クリぼっち!クリスマス一人で読みたい漫画10選!

クリスマス

『クリぼっち!』
クリスマスを一人で過ごす人のこと…

クリスマスは恋人や家族と過ごすというイメージが強いのですが、
実際には一人で過ごす男女も多いようです。

調べた統計によれば

独身男性の約40%
独身女性の約30%

はクリスマスを一人で過ごしているそうです。

一人で過ごすクリスマス
ネットカフェで過ごす独身男性・女性も多いとか。

今日は
『クリスマス一人で過ごす時に読みたい漫画10選』
を選んでみました。

クリスマスの夜 ちょっぴり元気になる漫画を
読みながら過ごしてみませんか?

スポンサーリンク

クリスマス一人で過ごす時に読みたい漫画10選

ライフステーションカフェアルファプラス

『おひとり様物語』谷川史子 講談社

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp

恋愛から遠ざかってたり、不倫してたり、恋人はいるけど…
独身女性、遠距離恋愛、冷めた恋人達など様々な
アラサー「おひとり様」のオムニバスストーリーです。

身近にいそうな、まさに自分がそうだなっていう
シチュエーションを一生懸命に生きている主人公に
共感を持ってしまいます。

恋愛に疲れた時、寂しいと思った時読んでみたい漫画ですね。

切ないながらもすこしだけ元気になれますよ。

『午前3時の無法地帯』ねむようこ 祥伝社

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp

イラストレーター志望の大卒ももこが就職したのは、
パチンコ専門のデザイン事務所。

連日徹夜の泊まり込みありのブラック企業。
でもなぜか働いているみんなは和気あいあい。

理想とかけ離れた仕事に奮闘しつつも、
仕事に恋愛にと悩んで葛藤しながらも成長いていく
ももこに自然と共感してしまします。

2ndシーズン『午前3時の危険地帯』
一気にも一緒に一気に読観たくなっちゃいます。

明日も頑張れそうに思えてくる漫画です。

『きょうは会社休みます』藤村真理 集英社

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp  

主人公は恋愛経験のない33歳の青石花笑。

誕生日にひょんなことからアルバイトの田之倉悠斗と
二人で飲むことに。

気を失うほど酔った花笑が朝目覚めると…

恋愛に不器用な花笑が年下の田之倉悠斗に甘やかされ
ながら癒される…

「このまま もう 思いっきり甘えたい……
ホントいい年して恥ずかしい …
だけど 甘えさせてくれる人がいるから
いいんだよね……?」

こんな恋愛してみたいと思わず呟いちゃいそう。

ちょっと幸せな気分になりたいとき読みたい本です。

『きみはペット』小川彌生 講談社

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp

主人公 スミレは高学歴・高収入・高身長と才色兼備。
社内のエリート社員 蓮實(はすみ)と付き合うことになる。

完璧で大好きな蓮實だが、
一緒にいると素の自分が出せなくて疲れてしまう。

そんな時ペットとして買うことになった(?)
美少年ダンサーのモモ。

モモといるときは素のままの自分でいられる。

肩ひじ張って生きてきたスミレの人生は
モモとの生活でまとっていた鎧が徐々に解け始めるすみれ。

「恋愛ってなに?」
「好きになるってどういうこと?」

恋愛観がコミカルに描かれています。

今の自分でいいのか?と迷ったときに読みたい本ですね。

『いつかティファニーで朝食を』マキ ヒロチ 新潮社

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp

佐藤麻理子は朝食への価値観の違いなどから彼氏との別れを決意。
朝食への想いがつのり、理想の朝食を求めるようになっていきます。

アラサー女子の恋愛漫画としては

・男運のない麻里子
・不倫している典子
・偶然の出会いが実を結ぶ里沙
・社会に出たい専業主婦 栞

4人それぞれの人生観が織りなされていきます。

グルメ漫画としては実際のお店が紹介されているので、
足を運ぶのもいいかもしれませんね。

疲れた朝は、朝食でリフレッシュしてくださいね。

スポンサーリンク

『娚の一生』西炯子 小学館

クリぼっち                          出典:www.amazon.co.jp

東京の電力会社に勤めていた堂薗つぐみは、
祖母の死を機に田舎に移り住むことに決める。

そこに祖母の知り合いだという海江田が現れ
なぜか一緒に住むことに…

「私は自分に対して正面から向き合ってくれる人が
怖いのに誰かに愛されたい嫌な女なの」

とういセリフにあるように
過去のつらい恋愛で臆病になっているつぐみに
海江田は優しく手を差し伸べます。

大人の純愛物語です。
恋愛に臆病になった自分を許せるようになります。

西 炯子さんの『姉の結婚』も読んで欲しい漫画です。

『関根くんの恋』河内 遙 太田出版

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp

仕事もできてスポーツ万能なイケメンの主人公関根。
「鈍感・受け身・器用貧乏」でスペックが高いのに
不幸体質で報われない毎日を送っています。

「集中力がないのか 何かに夢中になった覚えがない
女は勝手に寄ってきて 必ず離れていく」

という関根は
ひょんなことから手芸を始めることになるのだが…

初めて好きになった女の子への関根の恋愛表現が
不器用すぎて応援したくなります。

不器用な自分でも大丈夫と思えるようになります。

『サプリ』おかざき真里 祥伝社

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp

広告代理店で働く南は連日の激務に追われ、
それが原因で7年間付き合った彼氏とも別れることに。

作者のおかざき真里も

恋と仕事と。

真面目過ぎたり、
一生懸命過ぎたり、
社会人しながら
女するっていうのは
何かが過剰になってしまう、
気がする。

と言う。

不器用なミナミが前向きに一生懸命に生きる姿に
祐樹をもらえます。

恋愛や仕事に疲れたりうまくいかなかったりした時
この本はサプリのように元気になれる効果があります。

『逃げるは恥だが役に立つ 』海野つなみ 講談社

クリぼっち              出典:www.amazon.co.jp

新垣結衣、星野源主演でドラマ化され大ヒット

派遣切りにあって無職になった主人公みくり
次の就職先は父親の元部下 津崎の家事代行。

親の引っ越しを機にみくりは「就職としての結婚」を提案
津崎と「雇用主と従業員」という契約結婚となる。

だんだん気難しく人に心を開かない津崎の心にも変化が現れ
お互いの好意を抱きだす二人。

当たり前のように女性が被ってきた「家事」は
結婚することで仕事に変わりったものなんです。

女性にとって

「結婚」とは?
「主婦業」とは?

を考えるきっかけになるかもしれんせんね。

しっかり将来の結婚のことを考えるきっかけをもらえいます。

『東京タラレバ娘』東村アキコ 講談社

クリぼっち               出典:www.amazon.co.jp 

東村アキコさんの大ヒット作
吉高由里子さん主演でドラマ化されています。

「タラレバつまみに酒飲んでろよ!」
「このタラレバ女!!」

主人公の倫は
「……だったら」「……していれば」と
理想を追いかけて気が付けば30歳を過ぎて独身。

倫子、香、小雪それぞれの30代のリアルな恋愛観
を読むことができなす。

結婚や恋愛も仕事もまだまだ自由に選択できる
と思えるのが30代。

自由があるからこそ迷い悩むのも30代なんですよね。

「……だったら」「……していれば」と考えが
「……だっから」「……していから」と

タラレバじゃない。カラカラなんだ!』と思えるように
なったとき時に人生は変わりだすんでしょうね。

まとめ

いかがでしたか?
読みたいと思った漫画はありましたか?

せっかく誰にも気を使うことなく
一人で過ごせるクリスマスです。

今の自分を見つめ直すきっかけとして
ゆっくり漫画を読むのも素敵な過ごし方だと思います。

有意義ななクリスマスをお過ごしください。

メリークリスマス!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする