お年玉をもらう理由ともらう時のマナーやお返しは必要なの?

お年玉 もらう 理由 マナー 必要

お正月のお年玉って
子供にはとても楽しみですよね。

でもあげる側になってみると
もらう子供のマナーが…

「???」

親のしつけ大丈夫なの?って
つい思ってしまうことってあもりませんか?

子供はなぜお年玉をもらえるのか?
お年玉をもらう時はどうしたらいいのか?

をきっと教えてもらっていなんですよね。

そこで今日は

・お年玉をもらう理由は?
・お年玉をもらう時のマナーは?
・お年玉にお返しは必要なの?

について書いてみたいと思ます。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お年玉をもらう理由は?

お正月になると子供達は
当たり前のように「お年玉」を
もらっていますが

なぜお年玉をもらえるのか?
を理解している子は

ほとんどいないのではないでしょうか。

「お年玉」の由来は

お正月に飾られる鏡餅を
その家の家長が家族に配ったことに
始まっているんです。

家に門松やしめ縄を飾って

幸せに豊かに暮らすためのパワーを
運んでくれる歳神様をお迎えして

一緒に新しい年を迎える
お祝いをするのが
お正月なんですね。

家に来られた歳神様は
お供えの「鏡餅」に
「健康で豊かで幸せに暮らせるパワー」
を注いでくれるんです。

神様からいただくパワーは
魂(たましい)とも呼ばれ

神様がくれたその年のパワーだから
「歳魂(としだま)」

神様からもらうものだから
丁寧語の「御」をつけて

「御歳魂(おとしだま)」

と呼ばれていたんです。

お正月が終わり歳神様が帰った後に
神様のパワーが宿った鏡餅を

その家の家長が

「家族のみんなが
健康で豊かで幸せに
一年を過ごせますように」

と願って家族に配ったのが

「お年玉(御歳玉)」の始まりなんです。

お腹の中にいる時に
魂を一ついただいていて

産まれてからはお正月をん迎えるたびに
歳神様から一つづつ歳魂をいただくので

その魂の数を数えたのが

「数え年」なんです。

昔はお正月になるとみんな一緒に
一つ歳をとったんですね。

もともとはお餅だった「お年玉」は
時の流れとともにお金に変わったんです。

だから「お年玉」には

「元気で幸せになってね」

というあげる人の気持ちが
込められたものなんです。

「お年玉」の意味を知ると
とてもありがたいものだったんですね。

この意味をしっかり子供にも
きちんと説明してあげてくださいね。

お年玉をもらう時のマナーは?

意味を知ると
とてもありがたい「お年玉」ですが

せっかくお年玉をあげたのに…
と不愉快にさせてしまわないように
気をつけたいですよね。

なにかマナーなどはあるのでしょうか?

それでは次に
お年玉をもらう時のマナーについて
見ていきたいと思ます。

・新年の挨拶をする

新年を迎えて初めて会った時は
「明けましておめでとうございます」
としっかりできることが大切です。

少し大きくなると
「今年もよろしくお願いします」
まで言えるといいですね。

挨拶はとても大切です。

挨拶ができるだけで
しっかりしている子だなと
思ってもらえます。

また新年の挨拶は
お年玉をもらうきっかけにもなります。

子供には

新年になって初めて会う人には
しっかり挨拶するように教えましょう。

・お年玉をもらう時は両手でもらう

目上の人からものをもらう時は
体を正面に向けて
必ず両手でもらうようにします。

これもしつけの基本です。

普段から練習しておくと
いいかもしれませんね。

・お年玉をもらったらきちんとお礼を言う

お年玉をもらう時に限らず

なにかをもらった時
なにかをしてもらった時

感謝の気持ちを

「ありがとう」
「ありがとうございます」

と伝えることはとても大切なことです。

お年玉は目上の人から
健康と豊かさや幸せを願って
もらうので

理解できるようになったら

お金をもらったからだけでなく
その気持ちに対して

きちんと
「ありがとうございます」
と言えれたらいいですね。

・お年玉をもらったらその場で開けない

お年玉をもらってすぐに開けて

「○○円も入ってた!」

とかいう子供がいますが
見ていて
感じがいいものではありませんよね。

ましてや

「なんだたった○○円かぁ…」

とか言われてたら
「来年からもうあげたくない!」
と心の中で叫んでしまいますよね。

ご祝儀なども
もちろんその場では開けませんし

ましてやお年玉は
目上の人が目下の人に与えるものです。

その場でお年玉を開ける行為は
目上の人に対して
とても失礼な行為になってしまいます。

子供にもしっかり守ってもらいたい
マナーの一つですね。

・お年玉をもらったら親に報告する

お年玉をもらったらすぐに
誰からもらったのかを
親に報告してもらうようにします。

親からもきちんとお礼を言うためです。

できればお年玉をもらう時は
親が一緒の時に
もらうように気をつけていると

小さい子などはマナーを守れてない時に

「きちんとお正月の挨拶できる?」
「お年玉もらう時はどうするの?」
「お年玉もらったらなんて言うの?」

などとフォローもできますよね。

お年玉をあげるほうも不愉快にならずに

かえって
「きちんと教育しているんだなぁ」
と思ってもらえます。

それに

失くしてしまったり
誰にもらったかわからなくなってしまって

お礼を言いそびれて
不快にさせてしまうことも防げます。

そのためにも子供がお年玉もらう時は
できるだけそばにいるようにしましょう。

スポンサーリンク

お年玉にお返しは必要なの?

子供がもらったお年玉に
お返しは必要なんでしょうか?

基本的に

収入がな子供がもらったお祝いには
お返しの必要はありません。

お年玉はもともと
目上の人から目下の人に

健康や豊かさや幸せを願って
渡されていたものなので

そういう意味でも
お返しの必要はないんですよね。

お年玉をあげるほうも
お返しや見返りを期待して
あげるものではないので

お返しをすると
かえって他人行儀だと
思われてしまうこともあります。

お年玉をあげる側が気になるのは

お年玉のお返しよりも

・お年玉をあげたのにお礼も言われなかった

・お年玉をもらうのは当然という
 態度をとられた

ということで不快な思いをすることです。

子供が「ありがとう」という
お礼も言わないばかりか

親までもらって当然という
態度をとられると

さすがに失礼極まりないと
思ってしまいますよね。

先に書いたように

・お年玉はなぜもらえるのか
・お年玉をもらう時のマナー

を子供にもしっかり理解させて

子供からだけでなく
親からもきちんと感謝の気持ちを
伝えるようにしましょう。

お年玉をもらいっぱなしで気が引ける
お年玉の金額をもらい過ぎてる

などの理由で

お返しをしないのは心苦しいという人は

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「お年玉のお返しは必要?もらいすぎや独身へのお返しや相場を紹介!」

も合わせてお読みください。

お年玉をもらう理由ともらう時のマナーやお返しは必要なの? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・お年玉をもらう理由は?
・お年玉をもらう時のマナーは?
・お年玉にお返しは必要なの?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

お年玉はもらう子供が

「元気に幸せで豊かな
一年を過ごせますように」

と願いを込めてあげるものなんですね。

きちんとお年玉をもらう時の
マナーを守って

感謝の気持ちを伝えれるように
子供に話しておかなくてはいけませんね。

もちろん親からも感謝の気持ちを
忘れずに伝えてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする