初節句に女の子がお祝いする意味やいつするかとお祝いの仕方を紹介!

初節句 女の子 お祝い 意味 いつ 祝いの仕方

女の子が生まれて初めてのひな祭り。

「初節句」って聞いたことあるけど…
どうしたらいいかわからない。

だいいどんな意味があって
いつするのかとか
どんなお祝いをするのかとか

戸惑ってしまいますよね。

そこで今日は

・初節句に女の子がお祝いする意味は?
・初節句の女の子のお祝いはいつするの?
・初節句の女の子のお祝いの仕方は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

初節句に女の子がお祝いする意味は?

「節句(せっく)」とは
「節供(せっく)」とも言われ
神様にお供えする食べ物のこと言います。

「節」というのは
もともと陰陽五行説では
季節の変わり目のことを指しています。

この季節の変わり目には
邪気が入り込みやすくなるために

季節の旬の食べ物から
パワーをもらって邪気払いをして
五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願う
行事が行われていました。

節句は年に5回あり
併せて五節供と呼ばれています。

日本には奈良時代に伝えられました。

江戸時代には公的な休日に定められ
明治時代に廃止されました。

五節句は

一月七日:人日(じんじつ)の節句
三月三日:上巳(じょうし)の節句
五月五日:端午(たんご)の節句
七月七日:七夕(しちせき)の節句
九月九日:重陽(ちょうよう)の節句

となりますが

今でも
三月三日は桃の節句(お雛祭り)
五月五日は端午の節句(子こどもの日)
七月七日は七夕
として親しまれていますね。

「初節句」とは生まれた赤ちゃんが
初めての節句のことを言います。

無事成長していることを祝い
邪気を払って厄払いして

「これからも健やかな成長して
 幸せなりますように」

と願いお祝いする行事ですが

平安時代には「上巳の節句」に
女の子の節句として
お祝いをすようになりました。

そして女の子が生まれて初めての
「上巳の節句」に「初節句」の
お祝いをするようになったんです。

桃の浜が咲く頃であることから
「桃の節句」とも呼ばれます。

ひな人形を飾ってお祝いするのは

女の子の赤ちゃんに降りかかる
病気や災いを身代わりになって
引き受けてもらうためなんです。

ひな人形は女の子の守り神なんですね。

初節句の女の子のお祝いはいつするの?

女の子の「初節句」は
いつするものなのでしょうか?

特に決まりがあるわけではありません。
一般的にはという話をすると

「初節句」とは初めて迎える
節句のことですが

生まれてすぐに節句を迎える場合

生まれて間もない赤ちゃんのや
出産後間もないいお母さんは

体力的に負担になったり
精神的にもストレスを
感じてしまいますよね。

一般的には女の子は生後33日でする
「お宮参り」が過ぎて初めての
「桃の節句」に「初節句」の
お祝いをするようです。

つまりは初めての「桃の節句」が
「お宮参り」よりも前にくる場合は
翌年の「「桃の節句」に
「初節句」をすることが多い
ということなんです。

また他にも地域によっては

「お食い初め」ともいわれる
生後100日目に祝う「百日祝い」後の
初めての「桃の節句」に「初節句」を祝う

節分の前に生まれたいたら
初めての「桃の節句」に「初節句」を祝う

などの風習があるようです。

女の子「初節句」はいつするのかは
一度ご両親に相談してみるほうが
いいかもしれませんね。


スポンサーリンク

初節句の女の子のお祝いの仕方は?

女の子の初節句のお祝い。

実際にはどんなふうに
お祝いすればいいのでしょうか?

地域による風習の違いや
各家庭の考え方にもよるので
一概には言えませんが

一般的に行われている
お祝いの仕方をお伝えします。

ひな人形を飾る

女の子に降りかかる病気や災いを
引き受けてくれるひな人形を飾ります。

節分が過ぎたころには
飾り始めるご家庭も多いようです。

以前は七段飾りなどの
豪華なひな人形が飾られることが
多かったようですが

最近は住宅事情や嗜好の変化もあり
コンパクトな三飾りや
お雛様とお内裏様のみの親王飾りを
選ぶ方が増えているようですね。

御祝膳を食べる

桃の節句 ひな祭りには
女の子の健やかな成長と幸せを願って
縁起のいい食べ物を用意します。

・蛤(はまぐり)のお吸い物

蛤の貝殻は他の貝の貝殻とは
絶対にぴったり合わないことから

夫婦円満の象徴とされたいたそうです。

良縁に恵まれ長く連れ添えますように
という願いが込められています。

・ちらし寿司

縁起がいい食材を多く使った
ちらし寿司は見た目が華やかで

ひな祭りのお祝いに
よく作られる料理の一つです。

具材それぞれの縁起鵜がいい意味は

レンコン:先行きの見通しがきく
エビ:長生き
豆:健康で豆に働ける

などの意味が込められています。

またひなひな壇には
菱餅、ひなあられ、白酒などをお供えして
下げてみんなで分けていただきます。

・菱餅

ヨモギを入れた緑色の餅
菱(ひし)の実を入れた白い餅
クチナシを入れた赤い餅

の三食の餅はそれぞれ

:健康や長寿
:清浄
:魔除け

の意味があります。

また

「緑の大地の雪が解けて桃の花が咲く」
様を表しているとも言われています。

・ひなあられ

ひなあられの赤、白、緑は
菱餅の3色の色と同じ意味を持ち

黄色を入れて
四季を表すともいわれています。

もともとは野原などでひな遊びをするときの
携帯食だったんです。

・白酒

桃の節句には
桃には邪気を払う働きがあることから

桜の花びらを浮かべた「桃花酒」
を飲む風習がありましたが

江戸時代には「白酒」を飲む風習に
変わっていきました。

「白酒」にはアルコールが入っていて
子供が飲めないので

アルコールが入っていない「甘酒」
取り入れる家庭も多いようです。

両家のご両親やご家族
親戚などを招いて
お祝いすることも多いようです。

女の子のお母さんが
用意するのが大変などの理由で
仕出しをしてもらったり
料理屋さんでお祝いをするという
ご家庭もあるようです。

神社にお参りに行く

初節句には神社にお参りする
というご家庭も多いようです。

事前に問い合わせして

祈祷してもらったり
祝詞をあげてもらつたり
お祓いをしてもらう場合は

「玉串料」「初穂料」と呼ばれる
お供えが3000円~5000円くらい
必要になります。

金額は神社によって違うので
事前に問い合わせておくといいですね。

初節句に女の子がお祝いする意味やいつするかとお祝いの仕方を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・初節句に女の子がお祝いする意味は?
・初節句の女の子のお祝いはいつするの?
・初節句の女の子のお祝いの仕方は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

女の子の「初節句」は
健やかに育ち幸せになりますように
と願いを込めてお祝いする
一生に一度のお祝いです。

両家のお父さんお母さん
ご夫婦でよく話し合って

思い出に残るお祝いを
してあげることができたらいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする