バレンタインの義理チョコは必要なの?いらない時の断り方も紹介!

バレンタイン 義理 必要 いらない 断り方

2月14日はバレンタインデー。

想いを寄せる大好きなあの人に
チョコレートを贈って
気持ちを伝えましょう。

という
お菓子メーカーの思惑が絡んだイベント。

「本命チョコ」の他にも
「義理チョコ」「友チョコ」
「自分チョコ(ご褒美チョコ)」

などいろんなバリエーションで
イベントとして楽しむ人も多いですね。

その中でも問題にされるのが…
「義理チョコ」

職場の上司や先輩
同僚にまで気を使って…

義務感で義理チョコをあげている
という女性も少なくないようです。

この「義理チョコ」って
本当に必要なんでしょうか?

「義理チョコ」にお返しするのも大変だし
迷惑な場合には断ってもいいのかな?

と悩んでいる男性も多いようですね。

そこで今日は

・バレンタインの義理チョコは本当に必要なの?
・バレンタインの義理チョコはいらない?
・バレンタインの義理チョコの上手な断り方は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコは本当に必要なの?

女性から男性に愛の告白をする
バレンタインデー。

今はいろんな感謝の気持ちを
伝えるイベントとして

「義理チョコ」「友チョコ」
「自分チョコ(ご褒美チョコ)」

などいろんなシチュエーションで
楽しまれていますね。

ただ最近では職場などで
上司やなどに気をつかって
義務感で贈られることが多い

「義理チョコ」

贈るほうも
贈られる方も

本当に必要なの?

と疑問の声が上がっているのも事実です。

義理チョコ賛成派の女性の意見は

・感謝の気持ちを伝えるだけでなく
 プレゼントすることが楽しい

・お世話になってるお礼の気持ちが3割
 お返し目的が7割…

 イベントとして楽しんでます

などの声があるようです。

義理チョコ賛成派の男性は

・義理チョコでも
 もらったらやっぱり嬉しいですね

・感謝の気持ちとして義理チョコをもらって
 感謝の身持ちのお返しに
 ホワイトデーをお返しするのはいいことでは?

・気恥ずかしくて「日頃の感謝の気持ち」を
 伝えることができないので
 バレンタインやホワイトデーのイベントは
 あってもいいんじゃないかな 

という意見にあるように

義理チョコでももらったら
悪い気はしないという人もいて

義理チョコを楽しみにしている
男性も一定数いるんですよね

バレンタインの義理チョコはいらない?

一方男性の中には

・義理チョコはいりませんね。
 もらうといろいろ詮索しちゃうし…

・義理ならいらない

・妻に誤解されるのでいらない

・そもそも甘いものが嫌いだし

・ホワイトデーのお返しが大変なのでいらない

バレンタインの義理チョコは
いらないという意見も多く聞かれます。

女性の中にも

・バレンタインチョコは
 好きな人にあげるものだし

 ホワイトデーのお返しで
 悩ませるのも可哀そうに思う

・私だけあげないのも気が引けて…

・義理チョコってあげる方ももらう方も
 お互い迷惑なんじゃない?

などと
不必要派もいることも事実なんですよね。

男性が義理チョコがいらない理由で
ダントツに多いのが

「ホワイトデーのお返し」が苦になる

ということなんです。

倍返しや3倍返し
多い時には5倍返しとまで言われる

ホワイトデーのお返し。

金銭的にもですが
何を返していいのか悩んでしまいますよね。

ネット上のアンケートでは
約50%の女性が
「ホワイトデーのお返しは不要」
と思っているそうですが

反面お返しを期待している女性は
約20%いるそうです。

とはいっても一番気になるのが
ホワイトデーのお返しですよね。

いくら一部の女性が
ホワイトデーのお返しは不要と
思っていても

義理チョコでももらったら
お返ししなきゃって思ってしまいますよね。

そこで

義理チョコでも
もらったら嬉しいと思う人以外は

きちんと義理チョコを
断る必要がありますよね。

次章では「義理チョコ」を
上手く断る方法をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコの上手な断り方は?

バレンタインの義理チョコ。

気持のこもっていないチョコに
お返しをするのは苦痛ですよね。

でも

女性から「どうぞ」ともらった義理チョコ
「ありがとう」ともらっても
お返しをしなければ…

「常識ないやつ!」と思われ

じゃもらわなければいいんだと

女性から「どうぞ」ともらった義理チョコ
「遠慮します」とっもらわなければ…

またも
「常識がないやつ!」と思われかねない

と義理チョコでも喜んでもらって
きっちりホワイトデーには
お返しをしなくてはいけない

というバレンタインというイベントに
強制的に参加させられている人が
多いんではないでしょうか?

実際に義理とチョコをもらって
ホワイトデーにお返しをする人は
約80%ぐらいもいるそうでそうです。

お返しをする人は

・義理チョコでもお返しはするべき
・お返ししないと悪口を言われそうだから
・人間関係をこわさないように

などと考えて返すようですが

お返しをしない人は

・義理チョコなので返す必要がない
・お返しは任意で義務ではないから
・お返しはいらないと言われたから

とある意味
どう思われてもかまわない
という感じが伝わってきますね。

でもそこまでの勇気はないし…

実際職場では人間関係は
穏便にすませるにこしたことはありません。

そこで

「常識がないやつ!」と思われないように
人がん関係をこわさないように

上手に義理チョコを断るには
どういう断り方をすればいいのでしょうか?

「甘いものが苦手なんです。」

「健康に気を使っていて、
 糖分制限しているんです。」

「チョコレート食べると
 アレルギーが出るんです。」

「たくさんもらっても食べきれないので
 義理チョコはお断りしているんです。」

「イベント事には
 振り回されないようにしているんです。」

「ホワイトデーの
 お返しが苦になってしまうので…」

などの言葉とともに

「ありがとうございます。
 お気持ちだけいただきます。」

と伝えたらいかがでしょうか?

「義理チョコ」を
用意してくれたのは嬉しいけど
受け取れない理由がある

ということをしっかり伝えます。

義務感で「義理チョコ」を
用意している女性は
ホッとするかもしれませんね。

もし断ることができそうにない時は

「気を使ってもらってありがとう。
 来年からは気を使わないでね。」

と伝えて今年はもらっておく
というのもありではないでしょうか?

そしてホワイトデーには
お返しを用意するのだはなく

感謝していても
普段なかなか伝えていない気持ち

「いつも助けてもらってありがとう」
「毎朝美味しいコーヒーありがとう」

など言葉に出して伝えます。

多くの女性は
バレンタインのお返しは期待しない

期待してたとしても一部の女性を除いて
「もらえたらラッキー」
くらいに思っている人がほとんどです。

義理のホワイトデーをもらえるより
普段のちょっとしたことに
感謝の気持ちを伝えてもらうほうが
よっぽど嬉しいんではないでしょうか?

バレンタインの義理チョコは必要なの?いらない時の断り方も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・バレンタインの義理チョコは本当に必要なの?
・バレンタインの義理チョコはいらない?
・バレンタインの義理チョコの上手な断り方は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

義理チョコをもらって
一番気になるのはお返しのこと。

ホワイトデーどうしよう?
ということではないでしょうか?

「お返しはいらない」と言われても
お返ししないと気が引けてしまうし
よく思われないんじゃないかと心配。

そんな時は

相手の気持ちはしっかり受け取って
チョコレートはをもらうことは
やんわりと断ります。

そのうえでホワイトデーの日には
ホワイトデーだからということでなく

普段から言えなかった感謝の気持ちを
伝えてみてください。

ホワイトデーに
義理だけのお返しをするよりも
喜んでくれるんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする