豆まきの正しい準備とやり方や大豆を食べる理由と食べる数を紹介!

豆まき 準備 やり方 大豆 食べる 食べる数

節分の豆まき

小さなお子さんがいるご家庭では

お父さんが鬼のお面をかぶって
お子さんが可愛い声で

「鬼は外 福は内」

と豆まきを楽しんでいらっしゃる
のではないでしょうか。

でもこの豆まきって
地域性やご家庭によっても
いろんなやり方があるんですよね。

でも正しい作法となると
知っている人は
少ないのではないでしょうか?

そこで今日は

・豆まきの準備の仕方は?
・豆まきの正しいやり方は?
・豆まきの後に大豆を食べる理由や食べる数は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

豆まきの準備の仕方は?

立春が一年の始まりとされていた頃

前日の節分に

災いや病気やケガなど悪いことを
もたらすとされていた鬼を追い出して
福を呼び込むために行われていた

節分の「豆まき」

幼稚園や保育園で作った鬼のお面を
お父さんにかぶってもらって

豆まきを楽しむご家庭も
多いのではないでしょうか?

でもこの「豆まき」
ほんとうはどうするんだろう?

って疑問に思ったことはありませんか?

そこで今日は

効果的に鬼を追い出して福を招き入れる
「豆まき」の正しい作法を
お伝えしたいと思います。

ますは準備です。

準備するものは

・福豆(炒った大豆)
・鬼のお面

です。

・福豆(炒った大豆)

福豆とは炒った大豆のことです。

大豆には神様のパワーが
宿っていると言われ

鬼退治にはもってこいの武器になります。

節分前日か遅くても節分の夕方までには
大豆を炒って福豆にして用意します。

スーパーなどで売っている
豆まき用の大豆は炒ったものが
売られているので
そのまま使用しても大丈夫です。

福豆は「升(ます)」
「三方」(神様にお供えをするとき使う器)
に入れて

豆まきをするまで神棚にお供えします。

神棚がない家では
目線より高い場所に白い紙を敷いて
置いておきます。

神棚や高いところにお供えすることで
神様のパワーが強くなると言われています。

升(ます)に入れてお供えするのは
大豆の霊力が増す(ます)という
意味もあるんですよね。

北海道や九州などの一部の地域などでは
大豆の代わりに
落花生を使う地域もあります。

最近では衛生上のことを考えて
個包装の豆菓子
お菓子やチョコなどをを

豆まきに使う人もいますが
豆まき本来の意味が
なくなってしまうような気がします。

節分の豆まきに
炒った大豆を使用する理由は
こちらの記事に詳しく書いています。

合わせてお読みください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「節分の豆まきの由来や鬼の意味と大豆を使うのはなぜ? 」

・鬼のお面

子供さんが小さい時は
豆まきには鬼さん役がいたほうが
喜びますよね。

こちらの記事で鬼のお面の素材を
ダウンロードできるサイトを紹介しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「節分の鬼のお面を無料でダウンロードできるサイトを集めてみた!」

お子さんが少し大きくなっきたら
鬼さん役に向かって豆まきするより

見えない怖い物に向かって
豆まきするのもいいかもしれませんね。

豆まきの正しいやり方は?

豆やお面の準備ができたら
実際に豆まきのやり方に入りましょう。

節分の豆まきはいつする?

鬼は夜やってくると言わています。

丑寅の方角(北東)から
牛寅の刻 午前2:00~午前4:00

にやってくると言われているんですね。

さすがに午前2:00過ぎから
大きな声で「鬼は外!福は内!」と
いいながら

家族で豆まきをするのは難しいですよね。

日が暮れて暗くなった夜に
豆まきをします。

鬼をしめだして
窓や玄関を閉めてしまうので

家族全員が帰ってきてから
ということになりますね。

節分の豆をまくのは誰?

多くのご家庭では

お父さんが鬼のお面をかぶって
子どもたちが豆をまく

ことが多いのではないでしょうか?

その方が子供達も喜ぶし…
と思いますよね。

でも本来の豆まきは
その家の主人{家長」が豆をまきます。

他にその年の干支生まれの
「年男」「年女」
「厄年の人」が豆をまくのが
いいとされています。

節分の豆まきの仕方は?

家のすべてのドアや窓を開けておきます。

玄関に遠い部屋から順番に

「鬼は外」と窓に向かって
手のひらを上に向けて豆をまきます。

鬼が出たいったらすばやく窓を閉めます。

窓を閉めたら室内に向かって
「福は内」と豆をまきます。

奥の部屋から順番に
玄関に向かって巻いていきます。

さいごに開けた玄関に向かって
「鬼は外」と巻き

鬼が出て行ったら
すばやく玄関を閉めます。

「福は内」と
家の中に向かって豆をまきます。

地域によっては

豆まきはそれぞれ2回づつや3回づつ
まくこともあるようです。

また一度鬼を玄関に遠い部屋からj順に
すべての部屋から鬼をしめだし

窓や玄関をしめ切った後に
すべての部屋に福を呼び入れる
という地域もあるようです。

・ご神体やご本尊が鬼に関係している寺社
・鬼の名前がついている地域
・苗字に鬼がついている家

などでは

「鬼は外」ではなく「鬼は内」と
言うところもあります。

それぞれ地域のしきたりがある場合は
そちらに合わせて豆まきをします。

スポンサーリンク

豆まきの後に大豆を食べる理由や食べる数は?

豆をまき終わったら
まいた大豆を拾って食べます。

体の中に潜む鬼も退治して
病気やケガにならないように
災いにあわないようにと

願いを込めて

鬼退治の神様パワーが宿っている
炒った大豆を食べるんですね。

食べる数は地域によって様々ですが

年の数だけ食べる

あるいは「新年の厄払い」の意味を込めて
年の数より一つ多く食べる

昔は数え年で年を数えていたので
数え年の数だけ食べる

などと言われてます。

食べる数はそれぞれの地域の
習わしに合わせてください。

お年寄りで豆が多くて
食べきらないような場合は

湯呑に豆を厚いお茶を入れて
お茶だけ飲んでも大丈夫です。

もちろんすぐに食べなくても
後日まで少しづつ食べてもいいですね。

それにしても床に落ちた豆を
食べるのはちょっと…

と思う人もいるかもしれません。

実は床に落ちたものでも食べれるくらいに
きれいに掃除しておくことが

鬼の正体である邪気が入りこんで
ケガや病気にならないための
コツでもあるんですね。

いつも部屋は清潔にしておきましょう
という教えでもあるんです。

衛生面を考えて
個包装された小袋入りの福豆や落花生を
まくことも多くなっているようですが…

豆まきの正しい準備とやり方や大豆を食べる理由と食べる数を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・豆まきの準備の仕方は?
・豆まきの正しいやり方は?
・豆まきの後に大豆を食べる理由や食べる数は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

節分の豆まきの正しいやり方について
書いてきましたが

なぜそのような作法になっているのかを
しっかり理解することは
大切だと思いますが

無理に作法通りにするよりも
家族で楽しく豆まきの時間を
過ごすことが大切なのではないでしょうか?

お子さんと一緒に
想い出に残る豆まきができるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする