引っ越し後にすることや片付けのコツとよくあるトラブルを紹介!

引っ越し後 すること 片付け コツ トラブル引っ越し当日。
荷物を運び出したはいいけど

新居についたら
まず何をすればいいの?

部屋に段ボールを
運び込んでもらったけど
山積みになっているのを見てると

どう片付ければいいのかわからない。

初めての引っ越しって
戸惑うことが多いですよね。

そこで今日は

・引っ越し後にするこは?
・引っ越し後の片付けのコツは?
・引っ越し後によくあるトラブルは?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

引っ越し後にするこは?

引っ越しで以前の部屋から
荷物を運びだし
新しい部屋に荷物が運びこむ

引っ越しの当日は
何をすればいいのでしょうか?

引っ越し当日にすること

・新しい部屋の鍵をもらう

新しい部屋の鍵は事前もらえたり
郵送で送られてくることも
多いと思いますが

もらっていない場合は
当日もらえるように段取りをしておきます。

・新しい部屋の掃除をする

事前に鍵をもらえている場合は
引っ越し前に掃除をすることが
おすすめですが

鍵が事前にもらえない場合や
引っ越し前に新しい部屋に
行くことができないような場合は

荷物を運びこむ前に
できる限りの掃除をします。

荷物が何もないタイミングが
部屋の隅々から窓のサッシなど
きちんと掃除がしやすいので

できるだけしっかり掃除しましょう。

またゴキブリ駆除などのバルサンを
たいたりするのも
できれば荷物を運びこむ前がいいですね。

・電気、水道、ガスを使用できるようにする

電気、水道、ガスを
引っ越し当日から使えるように
事前に連絡しておきます。

ガスは使用開始時には立ち合って
開栓してもらう必要があります。

引っ越し当日に開栓してもらえるように
連絡しておきましょう。

・引っ越し荷物をどこに置くか指示する

家電製品や大型の家具など
置き場所を指示しておいてもらいます。

事前に置く場所を決めておくと
スムーズに置いてもらえますね。

・引っ越し荷物の確認をする

すべての意荷物が部屋に運び込まれたら

荷物が失われていないかや
壊れていないかなどを確認します。

段ボールの数もきちんと確認しましょう。

・引っ越しの挨拶をする

一軒家に引っ越した場合は
向かいの3軒、両隣、裏の3軒に大家さん

集合住宅に引っ越した場合は
部屋の両隣と上下階の部屋に
大家さんや管理人さん

500円~1000円くらいの
ちょっとした手土産をもって
挨拶に行くことが一般的です。

引っ越しで遅くなった場合は翌日に
遅くても2、3後までには
行くようにしましょう。

引っ越し後の片付けのコツは?

引っ越しの荷物
部屋に運び込んでもらったのはいいけど

山積みの段ボールを見ると
何から手を付けていいのかわからない。

なんて戸惑ってしまいますよね。

そこでちょっとした
片付けのコツを紹介したいと思ます。

・大きい家電や家具の置き場所を決める

引っ越し前に
あらかじめ新居の間取りで

家電や家具を
どこに置くか決めておくことで
引っ越し当日の作業がスムーズに進み

その後の片づけがしやすくなります。

事前に新居で何をどこに置くかの
レイアウトを紙に書いておくといいですね。

・段ボールは収納する部屋に運ぶ

段ボールは新居に運び入れたら
すぐに開かずにそれぞれ収納する部屋に
運び入れるようにします。

そのためには引っ越し準備の段階で
段ボールに荷物入れるときに
中に何が入っているのか詳しく
書いておくようにします。

可能であれば
新居ではどの部屋に収納するかまでを
段ボールに書いておくと

中に何が入っているのか
引っ越し後どの部屋に運ぶのか

がすぐにわかって
作業がしやすくなりますね。

段ボールに中身や
運び込む部屋を書くときは
上面だけでなく側面にも書いておくと

段ボール箱を重ねた時でも
すぐに中身がや運び込む部屋が
わかって作業しやすいですよね。

・段ボールは効率よく開封していく

段ボールを開封するときは

・寝具類
・キッチン用品
・バス用品
・衣類

などのような生活するために
すぐに使うようなものから
開封して収納していきます。

次にリビングなどのような
日常よく使うスペースを
片付けていくようにします。

すぐには着ない衣類や
すぐには使うことがないようなものは
しばらく段ボールに入れたまま
保管していても大丈夫です。

・収納できるものから片付ける

クローゼットやタンスの引き出し
備え付けの収納に収納できるものから
片付けるようにすると

常に床を広く空けた状態で
作業ができるので
効率よく片付けることができます。

・段ボールはいっぺんには開封しない

段ボールが山積みしていると
あれこれ開けて片付けたくなりますよね。

そこは我慢して
辛抱強く一つ一つの段ボールを
確実に片付けるようにしましょう。

・使用済みの段ボールの片づけ

使い終わった段ボールは
折りたたんで荷造り用のひもなどで
まとめた置きます。

引っ越し先の段ボールなどの
資源ごみの収集日に
決められた方法で出しましょう。

・業者のオプションを利用する

引っ越し業者によっては
荷ほどきから片付けまでの
オプションを設定している業者もあります。

・仕事などで荷物の片づけの時間が取れない
・妊娠中や子供が小さ伊などの理由で
引っ越し作業が難しい
・高齢で自分で引っ越し作業ができない
・お金がかかってもいいので
すべてお任せしたい

などという人は
業者に片づけを頼むのも一つの方法ですね。

荷ほどきや片づけを業者に頼む場合は
事前に業者にオプションがあるか
費用はどれくらいかかるのかを
確認しておきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し後によくあるトラブルは?

引っ越し後に多いトラブルがあります。

事前に知っておくことで
トラブルを回避することができますよね。

それでは紹介していきたいと思います。

・新居の事前準備はしっかりする

照明やカーテンなど
引っ越し当日から必要になります。

引っ越しが終わって
暗くなってから照明を取り付けたり
するのは危険ですよね。

また暗くなってカーテンがすいていないと
照明をつけたら室内が外から
丸見えになってしまいます。

入居前に部屋の掃除が来た時に
照明やカーテンなど
事前に準備ができるといいですね。

また部屋にカーペットを敷くような場合も
荷物を運び入れる前に
すましておきましょう。

家具などの大きな荷物を
運び入れた後に

カーペットを敷くのは
大変な作業になってしまいますよね。

ぜひ注意してくださいいね。

事前に用意できない場合は
引っ越し当日最初にできるように
段取りしておきましょう。

・必要なものがすぐに見つからない

「とりあえず業者さんに
運び入れてもらったけど
何がどこにあるかわからない」

「すぐに使うものをまとめていたけど
そのまとめていた箱が見つからない」

「もう少し細かく箱に入っているものを
書いておけばよかった」

など引っ越してすぐに必要なものが
なかなか見つからなくて困ってしまう

というトラブルが多いようです。

箱の中には何が入っているのか
どの部屋にどの荷物を運び入れるか
事前に箱に書いておくと
業者さんにもわかりやすいですよね。

・キッチン用品
・トイレ用品
・バス用品
・寝具やパジャマなど

の他にもドライヤーや歯ブラシ
延長コードやスマホの充電器など

引っ越してすぐに使い日常品は
まとめて入れておいて
目立つしるしをつけておくといいですね。

・荷物が部屋に入らなかった

「大きなテレビとテレビ台を買ったけど
部屋が狭くておけなかった」

「ものが多すぎて部屋に収まりきらない」

など部屋のサイズに対して
置くものが大きすぎたり

部屋に置くものが多すぎて
収まり切れなかったというトラブルや

「冷蔵庫が玄関から入らなかった」

など部屋に入れることができなかった
などのトラブルもあるようです。

事前に部屋のレイアウトを決めて
きっちりサイズを測っておくこと

玄関やエレベーターなど
サイズをしっかり
チェックしておくことが大切になります。

これも事前にしっかりした
チェックが必要になりますね。

引っ越し後にすることや片付けのコツとよくあるトラブルを紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか

この記事

・引っ越し後にするこは?
・引っ越し後の片付けのコツは?
・引っ越し後によくあるトラブルは?

はあなたの
お役に立つことができましたか?

引っ越し当日

荷物運びをするだけでなく
掃除や電気、ガス、水道の使用開始
近所背の挨拶など

荷物の運び込みや片付け以外にも
忘れてはいけないことがあります。

また引っ越しの荷物を片付けるコツは

引っ越し前に大きい荷物の
置き場所を決めておくこと

段ボールに中身や収納する部屋などの
情報をこま書く書いておくことで

片付けがスムーズに
できるようになります。

片付けるときは
いっぺに段ボールを開けずに
必要なものが入っている段ボールから
順に収納していきましょう。

引っ越しは大変な作業ですが
一つ一つ確実にこなして
無理なく頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする