引っ越しの準備はいつから始めるかとすることや注意点も紹介!

引っ越し 準備 いつから すること 注意点

初めての引っ越し。

いろいろ大変なんだろうなぁ
と思いながらも

実際には

いつから準備を始めたらいいのか
どんな準備をしたらいいのか
何をすればいいのか

何から手を付ければいいのかさえも
わからずに戸惑ってしまいますよね。

ただ荷物をまとめて運ぶだけでなく
しなければいけないことが
けっこうあるんですよね。

そこで今日は

・引っ越しの準備はいつから始めればいいの?
・引っ越しの準備 することは?
・引っ越しの準備での注意点は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

引っ越しの準備はいつから始めればいいの?

「そうだ引っ越しをしよう!」

と引っ越しすることを
決めたのはいいけれど

引っ越しをするために
何をどう始めたらいいかわからない。

荷物をまとめて運ぶだけなら
何とかなりそうだけど

いろんな手続きとか
どうすればいいのかな?

と悩んでしまいますよね。

まずどれくらい前から引っ越しの準備を
始めたらいいのでしょうか?

大体の目安として
引っ越しをする日の1カ月くらい前から
準備を始めると

余裕をもって引っ越し準備が
できるのではないでしょうか。

とは言っても

無計画に準備をしていては
ついうっかり忘れてしまったり

余裕をもって準備していたつもりが
直前にバタバタしてしまったり

となってしまう可能性もあります。

手続き不備で何度も役所に足を運んだり
解約手続きが間に合わずに
余分な料金を請求されたり
するのも嫌ですよね。

引っ越しに必要な準備を
しっかり把握して

計画を立てて準備することが必要です。

いつまでに何をするかを
カレンダーなどに
書き入れておくといいですね。

引っ越しの準備 することは?

それでは1ヶ月前から前から順番に
引っ越しの準備で
やらなければいけないことを
順番に見ていきたいと思います。

引っ越し 準備 1ヶ月前までにすること

・引っ越しをする日を決める

引っ越しすることを決めたら
次にいつ引っ越しをするか
日にちを決めます。

業者に頼む場合は日にちによっても
料金が大きく変わることがあります。

自分のスケジュールや
家族のスケジュールを考えながら

2、3日候補決めましょう。

・今の部屋や駐車場の解約を連絡する

引っ越すことが決まったら
大家さんや管理会社に
引っ越すことを伝えます。

30日前までに引っ越しすることを
伝えることが一般的とされています。

また駐車場などを借りている場合も
引っ越しする日の1カ月前までには
連絡するようにします。

家賃や駐車場の残りがある場合は
支払いをどうなるかも
確認しておきましょう。

・引っ越し先を決める

どこに引っ越すかを決めて
契約を済ませます。

間取りをしっかり下見しておいて
必要な家具や家電などを
確認しておくことが大切です。

荷物を運び入れるためのドアサイズを
きちんとチェックしておきます。

エレベーターなどがある場合は
エレベーターのドアサイズや
大きさなども確認しておくといいですね。

また駐車場が必要な場合は
駐車場の確保もしておきましょう。

・引っ越しの手段を決める

引っ越しは自分でするのか
業者に頼むのかを決めます。

大きな家具や家電がある場合は
業者に頼むほうが無難ですね。

・引っ越し業者見に積もりをしてもらう

業者に引っ越しをお願いする場合は
数社に見積もりをお願いしてみましょう。

業者によってかかる費用は様々です。

数万円以上見積もりに
開きがあることもあります。

引っ越し費用を節約したい場合は
必ず数社に見積もりを
してもらうことが大切です。

・荷物の整理をする

新居にもっていくもの
新居にもっていかずに処分するものを

家電品やベット
ソファーや机など

大きいものから整理していきます。

整理するときは
新しい部屋の大体のレイアウト

どこに何を置くかを決めておくと
必要なもの必要でないものを
決めやすくなりますね。

いらないものは

リサイクルショップに売るのか
ネットオークションで売るのか
知り合いに譲ったりあげたりするのか
粗大ごみとして処分するのかなど

処分方法も考える必要があります。

粗大ごみなどで処分するにいも
ある程度の時間がかかってしまうので
早めに整理していきます。

・子供の手続きをする

子供がいる場合は
「幼稚園」「保育園」
「小学校」「中学校」「高校」など
それぞれに手続きが必要です。

それぞれの担当の先生に

早めに連絡するようにします。

また転校するときに子供の友達に
プレゼントを贈ることも多いようです。

ノートや鉛筆など
ちょっとしたものを
用意できるといいですね。

引越し 準備 3週間前~前日までにすること

・荷物の梱包開始

引っ越し業者に依頼した場合は
梱包も一緒にしてもらうこともできます。

自分で梱包する場合は
引っ越し業者から段ボール箱などを
提供してもらう以外にも

ハサミやカッターやマジック
軍手やビニール袋や輪ゴム

などを用意しておくと
スムーズに梱包できますね。

普段使わないようなもの
今の季節使わないものなど

引っ越し日までは使わない
ようなものから梱包していきます。

印鑑や通帳などの貴重品は
段ボールに入れずに
手荷物で運ぶようにします。

・転出届を出す

引っ越しするときは
現在住んでいるところの役所にで
転出届を出す必要があります。

必要な手続きは役所で聞いて
一度で終わらせるようにしましょう。

・本人確認ができるもの(免許証など)
・印鑑

が必要なので
忘れずに持っていきましょう。

・公共料金の解約手続きをする

電気、水道、ガスなど
公共料金を払っているものに関して
解約手続きをします。

ガスに関しては立ち合いが必要なので
早めに手続きしておくといいですね。

・固定電話、携帯電話、ネット回線
 の住所変更手続きをする

固定電話がある場合は
116番に電話するかホームページ上で
手続きをしましょう。

携帯電話やプロバイダの住所変更
なども忘れずに。

新居にネット回線があるかも
事前に確認しておくといいですね。

・郵便物の転送届をする

郵便局に郵便物の転送届をすると
新しい住所に郵便物を
届けてもらうことができます。

郵便局の窓口かインターネットで
手続きしておくと便利です。

・定期宅配サービスの住所変更をする

定期宅配サービスしている場合は
忘れずに住所変更をしましょう。

・金融機関の手続きをする

銀行やクレジット会社の
窓口やインターネットで
住所変更をします。

保険会社にも忘れずに連絡しましょう。

・大掃除をする

「立つ鳥跡を濁さず」

引っ越しするときは
今までお世話になった部屋を
しっかり掃除しましょう。

なかなか掃除でき買ったところまで
きちんと掃除して
気持ちよく引っ越しできるといいですね。

また新しく引っ越す部屋も
荷物がない状態の時に
しっかり掃除しておきましょう。

・引っ越しの挨拶の手土産を用意する

今まで住んでいた部屋で
お世話になった方や

次に引っ越す部屋の近所に
挨拶に回る時の手土産の品物を
500円~1000円くらいで
用意しましょう。

・引っ越しの挨拶をする

今までお世話になった近所の人に
これまでのお礼を伝えに
ちょっとした手土産をもって
挨拶に行来ましょう。

引っ越し当日は騒がしくなったり
迷惑かけることあるかもしれません。

事前に引っ越し日を伝えておくと
安心して引っ越しできますね。

・家電製品の最終確認

移動中にはどんなトラブルが
あるかもわかりません。

万が一のために
パソコンの大切なデーターは
バックアップしておきましょう。

運搬中に冷蔵庫や洗濯機から
水が漏れることがないように
事前にしっかり準備しておきましょう。

・段ボールの数を確認しておく

梱包した段ボールの数を
引っ越し前に確認しておきます。

引っ越し 準備 当日

・電気のブレーカーを落とす

引っ越し当日に
安全のためにブレーカーを落とします。

念のためにガス栓なども
閉まっているか確認します。

・鍵を返す

荷物もすっかり部屋から出してしまい
引っ越しの準備完了。

最後に鍵を返します。

後日返す場合もありますので
大家さんや管理会社に事前に確認します。

スポンサーリンク

引っ越しの準備での注意点は?

他に引っ越しをするときに
注意しておくといいことは

・チェックリストを作っておく

引っ越しするには
多くの作業が必要になります。

するべきことを忘れてしまわないように
ぎりぎりになってバタバタしないように

いつまでに何をやるんか

手続きと作業別に
一カ月前から時系列ごとに

チェックリストを
作っておくといいですね。

同時にカレンダーにいも
大まかなスケジュールを書いておきましょう。

・必要ないものは捨てる

引っ越しの荷物は
少ないほうがいいですよね。

それに引っ越しは
断捨離のチャンスでもあるんです。

使っていないものは
思い切って処分しましょう。

「いつか使うかもしれない」
「もしかしたら使うかもしれない」

と思うものも
1年使っていないものは
これからも使うことはありません。

迷うようなものは
思い切り処分してしまいましょう。

・訪問見積もりをしてもらう

引っ越し業者には
できれば訪問見積もりを
してもらいましょう。

インターネットや電話だけでは
伝わらない状況や
伝え忘れなども防ぐことができます。

特殊な作業がいる場合の
見積もりの追加や

荷物の大きさや量によって
トラックのサイズや作業人数を
的確に判断してもらえるので

より正確な見積もりをしてもらえます。

当日になってあわてたり
引っ越し料金が追加されるなどの
心配もなくなりますよね。

引っ越しの準備はいつから始めるかとすることや注意点も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

引っ越しの準備は
引っ越しする日の1カ月くらい前から

きちんと計画を立てて
スケジュールを
カレンダーなどに書き込んでおくと

ぎりぎりになってバタバタしたり
手続きをし忘れたりすることなく

スムーズに準備が
できるんではないでしょうか。

引っ越しするときは
無理のない早めの計画を立ててくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする