ひな祭りに甘酒を飲む意味や白酒との違いと子供が飲んでも大丈夫なの?

ひな祭り 甘酒 意味 白酒 子供

女の子の健やかな成長と
幸せを願う「ひな祭り」。

ひな人形を飾り

菱餅やひなあられ
ハマグリにちらし寿司
甘酒などなど

ひな祭りならではの
行事食も楽しみの一つですね。

でも女の子
子供の節句なのに
「甘酒」ってお酒でしょ?

大丈夫なの?

って思ってしまいますよね。

またなぜひな祭りには
「甘酒」が飲まれるように
なったのかも疑問ですよね。

そこで今日は

・ひな祭りに甘酒を飲む意味は?
・ひな祭りに飲む甘酒と白酒のちがいは?
・甘酒をひな祭りに子供が飲んでも大丈夫?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ひな祭りに甘酒を飲む意味は?

ひな祭りの由来は
古来中国から伝えられた
「上巳の節句」にあるんです。

季節の変わり目の五節句には
邪気が入り込みやすく
病や災いにあいやすくなるために

邪気払いをする風習がありました。

その節句の一つが旧暦の3月3日の
「上巳の節句」なんです。

旧暦の3月3日は
桃の花の季節であることから
「桃の節句」
と呼ばれるようになったんですね。

「桃の節句」には

古来 桃には邪気を払う働きがあり
不老長寿を与え
百歳(ももとせ)に通じることから

桃の花びらを浮かべた
「桃花酒」を飲む風習がありました。

それが江戸時代に
次第に「白酒」を飲む風習に
代わっていったんですね。

また同じ江戸時代
旧暦五月五日の「端午の節句」
が男の子の節句であることから

「桃の節句」は女の子の節句とされ
ひな人形を飾り「ひな祭り」
なっていったんですね。

「白酒」はアルコールが入っているために
子供は飲むことができません。

そこで子供でも飲める
ノンアルコールの「甘酒」
ひな祭りに飲むようになったんですね。

後ほど説明しますが「甘酒」には
アルコールをほとんど含まない甘酒と
アルコールを含む甘酒があります。

子供が飲んでもいいのは
アルコールほとんど含まない
「甘酒」なのでご注意ください。

ひな祭りに飲む甘酒と白酒のちがいは?

「甘酒」と「白酒」の違いはご存知ですか?

一緒のものだと思っている人も
多いと思いますが

実は全く別のものなんです。

「甘酒」

ご飯やおかゆなどに米麹を混ぜて

約60度くらいで
10時間~12時間保温して

米のでんぷん質を
麦芽糖やブドウ糖などに糖化させた
甘い飲み物です。

アルコール分はほとんど含みません。

一晩でできることから
「一夜酒」とも呼ばれています。

飲む点滴といわれるほど栄養価も高く
昔から庶民に親しまれてきた
飲み物なんですね。

「白酒」

味醂や焼酎などに
蒸したもち米や米麹を仕込んで
1か月くらい熟成させます。

できたもろみを軽くすりつぶすと
「白酒」が出来上がります。

独特の風味と粘りがある
白く濁った甘いお酒です。

糖質は45%ほどで
アルコール度数は約9%
酒税法では
リキュール類に含まれるお酒になります。

スポンサーリンク

甘酒をひな祭りに子供が飲んでも大丈夫?

「甘酒」って「酒」
なのに子供が飲んでも大丈夫なの?

と心配するお母さんもいると思いますが

先に書いたように

米麹を使って作った「甘酒」は
アルコール分をほとんど含まないので

子供が飲んでも
なんの問題もありません。

「あかりをつけましょ ぼんぼりに♪」

で始まる『うれしいひなまつり』にも

「すこししろざけ めされたか
あかいおかおの うだいじん」

と歌詞にもあるように

もともとひな祭りには
「白酒」が飲まれていたんですね。

江戸時代に豊島屋酒店の
初代 豊島屋十右衛門が夢で
お雛様においしい「白酒」の作り方を
習ったことから

ひな祭りの時期には豊島屋酒店に
白酒を求める人が遠方からも集まった
とされています。

甘くて飲みやすい白酒は
女性にも人気となり

梅の淡い紅と白酒の白い色が
紅白で縁起もいいと

ひな祭りには「白酒」
という風習が広まったそうなんです。

でも女の子の節句に
アルコール度数が約9%の白酒は
子供は飲めませんよね。

そこで「白酒」の代わりに
ひな祭りの子どもの飲み物として
取り入れられたのが

「白酒」に似た「甘酒」だったんです。

「甘酒」は栄養価も高く
育ち盛りの子供にも
おすすめの飲み物なんですよね。

ただ注意してほしいのは

酒粕(酒のしぼりかす)をお湯で溶かして
砂糖を加えて甘みをつけたものも
「甘酒」と呼ばれますが

こちらはアルコールを含んでしますので
子供が飲むことはできません。

子供が飲める「甘酒」は
米麹をつかて作った
アルコール分がほとんど入っていない
「甘酒」なのでご注意してくださいね。

ひな祭りに甘酒を飲む意味や白酒との違いと子供が飲んでも大丈夫なの まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・ひな祭りに甘酒を飲む意味は?
・ひな祭りに飲む甘酒と白酒のちがいは?
・甘酒をひな祭りに子供が飲んでも大丈夫?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

古来中国では「桃も節句」には
「桃花酒」を飲んで
邪気を払いをして長寿を願ったんです。

「桃の節句」が「ひな祭り」になり

女の子の
健やかな成長と幸せを祈る
「ひな祭り」という行事になり

次第にひな祭りには「桃花酒」から
「白酒」を飲む風習になり

子供でも飲める「白酒」に似た
米麹で作った「甘酒」も
取り入れられるようになったんですね。

子供にはアルコール分が入った
「白酒」や酒粕で作る「甘酒」を
飲ませないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする