ袋で渡す由来は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

子供の頃もらって
嬉しいと思っていた「お年玉」

昔は神様から「元気」を
もらうために配られた「鏡餅」
だったんですね。

日本の伝統的な行事としての
お正月のことを知ると

当たり前のように
何気なくしていることの
一つ一つのことが

健康や幸せや豊かさへの願いが
込められていたんですね。

「お年玉」をあげる時には

「今年一年健康で元気に過ごしてね」と

しっかり気持ちを込めて
渡してあげるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする