引っ越し後の手続き 市役所や車関係とその他の手続きを紹介!

引っ越しの荷物を運び込んで
山積みの段ボールもそこそこに

新居で生活するためには
いろんな手続きをする必要があります。

手続きの内容によっては
期を過ぎると過料が課せられるものや
トラブルの原因になったり
するものもあります。

とはいってもどんな手続きがあって
いつまでにすればいいのか

初めての引っ越しの時は
わからなくて戸惑ってしまいますよね。

そこで今日は

・引っ越し後の手続き 市役所での手続きは?
・引っ越し後の手続き 車関係の手続は?
・引っ越し後の手続き その他の手続きは?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

引っ越し後の手続き 市役所での手続きは?

新居に引っ越して生活を始めるには
様々な手続きをする必要があります。

大きく分けると

・役所での手続き
・車関係の手続き
・その他の手続き

が必要になります。

まずは市役所でする手続きを
見ていきたいと思います。

引っ越し後14日以内にする手続き

・転入届、転居届の届け出をする

新居の役所で転入届をします。

転出証明と印鑑が必要になります。

同じ市内に引っ越す場合は
転居届になります。

こちらは印鑑だけ大丈夫です。

提出期限遅れると
過料の対象になりますのでご注意ください。

・マイナンバーの住所変更手続きをする

期限を過ぎると最高5万円の
過料が課せられることがあります。

紛失した場合は転入届を出すときに
再発行してもらうことができます。

・国民年金の住所変更手続きをする

手続きが遅れると未納期間が発生すると
受給金額が減額されたり
ただし年金額を受けとることが
できなかったりする可能性があります。

印鑑と国民年金手帳が必要になります。

・国民健康保険の加入手続きをする

届け出をしないと
保険診療が受けれなかったり

保険料をさかのぼって
払うことになったりします。

印鑑と身分証明書
転出証明書が必要になります。

・児童手当の手続きをする

印鑑の他にも健康保険証
前年度の住民税の課税証明書か所得証明書
振込先の口座番号
などが必要になります。

引っ越し後すみやかにすべき手続き

・ペットの手続きをする

引っ越し後速やかに
市役所か保健所に届け出をします。

新たにペットを飼う場合は
飼い始めた日から30日以内に
届け出をします。

引っ越し後に届け出期限がない手続き

・印鑑証明の手続きをする

役所で登録したものが「実印」となります。

不動産の手続きや自動車の登録など
実印が必要になる場合には
早めに登録しておく必要がります。

印鑑と身分証明書が必要になります。

・子供の手続をする

「保育園」「幼稚園」
「小学校」「中学校」「高校」

などの手続きも期限はありませんが
早めにする必要があります。

公立の場合は役所や教育委員会で
私立の場合はそれぞれの窓口で
手続きをすることになります。

住民票の他にも
転入証明書や在学証明書
教科書給与証明書などが必要になります。

引っ越し後の手続き 車関係の手続は?

次に車関係の手続きを
見ていきたいと思います。

車やバイクを持っている場合には
次の手続きが必要になります

・自動車の手続きをする

自家用車は管轄の陸運支局
軽自動車は管轄の軽自動車検査協会

で手続きをします。

手続きには印鑑と車検証
住民票や車庫証明が必要になります。

管轄の陸運支局変わる場合は
ナンバープレートが変わるので
車を持っていく必要があります。

・バイクの手続きをする

125cc以下のバイク

転入の場合は新居の住所の
役所で手続きします。

ナンバープレートや標識交付証明書
印鑑が必要になります。

125cc~250ccのバイク

管轄の陸運支局で手続きします。

軽自動車届出済証や自賠責保険証
軽自動車税申告書、住民票、印鑑

などが必要になります。

前住所の管轄の陸運支局が違う場合は
ナンバープレートを
変更する必要があるので
ナンバープレートも必要になります。

250cc以上のバイク

基本的には125cc~250ccのバイクと
同じ手続きになります。

自動車検査証、自賠責保険証
申請書、手数料納付書、軽自動車税申告書
住民票や印鑑などが必要になります。

・車庫証明の変更手続きをする

駐車場の住所が変わる場合は
管轄の陸運支局で
15日以内に車庫証明の
届け出が必要になります。

これを過ぎると刑罰の対象になります。
注意してくださいね。

・運転免許証の住所変更をする

最寄りの警察署での
運転免許証の住所変更が必要です。

印鑑と住民票が必要になります。

スポンサーリンク

引っ越し後の手続き その他の手続きは?

最後に役所での手続きや
車関係のの手続き以外の手続きを
見ていきたいと思います。

・電気

引っ越し当日から使えるように
各地の電力会社に
連絡しておく必要があります。

手続きは使用開始連絡はがきの
郵送で大丈夫です。

・水道

こちらも
引っ越し当日から使えるように
事前に管轄の水道局に連絡しておきます。

賃貸物件では郵便受けや玄関に
水道使用申込書があると思いますが
ない場合は水道局に連絡します。

・ガス

自分で開栓して使用することができず
ガス会社の人の立ち合いが必要になります。

開栓してほしい日に
立ち会ってもらえるように
早めにガス会社に連絡しておきましょう。

・金融機関

銀行やカード会社からの郵便物が
以前の住所に送られてしまう
可能性がありますので
住所変更の手続きを速やかにしましょう。

・郵便局

以前の住所に届く郵便物を
新しい住所に転送してもらいます。

手続き後転送が可能になるまで
1週くらいかか場合もありますので
早めに手続きをしておきましょう。

・インターネット

インターネット環境が整うまでに
申し込みから
2週間以上かかることもあります。

こちらも早めに
手続きをしておきましょう。

・電話

固定電話の移転や新設には
立ち合い工事が必要になることもあります。

早めに申し込んでおきましょう。

携帯電話の住所変更手続きも
忘れずにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょか?

この記事

・引っ越し後の手続き 市役所での手続きは?
・引っ越し後の手続き 車関係の手続は?
・引っ越し後の手続き その他の手続きは?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

引っ越し後の手続き。
やることが結構ありますよね。

役所でする手続き
警察や陸運支局です手続き
インターネットや郵送でできる手続き

などなど

するべき手続きをきちんと把握して
効率よく手続きができるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする