お年玉の相場と入れ方や折り方と渡すときのマナーや注意点を紹介!

お年玉 相場 入れ方 折り方 マナー

お正月のお年玉って
もらう時はただ嬉しいなと思って
もらっていたけど

いざあげる側になってみると
どれくらいの金額をあげればいいんかな?

とか

お年玉の入れ方のマナーや
他にも注意することがあるのかなとか

気になってしまいますよね。

そこで今日は

・お年玉の相場はどれくらいなの?
・お年玉の入れ方や折り方はどうすればいい?
・お年玉を渡す時のマナーや注意点は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お年玉の相場はどれくらいなの?

まずは一番気になるお年玉の相場。

人はどれくらいの金額の
お年玉をあげているのでしょうか?

6歳未満:500~1000円

小学校入学前の子供にあげるお年玉は
500円~1000円という人が多くいます。

ポチ袋に入れる際は500円玉はちょっと
という方は1000円を
お札で入れているようですね。

お金の価値がわからない小さい子には
「おもちゃ」や「お菓子」「絵本」
などを渡す人もいます。

甥っ子や姪っ子など関係が近い子供には
3000円など少し多い金額をあげる人や

自分の子供がお年玉をもらった場合など
同額程度の金額を入れる人も多いですね

1~3年生:1000~3000円

小学校低学年ではほとんどが
1000円~2000円となっています。

2000円という偶数を嫌い
1000円では少ないかなと思う人は
3000円あげる人もいるようですね。

4~6年生:3,000~5,000円

自分でお金を使うことを覚える年代で
お金の価値をりかいしはじめる頃ですね。

多くの人が3000円くらいの
お年玉をあげるようです。

小学校の低学年の子供に
3000円あげる人の中には

小学校の高学年の子供には
5000円あげて差別する人も
いるようですね。

中学生:5000~10000円

中学生にあげるお年玉は
5000円が一般的です。

多くはありませんが中には
10000円をあげる人もいるようです。

高校生:5,000~10,000円

高校生にあげるお年玉は
5000円と10000円に
分かれているようですね。

大学生:10,000円以上

大学生にあげるお年玉は
ほとんどの人が10000円のようです。

ただしお年玉は高校生までで
大学生にはお年玉を
あげない人も少なくないようです。

お年玉の入れ方や折り方はどうすればいい?

それでは次に

お年玉をポチ袋に入れ方や
ポチ袋の名前の書き方などを
紹介したいと思ます。

・お札の折りたたみ方と入れ方

お札をポチ袋に入れるときは
折りたたまないと入れれませんよね。

実はこの時の折りたたみ方には
きちんとマナーがあるんです。

1.お札の人が印刷されている面を
上向きに置きます。

2.左側1/3を内折にします。

3.右側1/3を内折にして
三つ折りに折りたたみます。

お札に印刷された人が内側にくるように

折りたたまれたお札を開くと
印刷された人が見えるように
折りたたみます。

ポチ袋に入れる時は
上下をしっかり確認して入れます。

また折りたたんだお札の真ん中の部分が
ポチ袋の裏面側になるように入れます。

つまり折りたたんだお札の右面が
表側になるように入れます。




・硬貨の入れ方

硬貨をポチ袋に入れる場合は
硬貨の表面がポチ袋の表面に
なるように入れます。

硬貨は絵柄や漢数字が
書いているほうが表面

製造年月日が書いているほうが
裏面になります。

・ポチ袋書き方

ポチ袋の表面には

「○○君へ」
「ちゃんへ」

とお年玉をあげる子供の名前を書きます。

ポチ袋の裏面には自分の名前を書きます。

その場合フルネームで書いてもいいいですが

「〇〇おじちゃんより」

と子供に呼ばれている呼び方で
書くことも多いようです。

スポンサーリンク

お年玉を渡す時のマナーや注意点は?

お年玉をあげる時に注意することなど
お年玉を渡す際の
マナーについてみていきたいと思います。

・お年玉のマナー上司など目上人の子供

お年玉は目上の人から目下の人に
あげるものなので

上司や先輩の子供にお年玉をあげるのは
本来ならマナー違反になります。

上司や先輩の子供にあげる場合は
お年玉ではなく「お年賀」として

商品券や図書カード
玩具などの品物を渡すようにします。

また親にお年玉を渡す場合も
お年玉としてではなく

祝儀袋や小さめの祝儀袋に
「御慶」「お年賀」「新年御挨拶」
と書いて渡します。

ただ最近ではそこまで厳密にすることも
少なくなってきているようで

厳密にするかかどうかは
相手次第ということになりますね。

・お年玉の金額のマナー

一般的にご祝儀やお葬式の香典などは
偶数49という数字は縁起が悪いと
避けれらていますが

お年玉には特に
決まりがあるわけではありません。

ただ多くの人は奇数が縁起がいいから
と奇数の額を好んでいるのも事実です。

・お年玉には新札を用意しましょう

結婚式などご祝儀は新札で用意する
ということは
多くの人が知っているマナーですよね。

そこには

新札のようにシワも折り目もない
まっさらな気持ちで
心新たに歩きだして欲しい

という新しい門出を祝う気持ちが
込められています。

お年玉にも新札を用意して

「新たな一年を健康で幸せな一年を
過ごせますように」

との願いを込めてあげるものなんです。

新札は早めに金融機関などで
交換して用意しておくようにしましょう。

・お年玉の渡し方のマナー

できるだけ子供の親が見ている前で
子供にお年玉を渡すようにします。

子供が失くしてしまったり
親にもらったことを言い忘れたりすると

親はもらったことを
知らないままになってしまいます。

あとあとトラブルのもとにならないように
お年玉を子供に渡すときには
親が見ている前で渡すようにしましょう。

・お年玉を渡す時期

お年玉を渡すのは
およう月の一日から三日までの
三が日には渡すようにしましょう。

遅く多も松の内の1月7日
(地方によっては15日)までには
渡すようにしましょう。

松の内を過ぎた場合は
お年玉ではなくお小遣いとして渡します。

お年玉の相場と入れ方や折り方と渡すときのマナーや注意点を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・お年玉の相場はどれくらいなの?
・お年玉の入れ方や折り方はどうすればいい?
・お年玉を渡す時のマナーや注意点は?

はあなたの
お役に立つことができましたか?

お年玉をあげる相場を理解して

お年玉の入れ方
お年玉を渡すときのマナーなどを
しっかり守って

「健康で幸せな一年」を願って渡す
お正月の縁起物のお年玉を
気持よく子供達に渡してあげたいですね。

この一年が素敵な一年になりますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする